外観(外壁・玄関ドア)

2019年04月29日

始まりました10連休

皆さんはどこか出かけてるのでしょうかね
10連休もあったら、国内なら1回といわず一度戻ってきてまた2箇所目とか、普段なら休暇申請に苦労しないと行けない社会人もヨーロッパへゆうゆうと行けちゃいますものね

多少(?)高くてもここ数年行ってない・行かない分の旅費と思えば価値あるタイミングなんでしょう!
いいですね〜

FullSizeRender


さて、我が家はというとザ・丸々予定無し!

行っても電車30分程度の子どものイベントです
3月末と4月頭に各所帰省したのでこのゴールデンウイークには戻らないので、家の予定をじっくり組めるのは有難いものです


ということで、
連休2日目の昨日は半年以上拭いてあげてなかった外壁ガルバの拭き掃除をしてみました
(連休1日目は園関連のプリントなど紙ゴミを整理しました)

我が家の外壁は、ジョリパットの塗り壁と金属系サイディング・ガルバリウムのツートンカラーです

外壁については、過去記事良かったらご覧下さい
(なぜかガルバのページへのアクセスが多いようで今でも見て下さる方がいらっしゃるようです)

【関連記事】


我が家のガルバは、アイジー株式会社のSFビレクトでして、
カラーは「Fチャコールメタリック」です
工務店のT社長、そして設計士I氏からのおススメのカラーでしたので、一応サンプルをもらい、日に当てたり影にしたりと確認してGOサインとなりました



今、久しぶりにサイトを見ましたら、新色が今年(2019年3月)追加されたみたいですね

FullSizeRender

ネイビーですって!あら素敵!!
一昨年このカラーがあったら、悩んでいそうです絶対

こちらのガルバリウムは、日差しが当たった時のカラーが結構変わると思います
我が家のチャコールメタリックも、日差しが当たるとかなりシルバーグレーのように明るくなります

ネイビーが日差しによりどれ程変わるのかによりますが、少しカジュアル感出しつつ、玄関庇の軒天を板張りにしたりグレーのジョリパットと組み合わせたり、コンクリートの塀と組み合わせ、植林盛り盛りにしたら・・・うーん、、、カッコイイでしょうね〜

我が家のチャコールメタリックの壁はというと、近所に畑があったり、たまたま近くで会社寮の建設工事があったりと土埃が強かったので、雨水に土が混じり壁に付着しています

IMG_3185

ほっといても雨で流れていくので、基本お掃除は必要ないと言われていますし、1年住んでて実際掃除は要らぬと感じてますが、個人的な感覚で言えばこの付着物が着いてない状態の方が好きなので、(かつ、私拭くという動作が好きなので)、拭きあげちゃいます!

IMG_3186
(before)白っぽくなってるのが

IMG_3189
(after)綺麗になりました

これでかなり気持ちスッキリです

綺麗なガルバに緑豊かになってきた玄関アプローチの木々達が寄り添い、こちらも気持ち良さそうです

FullSizeRender

近頃は緑が濃くなってきたので、
家の中からもこの緑が見えます

家を建てる事が出来た贅沢の1つが、窓から見える自分の好みの木の緑だなぁ、とほんの些細な事ですが、日々そう思い、益々家が好きになります

家を大切にしたいので、
まるで革靴のお手入れをするように壁だって拭いてしまいます

FullSizeRender

さて、
今年はこの視線の先に何か植木鉢を配置して南テラスをより心地よい空間にしてみたいな、と計画しています

少しでも形に出来たらいいなぁ〜





(23:38)

2018年11月30日


だいぶ落ち葉が散るようになってきました

気になった頃に箒で掃いています


さて、この玄関ポーチ

FullSizeRender

再施工の事を検討しておりましたが、
モールテックス に決めました



   過去記事:
《外構》モールテックスを考える
《外構》モールテックス 見積もり

墨モルだったんですよ
ええ、黒かったんです

こんな風に
FullSizeRender
ああ…素敵な色

それが比較的早い段階でムラムラっとなりまして
FullSizeRender

今ではこのとおり白でございます
FullSizeRender

色落ちに加え白華現象もあると思います


決して墨モル自体が悪いわけではありません

ただ、墨モルには施工時の気温や湿度、直射日光の当たり具合やそれによる乾き具合などが強く影響すること、そしてどうしても白華現象などが起きやすくなったり、表面のコーティング状況などにより墨が抜けやすくなったり、と私が調べた限りでは少し施工が難しい印象です

我が家の玄関ポーチは東に向いています
そしてサイドにはブロック塀もあるので、日光の当たり具合が均等とはいえません

かつ、施工を行ったのは今年の5月の中頃でした
珍しくその日は寒く、そして翌日には残念な事に非常に冷たい雨が降り注いでしまいました
この気温の変化と雨のせいで白華現象を増加させ、墨の定着を阻んだと考えられます

まぁ、これはこれで雪化粧してるみたい〜と経年劣化だと捉えるのもアリですが、やはり経年劣化って4、5年なイメージです
施工2、3ヶ月では、正直・・・キツイです


『なんだか新築って感じがしない』
『玄関は我が家なりに力を入れたところだからこれは流石に納得はできない』というM氏の意見を聞き、
確かにねと再施工を希望となったわけですが
さて、じゃあ何で再施工するのか?

墨モルでの再施工が本来の形だと思いますが、
私の考えでは、環境に左右されやすい墨モルでは我が家の玄関ポーチには再施工でも定着しにくいのではないか?
想像している濃いグレー色を出すのは難しいのではないか??
そんな疑問が拭えないので、ここは私が提案したモールテックス、これにチャレンジしてみるのはどうか
といった結論となりました


ちなみに工務店側のご配慮もあり当初の見積もりからは少し変化が付きましたので、それも後押しとなりました


実は工務店としてもモールテックス施工を取り入れた事は過去無いとのことで

しかし、
施工依頼経験が無いからといって単なる私の案を跳ね除ける事なく真剣に検討してくださり、モールテックスの左官屋さんとコネクトし、もちろん本人が施工するわけではないですが研修等を受けその素材感を学び工務店として検討し見積もりを出してくれた

その行為だけで私にとってはもう涙が出るほど嬉しくて、チャレンジしたい!という最大の後押しになったことは確かです

竣工してそろそろ1年も経とうというのに工務店側にはいつまでも余計な仕事を増やして申し訳ない気持ちもありますが、それ以上にやはり新しい物へのチャレンジというところにはワクワクがつきませんね

私も自身の仕事柄、新しい技術に敏感にいなければならないので、今回のような工務店の行動に触れるにつき自身の仕事への姿勢を改めさせられます

いい工務店(人)と出会えたなぁ
やはりこのひと言につきます



さて、あとはどうやってこの施工代金を工面するか・・・マイお小遣いをもう一度さらってみようと思います。。。









(19:51)

2018年11月12日


カラッとした良い週末でしたね

我が家は長男の五歳の詣でをしておりました

昨今七五三というと、写真スタジオで衣装を借りたりプロによるフォト撮影やその後の詣でと祖父母交えてのお祝い会

そんなイメージだったのですが
自分の時はただ早く着物を脱ぎたかったというM氏に
祖父母がほぼ他界の上、残る祖母1人も遠方なので非常にシンプルに家族でした私

そんな流れに乗れることもなく、
自分達で子に似合うだろうと思った着物を購入し、私による肩上げ腰上げでの着付け、そして家族での地元の小さな神社への詣で、私による写真撮影、夜にお祝い晩餐、と非常にシンプルな七五三となりました

地元神社があまりに小さかったからか、受付するとその時間我が家族のみの完全に貸切状態
神主様も我が子だけの名を呼び、シンプルながらも一番有難い詣でとなりました

神主様の祝詞奏上の時、静かに頭を垂れる長男を見ましたが、彼が家族となりもう五年も経ったのねぇ〜と感慨深いです

そしてこちら、もうすぐ一年を迎える我が家ですが、玄関ポーチの再施工・モールテックスの見積もりがあがってきました


FullSizeRender
再墨モルかモールテックスか?


見積額  モールテックス施工 16万(税込)


一方、再墨モルの場合、コストゼロ


決して墨モルタルが悪いわけでは全くなく、
ただ我が家の施工タイミングと墨モルとが相性が悪かった事が原因だろうという検証なのですが、クラックと墨の抜け具合が工務店としても過去例にないほど『早い』ということから、工務店と左官屋さん側の対応により、コストゼロ、ということになるそうです


しかし、それをモールテックスにすると16万

我が家は7平米に対する施工なので、1平米約2万(税&諸費抜き)という換算になります



う、うーん。。。

過去家を建築された方々の話どおり、施工前に見る金額と施工後に見るのでは、同金額といえど負担感が違いますね

何千万という中の16万なら出来なくはない気もするが、後からの16万円は非常に高いです


さて、これを持ってどうするか?

再墨モルのメリット・デメリット、
モールテックスのメリット・デメリットを
よく検討してみようと思います











(14:01)

2018年11月02日



 昨今、
見聞きすることが多くなってきた建材
モールテックス
FullSizeRender

現在、我が家への投入を検討しています


モールテックスとはベルギーBEAL社から販売されている左官材で、セメントに特殊な樹脂を混ぜているからセメントのようで非常に薄くしなやかに仕上げることができるとのこと・・・

FullSizeRender

ネットで検索すると今は左官屋さんがブログやホームページで商品説明をしてくれる時代なので簡単に調べることができます



私の場合、多分、モールテックスを『モールテックス』という名前だと初めて理解したのは、建物系では有名なblog様が記事にされた昨年頃

それを境に、『あ、もしかしてあの店、コンクリだと思ってたけどモールテックスだったか』とか『もしやこれもか?』と思うことが多発

都心のカフェや服飾店舗に行くと目に付きやすいです

IMG_1563
水に強いということで、水周りへの都用事例が目に付きます
うーん、この質感、たまりません

直近だと、
先日行った住宅展示場にあった家の室内壁にもあったらしく(M氏談)、
私個人としては新宿にあるトクラスショールーム(2017年9月に改装)のキッチンカウンター
での使用例を間近で見て触れました

もともとコンクリ系素材が好きなこともあり、その質感とムラ感が気になり、いっそキッチンカウンターを人工大理石から変えるか?とそのトクラスショールームで心が揺れたのですが、
やはりピアノブラックと人大ホワイト、そして床材ウォールナットの組み合わせに落ち着き

となると我が家に取り入れられる場所は無いなぁ〜

あるとしたら玄関の土間部分くらいか?
と思いつつも、そこは玄関からリビング全体とのバランスを考えるとやはりタイル仕上げなのよね

(しかし、当初私はそのタイルをグレー色推ししていたので、やっぱり何かコンクリのような冷たい印象を持ち込みたかったんだと思います)
(ちなみに玄関タイルは最終的にT社長と設計士Iさんお勧めのホワイトに落ち着きました)

FullSizeRender
(我が家程度のスペースにはホワイトでバランス良いので結果OK)


とここまで縁なくきたわけですが、
ここにきて急浮上のモールテックス


え?どこに?


ここです

FullSizeRender

玄関アプローチです


愛する墨モルとの相性問題により、
関係が難航しており、
再墨モル施工か?
またはここにモールテックスの投入
を検討しています


広さにして約7平米

数字にするとなんら大したことないスペースですが、我が家にとっては車庫スペースをやめてまでして作った空間であり、家造りの中で様々な力を込めたうちの一つ

アプローチ前面に配したタイルとの相性はいいはずなので、さてあとは施工の金額とその質感研究の結果、M氏と決めていこうと思います





もうすぐ施工一年経つ我が家
まだまだ工事場所があってワクワクするもんだから不思議です

仕事もそうですが、やはり設計と開発段階が1番楽しいと感じますね

モールテックスのまとめや施工事例としては先のblog様が非常に詳細でかつ写真も美しいので、私が何か残すものは何も無いのですが、それでも何か検討材料になればいいな、と思います




(16:54)

2018年04月24日

外構アプローチと同じくひたすら止まったままだった我が家の外灯。

家の顔でもあるのにずっとブタのしっぽ状態・・・
image

何がいいか?どれがいいのか?と10ヶ月以上ずっと悩み続けておりました。

昨年の夏、大工工事が始まった頃に工務店側からいくつか分厚いカタログをお借りし検討を始めたのですが、正直玄関ドアや玄関周りの壁面の実物を見ないとイメージが湧かない!

ちなみに工務店側としてのおススメはシンプルで小さめなキューブ型。

それならとパナソニックやオーデリック、山田照明、ヤマギワ、各カタログを見続けましたがひたすら頭の中には「?」ばかりでしっくりこず。

その後、タイガランプの存在を知りその外灯に惚れるが、入荷が1年弱という大人気ぶり。
E8537C2D-D2F7-49CC-AEBA-03F86FF1491A
真鍮と明かり具合がとても繊細で色気があり美し〜!
どんどん入荷時期が伸びているので、本気で欲しい人は家の計画始めたと同時に発注するのがおススメです。
我が家の場合のように、入居後でもいいわぁ〜(工務店側としても問題無し)というなら大丈夫ですが。

こんなに素敵だけど、果たしてこれが我が家の全体雰囲気としても合うのか?と悩むことさらに5ヶ月。


若干外灯の存在を忘れていた頃、工務店のIさんから『あの〜、そろそろ外灯はいかがですか〜?T社長も気にしてました』

!!!
おっと完全に忘れてた!!((((;゚Д゚)))))))

社長が気にしていたとはそれは悪いな、そろそろ決めなきゃ!もしかしたら各メーカに新作が出てくるかもしれないし!
と久しぶりに検討始めた時、ついに出会いました!

C744D220-C428-4C53-ADDC-202169CB6DCB
ポールセンのトルボーです。

我が家にもついにポールセンの照明がきました。

89F1CA72-3755-467F-B014-F0C337C189AC
ボクのおもちゃ?
違うよ〜〜

8EE6E896-6FC3-4DD0-93A6-DA5F9F0E3941
ダンベルのようです・・・が、照明です。

ポールセンの外灯シリーズのうちこのトルボーはとてもシンプルな形状で、この表面の塗装具合が他のものよりも重厚な雰囲気を出しています。

我が家のガルバリウムの外壁とも相性良し。
26E5D442-F386-4C45-BDF0-FE38AE2D4280

早速工務店さんに連絡しまして、近々取り付けに来てもらえることに。

照明も決まり、外構の植林も決まりそう。
そして室内ではカーテンも。

やっと我が家も『住まい』としての形に近づけてきたなぁと思います。

取り付けが完了しましたら、また詳細を紹介します。


入居後三か月も経ってから外灯がつくってどういうこと?と思ってましたが、工務店さんに聞くと意外とそんな方も過去におりますよ〜と言ってました。
我が家も決して変ではないのかも。

あ!でもまだ表札が無かった!!

最後に一番の大きなヤツが待っていた!!

ちなみに表札もひたすら検討中です。。。


ほんとこの家の住人は遅いな!サグラダは計画があってしての工事の追いつかなさで、この家は単に計画ぎ決まってないだけだっ!サグラダファミリアとは違う!と思われましたら、励ましにポチっとよろしくおねがいします。。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(06:41)

2018年03月11日

しばらく雨が続いていましたので、やんだら玄関ドアを拭こうと思ってました。

image
 やっぱり汚れてます。

我が家の玄関ドアはユダ木工さんの桧の木製ドアです。
木製ドアに憧れていたので、標準からの価格アップは承知の上での選択でした。

実際この玄関ドアには大満足で、日々このドアに触れながら家を出発したり帰ってくるのが楽しみです。
玄関ドアも大切な我が家の一員。

となると気になるのがそのメンテナンス。
雨が続くと濡れてやいまいか、寒くないかと心配になります。
(寒そうで心配なんだとM氏に言うと、いやそういうものだしね、となかなかドライなお言葉。
まぁそうなんですけどね・・・)

さっそく拭き掃除をしてあげました。
それにしてもどうしてこんなに汚れるかというとそれは我が家の『庇』に所以します。

我が家の庇はT工務店のT社長おすすめの吊りがないタイプのスリムな庇。
image
アルフィンの庇です。

T社長はスリムだと言うけれど私的なスリムではなかったのが少々気になるのがところでした。

私がスリムと聞いて想像したものはこういうものだったんだけど・・・
image
写真は拝借しました

でもその誤差に気づいたのは設計も構造計算も庇の取り付け前の工事が終わった頃でしたので、ちょっとの誤差がその後かなりの差になってしましました。

スリムかどうかはおいといても、問題はそのサイズです。

ユダ木工の玄関ドアは扉幅が890。
それに対してアルフィンは約1000。

写真のとおりですが庇の幅がほぼ玄関ドアと同サイズ

ち、小いさすぎ

ちなみに一般的住宅メーカーが設計する庇の大きさはというと、
奥行き90センチで幅は180センチの一畳ほどらしいです。
どうしてこのサイズかというと、住宅から1メートル以内は住宅面積に含めなくてよいという法律があるからだったり、日本でよく使われるタイルのサイズが30センチであって割りがいいからというところもあるそうです。

私の好みにより玄関タイルは45セン以上だし、そもそも玄関ドア下は炭モルタル施工(5月予定)なのでこのサイズは全く影響受けないのですが・・・

M氏の表現でいうと我が家の庇は「おかざり」だね、と。

ちなみに玄関の横がせまくて庇が付けれなかったのか?というと
image

スペースありあまってます。

ということで完全にデザインでこうなったわけなんですが、
(尚、このデザイン私は好みです)
やはり現実問題、雨の日はなかなか悩ましい存在です。

家に入るぎりぎりまで傘をさしていないとならないので厳しいです。
しかも子供がいたり複数人いる時は傘をさして待っていないとならない
です。
そして、そもそもドアの取っ手が雨で濡れています・・・凹

内覧会のまえに残念ポイントばかり書いちゃってもうそれこそ残念すぎるんですが、これが現実ですね。。

しかし、
サイズに関しては全面的にT社長が悪いわけではなく、
事前の設計段階で何度か説明がありましたし、
それを私もM氏も理解はしていたのです。

ただ、ここで大事になのは
『理解はしていたけど、心から納得していたわけではなかった』
というとこです。


M氏が設計当初から思っていた玄関庇は、
「複数人立っても雨に濡れない大きさ」
 「できれば軒天は木張り」
「いっそビルドインがいい」 

私はというとビルドインにはあまり惹かれないけどそれ以外は同意。

ただ我が家の敷地面積との兼ね合いや金額面でのせめぎ合いの末、辿り着いた決定がこの後付けの庇。

ただ、軒天じゃなくてもビルドインでなくても、でも大きさにはもうすこし突っ込んでおいた方がよかったなぁ・・・と引っ越してひと月経った今、M氏と頭を悩ませることになりました。

ということでさっそく設計士のI氏に、このアルフィンの横幅を伸ばせないか、と相談することになりました。

I氏がアルフィンのメーカーに確認をとってくれているのですが、
もしできたとしてもなかなかな工事になってしまうとのこと・・・

 うーむ・・・

これは植林計画でどうにかなるものなのだろうか?
難しいところです。。

現在計画中にある方には是非とも大きめな玄関庇をおすすめします。。
特に玄関ドアを木製にするならば・・・


 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
注文住宅(施工主)ランキング

(07:43)

2017年12月05日

我が家は隠蔽配管を選択しました。

先日現場に行きますと、北側にエアコン2台分の室外機が鎮座しておりました。

image

ちなみに前日夜仕事帰りのM氏が確認したところによると、『最終的に選択したエアコン機種と違う(1番初めの見積り時の)物が取り付けられている』らしく、取り急ぎ工務店のIさんに最終見積り書のPDFと供にメールで連絡したところでした。

確かにリビングに取り付けられていたエアコンが部屋に対して少し小ぶりな感じはしたのですが、そうでしたか・・・(^◇^;)


『隠蔽配管』と言うとやはり問題はその『金額』ですね。

配管自体の金額はしょうがないと割り切れるにしても、エアコン自体の金額が一般的な家電量販店とあまりに差が出る(物により約10万)という所からM氏はこの事に関してかなり納得し難い気持ちを抱え続け市場調査と検討を続け、
最終的にIさんと戦いましてある程度工務店持ちという決着にて落ち着けたところで、このミス!

いっそ気づかなかったらラッキーくらいに思われていたのかもしれない(工務店というよりその関連電気工事店?)?同じように過去にミスして取付け外した機種だからアレだけやけに割引率が高かったのではないか、とあらぬ事をいぶかしんでしまいましたが・・・(^◇^;)

結局は、もちろんそんな事はなく(多分?)、翌日早朝にミスで申し訳なかったという電話連絡がありましたので、まぁ良かった良かった、となったわけです。



にしても、『隠蔽配管』
なかなかの曲者ですね。

私自身は、こだわって選んだ外壁にむやみやたらとパイプが蔓延るのは嫌だったので、『隠蔽配管どうしますか?』と聞かれた時に『即答Yes!』でしたが、その後の価格はやはり厳しいものでした。


我が家は部屋が少ないし狭いので
1階に1台、2階に3台
のみですが、これの隠蔽配管に約40万。
確かに新築時にしか出来ない事だとしても管を通すだけでは?と素人感覚にとってこの値段はどうかとも思う。

そして問題はこの先の各エアコンの価格。
『隠蔽配管をするならせめても2台は(その電気店を通して)入れて下さい』との話で、2台電気店から購入することになったのですが、この価格が家電量販店と比較してあまりに価格差があり、それが約10万。

どうしてもこれを不服として話を飲めない、とM氏がIさんと話し、静かな戦いを繰り広げることになりました。。そして最終的には先に書いたとおりの決着と相成ったわけですが、、

今回は工務店が問題というよりも、工務店さんにはその電気屋と長い付き合いがあるようでそちらの状況も組みつつ肩を持つわけではないですが、こういった仕事の取り方をせねばならないのかなぁ?と思います。

もちろん安いにこしたことはないですが、
何でもかんでも安く買い叩いて小さなお店の卸値を安くさせてそれでローコストな家ができる、というならば、少し違うかなとも感じます。

工務店選びをしていた時期に、とある工務店の社長と話をする機会がありまして、
『家というものにはある程度適正価格というものがあり、安くすればいいもの、安ければいいものではない』
ということを言っていました。


これはそうだな、と私も感じます。
安いのは好きですが、
ある一定の金額でもって一定以上の質感で仕事されるのが理想でもあります。

ただ、その金額があまりに市場や時代と離れ過ぎているのも問題です。
特に今回の場合はエアコンという物体の価格なので、隠蔽配管時の暗黙のルールみたいな仕組みは、この時代には・・・ちょっとなぁ、と感じてしまいます。

今回我が家の場合は、結局は工務店側で持つ、という形になったので、これは工務店側も理解している事で苦しいところなんだろうな、と思いました。



隠蔽配管もそうですが、私としては特に別件(和室の襖問題)で、少し疑問を感じはじめているところです・・・
家作りはビジネスでもあるわけですから、色々と守らねばならない場所や融通を利かせなければならない所もあるのはわかりますが、されど家でして。
高い金額であり、生活のほぼを占める環境ですから難しい問題です。

・・・あともう少しで引き渡しという段階であるのにここにきて心のざわつき具合といったら。。。

だめだ!投げだすな!がんばれ!!
励ましにポチッと投票して下さると嬉しいです。。(>人<;)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(10:21)

2017年11月30日

昨日、玄関ドアに庇をつけました、とIさんから伺ったので今朝方出勤前にチラッと見てみました。

image
確かに庇が・・・


・・・あれ?
想像してたよりガッチリ系です。

かねがね工務店のT社長が『上からの吊りがないスリムな庇です』と言っていましたので私、かなーりスリムだと思い込んでいたんですけど、
どうにもこれは私にとってはガッチリ系です。

何がガッチリに思わせるのか?というと、壁との接合部分でしょうか。取り付け部分に膨らみがあるととてもガッチリに見えます。
エヴァだと思ってたらガンダムだったみたいな・・・分かりづらい例え、スミマセン。。


これとは別ですが、
設計当時からなんとなく思ってましたけど、もう少し横長だと良かったよね!
王道ですが庇の裏に木を貼ったりとかね・・・

とはいえそれぞれの家にはボリューム感がありますので、我が家のコスト具合ではこれが最適だったかな、と納得してみるのでした。

我が家のような後付けの庇ですといずれダメになる時が来るんでしょうし、その時に最新の技術の物を取り入れるのも面白そうです。


とまとめてみたけど、最近はなんだかこれ系のまとめが多いわ・・・^^;
まだまだこれからだよの励ましにポチっとどうかお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(10:27)

2017年11月11日

天気に恵まれた一週間もやっと金曜日。
今日も仕事がんばってくんぞ!と思ったら次男が熱を出して通院コース。
もれなく会社はお休み~。来週月曜は長男の幼稚園創立記念日による予定休暇を入れていたので図らずも休み続きになってしまいました。
天気に恵まれていても寒さは増すばかりなので、これからの季節体調管理しっかりしないとですね。

さて、外壁がついに塗られ始めた~!!と前回の記事で書いたと思ったら、
翌日にはその全てが終了しておりました・・・

南西の面にも塗られてました。
IMG_3667

綺麗に仕上がってました
外壁

それにしても想定外でした。
外壁にあまりに感動したので御礼の品を外壁の職人さん3名にと思っていたのに間に合わず・・・・しまった・・・。。
来週末には大工仕事も終了する予定なので8月からお世話になっている我が家の大工さんともお別れ。その時には確実にお会いできるようIさんに予定を事前に連絡してくれるようお願いしておきました。
ああ・・工事も大洲目です。なんだかさみしいものです。

と思いながら現場から帰ろうと思ったら(金曜の早朝)、
IMG_3672

ん??
IMG_3673


羽目板が張られてるぅ~~!!!

い・・・いいねぇ・・・

■ランキング参加しています。 通りすがりついでにポチっとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村


(05:25)

2017年11月09日

ここ数日、お天気に恵まれています。

となると…
金属サイディングのガルバリウム続く第二の外壁・ジョリパットが、・・・ついに塗られ始めました!

image


指定した通りの色(T1702)、仕上げ(割肌)です。
T1702は他と比べてキラキラした感じが出るのでそこをM氏と気に入って採用しました。

image


養生してありますが、ガルバリウムとの境目も良さげです。

塗りの下地を見ていた時から感じていたのですが、とても丁寧で綺麗です。
いい職人さんで良かった

そして、外壁、諦めなくて良かった!!!

嬉しくてスリスリ・・・
image


うん、、いい・・・


まだ東の一面だけなので、これが南と北そして西に塗られるのが楽しみです。
週末にはごっそり差し入れを贈ろう!


■ランキング参加しています。
ポチっと押して頂けたら本当に嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村


(09:57)

2017年11月02日

前回の玄関ドアを見ていてふっと気づいた事があります。
金属サイディングのガルバリウムの横拭きの線と玄関ドアノブの高さがちょうど真ん中にきている点です。

IMG_3540

ガルバリウムの横線のちょうど真ん中にドアノブのラインが配置されていて、これが私の中での気持ち良さに繋がっているんだと納得しました。

もしこれがこんな風にズレていたり
image

ガルバリウムのラインと同位置にきていたりしたら
image

私の中では「違う」と直感していたと思います。

ガルバリウムと同じラインの場合はそれはそれでスッキリしているので好む人もいるかな。

この割り振り、建築側では当たり前のような所なんでしょうか。
それともしっかりと計算されての設定なんでしょうか。

後者だとしたら同じ感覚を持つ設計士で本当に良かった!

言わなくても伝わっている所、他にもたくさんありそうです。
感謝以外の言葉無し…。


さて、そろそろ我が家も壁紙決めなくていいのかしら?とM氏と話していたらIさんからメールが来ました。
「カタログを送付しました」、
「来週サンゲツショールームへご案内します」と。
しかも「建築側の期限から11月16日までには確定して下さい」と・・・!!

ぬぁ〜〜にぃ〜〜!!!

めちゃくちゃもうスグじゃないですか!!!?!

周りのブログの人の状況と比べると我が家はのんびりというより常にギリギリって感じみたいです。。


さて、ついにおおずめクロス選びの旅に出ねば〜〜!

まっ、迷った時はブログ村の皆さんが選んだクロスをまんま真似っこすればいいのさ〜〜(←いいのか?)

ほんとブログ村は神!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村


(09:49)

2017年11月01日

先日現場へ行きましたら台風による連日の暴風雨のせいでか玄関ドアにあったはずの養生というのでしょうか?大体の建築中の家についているダンボールが無くなっていました。
image
これが・・・
IMG_3540
こう。


見た瞬間。
あれ・・?玄関見えてる・・・Σ(´д`;)

最後の楽しみにしてたんだけどなぁ・・・(まぁいっか)

玄関ドアの色(過去記事:「玄関ドア、決定!」)、そして横葺きの金属系サイディングのガルバリウムの外壁との組み合わせ具合がどうなるか、とても心配していましたがそんな心配は無用でした。
そもそもIさんは「大丈夫ですよ~」と言っていたので、心配する必要もなかったんですけどね。

我が家の玄関ドアは「ユダ木工」さん
MIYAMA 桧 玄関ドア TH741-1023S レッドシダー色
です。
ラインナップを見ると、木の貼りあわせが横と縦があるので、これを横葺きの外壁に合わせて横にすべきか?を迷っていましたが、縦にして問題ありませんでした。
むしろ玄関ドアを強調することになり良かったです。
ユダ木工さんはこのブログ村で見かけたことにより知りました。本当にブログ村のおかげです。
ありがとうブログ村!ありがとう素敵サイト様達!!

我が家においても唯一の本物の木の桧なので、やっぱり香りが違います。
ほのかににおう香りに包まれる玄関であって欲しい・・・・って我が家は私以外は男3人。
たぶん一日はいた運動靴からのフレグランスが勝る玄関になってしまうんだろうなぁ。。。(失礼)


あ、「唯一の桧」と書いたけど、もう一箇所「桧」が使われる場所があるんでした。
それをそもそも持っていたのはM氏。
M氏所有の桧一枚板がまさかの新居に生かされることになりました。
現在その桧板は工務店に持っていかれて加工されているので、出来上がった暁には紹介したいと思います。


■ランキング参加しています。 ポチっと押して頂けたら本当に嬉しいです。
よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村


(02:22)