2018年09月04日


先日、雨音が気になる窓がある
と記事にしたのですが、

何で音が気になるのかな?
庇の有る無しの他にも違いはあるのかな?
と思ってよく窓を見てました

IMG_0488


雨音が気になる窓は、写真のこの二階の窓です
ちょっと分かりにくい写真しかなくて申し訳ないですけど、この窓、『引き違い窓』です

引き違い窓って
窓を半分に分け、右と左に寄せられる、とても一般的な窓です



縦滑り出し窓や横滑り出し窓と比べ色々違いはありますけど、一つ大きな違いは

網戸の位置です

滑り出し窓 → 網戸 窓の内
引き違い窓 → 網戸 窓の外

引き違い窓は網戸が外にあるから、
窓ガラスの開け閉めの際、
  • 網戸に触れる事もなく、
  • ガラスも拭き掃除しやすくて、
  • 滑り出し窓のように虫を網戸とガラスの間に挟み込む事もない
ですし、
  • 何より開け閉めがラク
です

滑り出し窓も慣れると簡単ですけど、
私は半年住んだ今でもクルクルするハンドル(オペレーター)を反対に回しちゃいます。。。(^^;;


そんなこんなで私は当初から滑り出し窓より、引き違い窓が好きだったんですけど、
窓を引き違いにする為にレールが必要ですし、
この網戸が外にあるがゆえ、網戸を支えるレール部も窓より外に出張ってます

IMG_1050

ここに雨が当たって、最近の豪雨の時はかなりの音を立て、雨粒が大きければ大きい程バタバタと響いてます


壁より出張るこのサッシ部分・・・
IMG_1052

何気に汚れもつきますしね・・・

こういう点を考えると、
最近は
fix窓と縦滑り出し窓の組み合わせがいいんじゃないかなぁ?

と思ってます

窓って、、難しいですねぇ〜






(19:55)

2018年09月03日


ここ数日雨が続いてます

あんなに暑かったのに!
なんなんだ!?

この温度差と湿度差はなかなか辛いものですね…(-。-;

昨日も朝から止むのか止まないのかはっきりしない雨が降り続いてましたので、
窓を開けたり閉めたりしてたんですが

ふと、どれくらいの雨なら部屋に吹き込まないのかなぁと思いまして、いっそ開けたままでいました

FullSizeRender
ちょうど降ってたのが真っ直ぐのシトシト雨
これくらいだと部屋に入ってきません

我が家の『軒』は、とっても心許ない20〜30センチくらい
FullSizeRender
一番右は雨樋で、その左が軒
左は窓と電動シャッター

掃き出し窓のサッシからほんの30〜40センチくらいしかないのが良くわかります
ああ・・・なんて短い我が家の軒・・・

雨に風が混ざって斜め降りになると窓は開けてられないなぁって感じです

FullSizeRender
あまり開けてるとブラインドも濡れるので、閉めます


軒の最適は90センチ以上だの、軒はできるなら長い程いいだのいいますけど、
東京の狭い敷地で住む以上、雨に加え日差しを十分に遮られる軒なんて夢のまた夢
何かとトレードオフすれば出来ないこともないけど、そんなのなかなか難しくて後回しになりました

そりゃ理想はね純和風建築ですわ
寺の友人の家がもうこれでもかってくらい軒が出てて、うわぁ〜〜ってなりましたわ!


でもこんな理想の三分の一くらいの短い軒でも無いよりはマシで、窓に叩きつける雨の一部はこの軒で防いでると思いますので、結構大切なもんです

我が家には全く庇をつけなかった窓が一階に1つ、二階に2つあるんですけど、雨が降った時窓に当たる雨音の大きさにかなり驚きました

M氏は気にならないと言ってたから、音問題は個人の捉え方の差が出るところかもしれない

でも私は上の2部屋も庇付ければよかったなぁ・・・と思うこの頃です

ちなみに一階の窓に後付けで庇を付けてもらう事を相談し見積もりしてもらいましたが、金額が約3万前後

さてどうしようかしら


デザイン性の問題もありますけど、個人的には庇や軒はやっぱりあった方が住みやすいんじゃないかな、と思います

検討中の方いましたら、庇おススメです
ちなみに我が家の後付け庇は、リクシルのスリムなタイプです
スリムでもやっぱり無いよりはマシで、見た目もスリムなので景観を崩さずいいそうです(工務店のIさん談)


そんなスリムフェンスを施してある風呂窓は、雨振りでも開けられます
IMG_1028
って我が家の風呂窓は横滑り出し窓なんですけどね
横滑り出し窓って既に雨が吹き込み難いタイプのはずじゃ・・・


なぜに横滑り窓に庇が付いてるんだ〜!?

多分それはデザイン性の問題で工務店の社長が付けたんだと思います・・・


ま、機能のみで語れないのがまた面白いところ、ということで
家も色々ですね(^_^;)



(13:58)

2018年07月24日


『家のポイントはどこですか?』

と聞かれたら、
必ずあげるだろうモノ

それは天窓です

トップライトやルーフ・ウィンドウとも言うらしいですが、我が家では天窓で呼び合ってます
IMG_0706

一階南面テラス側の天井にポコっとあいた空間
その先には切り抜かれた空が


なぜ我が家に天窓があるのか?

オシャレでも何でもなく、
それは、ひとえに『光』の為です
(と私は理解してます)

FullSizeRender


一階の掃き出し窓のほど近いところに天窓がついてます
なんか中途半端な位置だなぁと思ったらそれは後の文にて理由がわかります
このネルソンクロックの裏側は南面なので、本来日差しが期待できるはずなんですけど、残念ながらそこにはオンボロアパートが建ってまして・・・
しかも昔の建築基準で建てられてるから屋根の形状が悪く北側斜線とか皆無!

暗いの必至!
でもリビングは一階にしたい!

そんな我が家の希望をもとにT社長とIさんが取り入れてくれたのがこの天窓

当初この天窓はもっと大きく、かつ今より右寄り(部屋幅に対して真ん中)に位置してまして

そのまま建築されていたら、工務店のホームページには『天窓と住まう家』とか名前で紹介されたんじゃないかなと思います
あ、ちなみに現状紹介はされてません
我が家のT工務店では、入居1年後に記念写真を撮って下さるそうで、その後に物件紹介するそうです


その後、この上階にあるベランダの奥行き出したいという私達の希望が発生
ベランダの広さを取る為に一時は天窓を諦めていたのですが、T社長のおかげで今もこう残っています

このおかげで
日照時間が少ない今年の1月2月でも朝方に電気をつける必要は全く無し!

我が家にとっては本当にありがたい存在です


しかし『天窓』があるよ、というとだいたい一言目に言われるのは

え?暑くない?

ですね


暑くないか?

暑いか暑く無いか?そう聞かれたら
正直暑いです(笑)

この時期、我が家の環境だと朝の10時頃から直射日光入ります
FullSizeRender
机の上に光が落ちてますね〜〜

こうなると暑いので、蓋をします

え?!蓋?!

IMG_0709
ここに

IMG_0710
こう!


布団です

(※天窓あたりはクイックルワイパーで軽く掃除済み)

決して中から見てはいけません
IMG_0751
全力で情けないのでね。。


かなり脱力だけど、でもこれがなかなか良くて
外で熱を遮断しつつ、布団はフカフカ♪

部屋は暗くなりますけどね

FullSizeRender
布団で蓋をした状態

Beforeと比べると明るさが如実
FullSizeRender
天窓に蓋なし

ネルソンクロックが良く見える〜


天窓が無かったら常にこの暗さだと思うと、やっぱり天窓があってよかったと思います

天窓、ありがたや〜〜

別に布団である必要性はないので、布でも簾でもいいですし、電動のシャッターも付けられるのでそういった物で遮熱するのもOKです

我が家も念のため電気配線だけはしてもらってます
電動シャッターを付けるかどうかは暮らしてみて考えることにしました

そして今のところ我が家は布団で問題なし(笑)


明るさが欲しい!でも目の前に建物がある!!
そんな方には天窓おススメします

もちろん暑さ対策は事前に検討しておいてね


いつもポチっとありがとうございます!
励みに更新続けます!


↑施主拘りの家々ばかり!
とても参考になります。




(18:18)

2018年02月01日

今日から2月です。

通勤途中の乗り換え駅では大学名を書いたカードを持って道案内している人を見かけ、大学入試も本格化、そんな季節がやってきたんですね。
自分が大学入試の頃はスマホなんて無く、まだ携帯又はピッチの時代でしたから(そして私は携帯は所持していなかった)、地図アプリなんてもちろん無くて、ああいった看板持った人や地図や人の流れが頼りだったなぁ、なんて懐かしく思ってしまいました。

駅の立て看板には受験生向けに『頑張れ!諦めるな!君の努力は無駄ではない!』とエールが書かれていたのにほっこり。

そうだな、と。
受験生とは全く話が違うけど、引越してからちょうど一週間が過ぎ『引越ししたてで〜〜テヘ』はそろそろ通用しないかな自分も頑張ろう!と戒めのように心に刻んでみました。


さて、そんな話はさておき。

現状で家を建築するあたり一番取り入れて良かったなぁ!と実感している設備機能があります。
image


電動シャッター
です。


そもそも戸建経験が無い私にとってシャッターは初物。
それに戸惑うのは嫌だなと思い、ブログ村での事前調査の結果設計当初から『絶対に電動シャッターにする』と決めていました。

たとえ値段があがるとも、ここは上がって当たり前。
むしろ電動シャッターが標準状態と思ってと考えていました。


その結果、
朝起きたら、暖房をつけつつ部屋の中からリモコンで

うぃーんと自動でシャッターを上げています。
image


窓を開けずにシャッターを開閉できるから寒くもならないし、虫も入らせないし、なんて幸せ・・・!
これは最高です。

電動シャッターにすると外から見た時に電動部分のせいで分厚く不恰好になるかと心配しましたが、取り付けられた様子を見る限り心配した程ではありませんでした。
image


我が家の電動シャッターはリクシルのエアリスでないタイプのだったかと。
http://www.lixil.co.jp/lineup/window_shutter/shutter/
多分イタリヤでしょうか。

個人的に電動シャッターは全力でおすすめできる機能です。


予算ないよ!と思っても、収納のドアを一つか二つやめてオープン収納にすれば扉分の差額で電動シャッターの取り入れは十分可能かと思われます。


そんな我が家は別の理由で収納場所にドアを設けませんでした。
ドア無しの収納についてはまた別件にでも。

いつもポチポチありがとうございます!
これからもよろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(16:09)

2017年09月20日

先日月曜日の打ち合わせの時・・・

アキマキ「洗面所の窓の高さなんですけど、、、今更変えられませんよね・・?」

Iさん「ええっと、、、まだ、今ならできます・・!」

ア「ホントですか!?」

I「はい。いったいどのように・・・?」


というやり取りがありまして、
一度つけてもらっていた洗面所の窓ですが、以下のように変更してもらいました。
Before
IMG_3153


After
IMG_3163


違い、わかりますでしょうか?

右側の窓です。

左の細長い窓はトイレでして、こちらは羽目殺しの床から天井までの窓となります。

対して右の窓は洗面所でして、こちらは天井200くらいの高さでついていたのですが、
これをやはり天井ぎりぎりの位置にしてもらいました。

それもこれも、洗面所のカウンターの高さを72センチ⇒80センチくらいに変更してもらったり、
壁面収納の高さが決定していないこともあったため、
そんな中で窓の高さがあとあとバランスが悪くなりそうな予感がしたからです。
これが天井にくっついた状態だと、他への干渉がなくなりデザインを決めやすそうです。

打ち合わせの翌日、現場にいくと大工のKさんの他に現場監督のKimさんまで来ていて
この窓を直してくれてました・・・・・

とても大変そうでした・・・。。。
設計士Iさんにも平謝りでしたが、Kimさんにも平謝り&手土産(といっても飲み物ですが;)をしてきました。。


でも、窓、どうにかなってよかったです。
気になったことは抱え込まずに何でも言ってみるものですね。
残りの建築でも諦めずに進めていこう!と決意しました。
がんばるぞ!!


■ポチっと押して頂けたら本当に嬉しいです。
よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村


(17:25)

2017年08月25日

7月にリクシルショールームに行ってから迷いに迷っていた窓サッシ&特に網戸ですが、
こちらも先日の打ち合わせにて決定してきました。

したというよりもしてもらったというのが近いかも(^^;)

我が家の悩みポイントは
・そもそも窓サッシの外観色をどうするか
・内観色もどうするか
・1F縦滑り出し窓をオペレーターにするか、カムラッチにするか
・上記の場合網戸の形式は固定にするか、スライドにするか
・1F縦滑り出し窓を上下げ窓にするか

大きくはこれらです。

家の外観は、白色の塗りと黒に近い色のガルバリウムの2種2色使いです。
それにくっつくサッシの色は何がいいだろうか?
事務所にてガルバの色見本と照らし合わせて最終決定しようとM氏と決めていました。

白か? いや白の外観色のツルっとした質感はやめたい
黒か? う~ん、黒だとガルバのところが少し濃く主張が強めになるのが気になる
茶か? そもそもガルバの黒系色とあうか?
淡い茶か? う~ん・・・・
シルバーは??
とここまできたところで工務店のT社長がシルバーを静かなるされど強く勧める勧める・・・笑
こりゃ、たぶんシルバーにしたいんだろうなぁ、
そんな雰囲気をM氏とともに感じてました。

ということで窓サッシの外観色はシルバーとなりました。
決め手はやはりT社長がすすめたということにつきますね(笑)
外観についてはたぶん設計したご本人達の思い入れもあるでしょう。
その方がこの色だと合うよと勧める色にしておいて間違いは無いのだろう、そう思います。

そういうことでいえば、我が家の外観色は設計した本人達(我が家の設計は工務店のT社長とI設計士の共同)の好みのままとなったように思えます。

カラーリングやコーディネートになると、頭にはなんとなく思い描かれていてもなかなか形にするのは難しいものです。
センスの有る無しと問われるけど、これはそもそも練習というか度重なる経験も必要なんでしょう。
圧倒的に少ない自分達ではありますが、それでもやっぱり自分達でやってみたい。
でもあんまり失敗するのも悲し過ぎる・・・

ということで、
自分達で決めているようで、でも設計する側でうまくコントロールしてもらいつつ、
いいバランスを探っていく、そんなやり方がM氏と私には合っていたんだろうな。
今回家の建築をこの工務店にできて本当によかったと思えます。


そんな頼れるT社長と設計士Iさんと相談(誘導され)つつ、
1F&玄関の吹き抜けの窓サッシ内観は白
2Fの窓サッシ内観はシルバー
と決定しました。

そもそもリクシルの「サーモスL」が標準でしたので、1Fのみ「サーモスⅡ-H」にUP、2Fは標準のみとなり、差額として6万UPといった具合です。

うん、
これから他にもっとかける予定なので、窓であまりあがらないでよかったです。

ちなみに
・1F縦滑り出し窓をオペレーターにするか、カムラッチにするか
 ⇒オペレーター(理由:網戸を固定にしたいから)
・上記の場合網戸の形式は固定にするか、スライドにするか
 ⇒固定(理由:虫の侵入をできるだけ避けたいから)
・1F縦滑り出し窓を上下げ窓にするか
 ⇒縦滑り出し窓(理由:外観と通風具合)
です。

ポチっと押して頂けると大変励みになりますので
よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村





(18:30)

2017年08月07日

先日ショールームで工務店の設計士Iさんと打ち合わせしていた時に報告事項として、
私が気にしていた網戸のメッシュ具合についてがありました。


我が家が採用予定のリクシルの窓では、
網戸の目具合を通常18メッシュ、その上にハイメッシュ24があります。
私は今の賃貸の網戸が破れた時に細かい目の網戸に張り替えた事があるので新居でも絶対に網戸は細かい目に!
と考えていました。
ですから、当然ハイメッシュ希望!…だったのですが、
Iさんがメーカーに確認したところ
引き違い窓はハイメッシュ選択が可能であるが、縦滑りや横滑り窓の網戸(固定式もスライド式も)はハイメッシュを選べないと…。

・・・なぁ〜にぃ〜〜!?! ( ̄O ̄;)


まぁ、なんか嫌な予感はしていたんですけどね。。
既製品を使う以上しょうがないです。

もし網戸が壊れたときはこういうメーカーもあるようなので、そんなことも視野にいれておくと
何かあっても慌てずに対応できそう。

なまらアミード
http://www.sanfurano.co.jp
image



かなり好みな網戸です。
とても目だだないし、メッシュ具合もなんと26!
コストはかかりますがいっそ初めからこれでもれいいんじゃないか?とも思えてきます(笑)





■以下参加中です
 押して頂けると励みになりますよろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

(09:37)

2017年07月27日

一年ほど前ですが今住んでいる賃貸アパートの網戸の張替えをしました。

その際、網の目の細かさにこだわって
できるだけ虫をいれさせにくい数値の26メッシュを選んで張替えました。
(網目の性能はあがったが、そもそもの窓サッシの性能は変わらないので虫の侵入を許したという経緯はありますが・・・)
おかげでとても快適な生活はすごせているのですが、
じゃぁ、新居の窓につく網戸ってどんな目なのか?というのが
先週リクシルのショールームへ行った時に気になって見てきたのですが・・・

ん・・?
なんだか目が大きい・・?(※あくまで我が家よりも)

どうやら通常の網戸は18メッシュらしいです。
え~~26メッシュじゃないの~~!?( ̄▽ ̄;)!!ガーン
ちなみに26メッシュで色をブラックにすると網戸をしていても網戸の存在がほぼ無くなって、
一見網戸をしていないかのように外がクリアに見えます。
そして我が家は畑に面しているので虫が多く通常18メッシュでも十分と言いますが、
でも気分だけだったとしても少しでも万全にしたく、
なので新居でも網戸の目具合は最低26というのが個人的な前提となっていました。

リクシルではショールームの人に説明は受けていなかったのがちょっと惜しかったかな。
こういう時にすぐに聞けないっていうところが。
ということでWEBカタログで探してみると、ありました網戸のメッシュ具合。
どうやら通常は18メッシュだけど、ハイメッシュである24を選択できるそうです。
よかった!!これなら初めから安心です。


さて、となる次に気になるのは張替えです。
虫の侵入を許さないためには固定式網戸というので心は決まっているのですが、
この網戸は張替えができるのでしょうか?

昔ながらの引き違い窓についてる網戸なら張替え可能なのはわかりますが、
固定式網戸は網の周りにゴムパッキンのような部材がくっついているはず。

そのままジャブジャブ洗えて楽だというけれど、外したら元に戻すのが大変そうです。
サイズが大きかったり、高所なんて絶対に無理でしょうね。
破れた場合の張替え方法も非常に気になります。

どう見ても自分での張替えは不可そうだなぁ・・・
う~む・・・子供が一番壊しそうな物の上位に来るのが網戸だと思っているので
張替えの不可はちょっと気になるところです。



■以下参加中です
 押して頂けると励みになりますよろしくお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

(15:00)

2017年07月24日

窓に注目し、その形状の良し悪しなどを調べていると
気になってきたのが『庇』です。

我が家の窓や扉は全部で25箇所あります。
何故だか、そのうち現段階で庇がついている箇所が1つ。(玄関は除く)
場所は1Fの浴室窓の上です。

確か間取り打ち合わせをしていた時、
工務店のT社長が『お風呂には大きめの横長窓とその上に庇をつけておきました』と言っていた記憶があります。
その窓は横滑りの窓なので、開き具合により視線は遮られると思うのですが、T社長なりの配慮だったのでしょうか。

ちなみに内訳書で確認するとリクシルのスリムアートというシリーズのようです。
slimart_02
画像拝借:リクシル スリムアート

同じように視線という点で気になる箇所はというと・・・
リビング西側窓、そして同じく西側に面したキッチン横の窓です。
こちらは現状縦すべり窓の予定なので、視線の入り具合は調節できるかと思いますが、
いかんせん西側なので西日が気になります。
そして縦すべり窓のデメリットとしてよくあげられる『雨水のふき込み』も少々気になってきました。

もし窓のハンドルを例のくるくるハンドルにした場合、カムラッチよりは時間がかかるかもしれない。
そんな時庇があれば雨水のふき込みを抑えつつ、
そしてもちろん直射日光も遮ることができ夏場の暑さも和らげるかもしれないです。

暮らしてみてあとから庇をつけるという選択もあるかと思いますが、
果たしてそんな時に我が家に資金があるだろうか・・・・汗

いかにお風呂を簡素にして減額できるか?!とやっきになっているくらいだから、
たぶん庇にかけるお金は残っていないかも・・・

どちらにせよ、後からあ~だった~となるよりは事前に検討しておいたほうが良さそうです。
(そういえば夫M氏は結構前の段階から軒が~庇が~とたまに呟いていた気がします)


ふんだんに土地があって軒が十分にある家を建てられたらそれが一番なんですけどね!
なかなか難しいところです。





■以下参加中です
 押して頂けると励みになりますよろしくお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

(07:30)

2017年07月23日

前回の記事で誤字があったので、恥ずかしいので訂正しておこうと思います。

窓のハンドルのことを私はずっと『カラッチ』と書いてました。
正しくは『カラッチ』だそうで・・・

ちょうど同じタイミングで窓サッシのことを書いてらっしゃる方のブログを読んでいて、
あれ・・・?私のと何か違うぞ、と。

そこで気づいて調べて・・・
・・・恥ずかしい~~(/ω\) 

記事:窓サッシについて・・・くるくるのに悩まされる


くるくるハンドルが嫌ならば、
1Fのキッチン横のパントリーを兼ねたスペースの縦長窓(60cm110cm)を
1枚の縦すべり窓から上げ下げ窓にしたらどうかしら・・?
なんて考えているところです。

たぶん、金額アップなんじゃないかしらと。
あと、窓の開き具合を考えると相手側との視線が気になるところです。
そして窓にカーテン・ブラインドをつけるのか?などなど。


なかなか難しいですね・・窓って。



■以下参加中です
 押して頂けると励みになりますよろしくお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

(16:30)
リクシルのショールームへ行ってきました。


リクシルのショールームへ行くのは実は2回目です。
今年の初め、まだ施工をお願いする会社すら決まっていない頃、
当時の検討していた会社の営業さんと行ったことがあったのです。

その時から気になっていたのが窓サッシの開け閉めするレバーのことです。
やっぱり今回もいました!(そりゃそうですが)
DSC_2383
このクルクルが気になって気になって気になって・・・しょうがありません。
正直このクルクルは家から極力排除するつもりでした。

排除したい理由としては、
・私は窓枠に物を置く癖があるのでこのレバーがあるととても邪魔である
・見た目としてもなんかポコっと下に付いてるのが気になる
・このレバーが窓枠にぶつかって窓枠を傷つけてしまうと困る
・子供が面白がって無駄に回しそう(突起があれば必ず触りたがる子達なので
・レバーを取り付けてある部分が外れそう(完全に勝手な思い込みです。設計士Iさんはそんなことありません、と言ってましたけど、ショールームのは少しプカプカ浮いてたわ・・・)
とかですが、何と言っても
昔ながらの方が絶対開け閉めしやすい!
↑これにつきます
慣れればクルクルレバーの操作のし易さに気づくのかもしれませんが、
古い家にしか住んだことがない古い人間なので、はっきり言ってもう考えが古いのです。
DSC_2373
こちらは昔ながらのレバータイプ(カマラッチカムラッチ)です。

ですがカマラッチカムラッチには以下の点で難色がありました。
防犯面 :外側から簡単に開けられやすい
網戸の取り付け位置 :引き違い窓ではないタイプの窓の場合、網戸がレバーの内側につき、かつ窓枠にでっぱりが生じる

防犯面が出てくるともうお手上げです。
夫M氏は一家を守る主として『防犯面』を常に気にしてくれています。
なのでこの点一つで2Fはともかく1Fの大きな窓にカマラッチカムラッチ採用は不可との判断となりました。
当たり前のことではありますが、使いやすさよりも防犯面が上位優先になることは私も賛成なので
リビングに配された大きな縦すべりの開き戸やキッチン横の窓、サニタリの窓はクルクルレバー採用で了解です。

DSC_2377
ちなみに窓サイズは限定されますが、ものによりこのようなとてもシンプルなレバーもありました。
窓の開口具合いはとても狭いのですが、非常にスッキリしていてとても好みでした。
納戸とかだったらこういうのがいいかもしれない。



とはいえ・・・クルクルかぁ・・・・
うぅ~・・・・・

そりゃ窓を全て引き違い窓にすればいいわけですが、
そういうわけにもいかないのですよね・・・。
設計段階で窓のクルクルが嫌だからと強く工務店に言っていれば違ったかもしれないけど、
そうではなかったのでお家にも認識ないうちにクルクルレバー窓が多く採用されていまして。


・・・・はて?できないのかな?
できる部分もあるのかしら?

間取りも決定し色々計算された後の段階として窓を増やすというのは難しいけれど
でも形状を変えるというのは不可能ではないのかもしれない。

迷ったら・気になったら抱え込まずに何でもまずは相談してみよう!
後から実はこうだったんですよね~なんて言われるよりも思われるよりも何倍もいいはずですよね。


てことで、またしてもIさんに相談!


■以下参加中です
 押して頂けると励みになりますよろしくお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

(07:30)