・植物(庭木 & indoor green)

2019年08月04日


なんなんだろうってくらい暑い!
食材の買い出し以外はクーラーかけて家の中に閉じこもってます


でも夏は味わいたいのだよ〜

そんな時は部屋の中のお花を入れ替えです

FullSizeRender

本当はチューリップ後の玄関アプローチの花としてヒマワリを育てたかったひまわりですが・・・確かそんな事をいつかの記事でつぶやいていたかも・・・

今後の人生変わる程の結構な事を経験している間に育てるタイミング失ってました…


でも大丈夫!
この時期、花屋さんに行けばヒマワリ売ってますからね!
空間的に何本が良いのかわからないので、スタッフさんと相談してとりあえず5本チョイス


花屋のように、写真で見るように、ワサ〜ッとさせるには最低でも10本くらいは必要だと買ってみて気づきます

多分実際のところ15〜20本は必要なんじゃないだろうか・・・となるとこのヒマワリは一本270円だったので、ざっと4,000〜5,400円!!

( ̄▽ ̄;)

やっぱり育てた方がよっぽど経済的ですね〜
庶民が憧れで無駄に花を飾れる棚を作ると花がいかに高いものかもいうのを思い知らされるという・・・


玄関と一緒にキッチン側のフラワースペースもチェンジ

FullSizeRender

スッキリしました 
なんせ春に買ったドウダンツツジをこの日まで置いたままにしてましまからねぇ…持ちがいいドウダンツツジもさすがに葉っぱカサカサなってましたわ…苦笑
さて、こうなると気になるのはこの写真の左側です
写真では上手いこと入らんよう切ってますが、実はこんなんなってます

現実

FullSizeRender

ザ・スーパーごちゃごちゃ


わたしの現実なんてこんなもんです・・・
賑やかな程の色合いが何ともいえませんね w

家の性能ではなく明らかに住人のわたしの性能不足ですけど、でも素敵に片付いてる家ってのはネットの世界だけなんじゃないかと思う


しかしせっかくM氏に家を建ててもらったのだし、設計してくれたI氏にもなんとなく悪いよな気がするのよね〜この見た目ごちゃごちゃのパントリーをどげんなせんとな〜と考え続けてはや2年目←

ワンアクションが好きなわたしとしてはもう無理かなぁと思ってたんですが、先日諦め悪く調査していたらなかなかいい案を目にしたんです
これぞワンアクションだと


パントリー快適化案について次回自分備忘録のためにも記録しておこうと思います




しかしいつも○○してみようと思います〜と言って大抵できないわたしですから、本当に書けるかわかりませんね (⌒-⌒; )











(16:03)

2019年06月19日

新居に引っ越したらやりたかった事

それは、枝ものを飾ることです

  
「枝もの」というとインスタやブログでも定番
のあれですね

ドウダンツツジ

FullSizeRender
先日と言っても5月末頃の話ですが、近所の花屋に昨日入ったところというのを見つけ、早速買ってみました


ちょうど一年前に玄関アプローチの植林をお願いした庭師K氏にも、「もしドウダンツツジなどもありましたら、庭木に入れてみたいのですが…」と話したことあったのですが、K氏はK氏の雑木庭を目指すところがあり、ドウダンツツジはちょい雰囲気が外れるとのことで却下された経緯があります

しかし、室内はまた別ですからね!
枝ものをいけるというのをどうしても一度やってみたかったので、取り入れてみました

結果こんな感じです
FullSizeRender

枝のいけ方はおいといて・・・(^^;
我が家のキッチン隅にも潤いが・・・!

緑が入ると何だか間の抜けていた空間の湿度があがり、程よく調和してくれたような気がします

さすが枝もの!!

ちなみに、今回は1本800円弱くらいを2本購入
1本は1メートルくらいで、もう1本は80センチくらいでした
同じ値段でも結構個体差があったので、買う時は良く枝の雰囲気をみて選ぶといいですよ〜と花屋さんにアドバイスされました


1メートルくらいの枝ものを入れる花瓶となると、どれくらいの高さの花瓶がバランスいいのか分からず、これも四苦八苦

とりあえず上の写真の花瓶は24センチです
やはり若干心もとない感じはしますね

別の花屋さんと相談した時は、1メートルを超える枝ものの場合だと40〜50センチくらいの深さがあった方がバランス良いですよ、あとそれなりに重さがないと枝ものの重量に耐えられず倒れる事があるので重さや素材感とかも大切です、と言われたんですが、結構花瓶というのもお値段高いのですよね・・・あっという間に4,5千円超えますなら…

なんだかんだメルカリ等を駆使して揃えられた玄関の花瓶も20センチ強

IMG_3657

玄関にも置いてみました

全体的に白が多目の玄関部分に彩りがでました
本当なら玄関に絵やポスターを飾ろうと思ってのこのスペースでしたが、飾りたいな〜と思う品にはまだ出会えていません
目下、子ども達の製作を飾る棚として大活躍してます


尚、夜になるとこんな感じに
FullSizeRender
工務店のT社長と設計士Iさんが考えてくれたライティングをやっと少し活かす事ができました


枝もの、いいですね
センス無い人間でもそれっぽい雰囲気にしてくれる力があります!


なんだかんだ1ヶ月くらい置いてますが、まだ緑青々していますから、コストパフォーマンスが凄くいいです

でもそのドウダンツツジもダメになりそうなんだけど、次はどうしようかしら??

やはり、夏が近づいてくるとアレですかね
ひまわり

小ぶりなひまわりを何本も活けたら素敵そうです・・・
しかしお花屋さんで仕入れると高そうですね

こんな時こそ自宅の空いてる庭空間でひまわり育ててみるといいのかな?



小ぶりなひまわりの種でも仕入れてみます







(13:26)

2019年04月24日

前回、インドアグリーンが危機的です、と書いたのですが
あれから1週間
ずっとお風呂場の窓に置かれてるハゲハゲシダ植物

ふと見たら・・・

FullSizeRender

新芽が出てるーー


どうやら湿気対策が功を奏したようです!
良かった〜もし本当に枯れてしまったら、indoor Green初心者の私にとってはそれなりの投資額を失うとこでしたわ・・・


やはりポット内での根腐れでは無かった模様
私の配置場所に問題があったことが良くわかりました

特性をつかんでの適材適所って大切ですね・・・植物も・・・


このまま夏頃くらいには再び青々と繁ってくれることを祈ります!


シダ植物系育てている方(で私のようなド初心者の方)、お風呂場、おススメです







(15:23)

2019年04月17日


家の外の植木達は調子がいいという話でしたが、さて家の中はどうかといいますと・・・


非常に危機的です 汗


こちらのグリーン

FullSizeRender

シダ系の植物なんですが

FullSizeRender

ものすごく禿げてます・・・


なぜ禿げてるかというと、中の枝葉があまりに茶色く枯れまして、酷かったのでダメになってしまった部分を泣く泣くハサミで切り落とした結果なんですが、


もともとはどんなだったかというと
このように青々!
FullSizeRender

もう元気満々で綺麗ですね〜

今年の1月、購入した時点はこんなだったのに、
シダ系という植物を甘くみてました・・・

『土が乾いたか、乾かないくらいでお水を』
『葉水をあげると喜びます』

という説明文をもとに、リビングにおきながら1週間に一度はお水はやりやりしていたんですが、いつ触っても葉は乾燥気味で色艶はどんどん悪くなる一方

通気が悪く蒸れて根腐れなのか?
はたまた単に湿気が足りなかったのか?
エアコンの風にあたってしまったか?
日光浴をと思い直射日光に当てたのがいけなかったか?

もし根腐れだとしても、これは園芸店を営んでいる人が考えてこの器に移し変えたものを購入しているので、ひとまずそこは信じたいところ

だとしたらやっぱり湿気具合と直射日光じゃないか?
この冬リビングは結構乾燥していたので、その環境に合わなかったのかもしれない!

じゃあ、湿気が多い場所ってどこかな?
と考えた末たどり着いたのがお風呂場でした

 FullSizeRender

シダ植物なんだもの
直射日光はいらないけど適度な明るさを
湿気大好き
適度の風通しも必要
ですよね

北東に位置する風呂場の窓枠に置いて、今後の再生にかけたいと思います!

この時こそ風呂場の窓が横長で良かった、と心底思いました。。
風呂場の横長窓、おススメです


ちゃんと特性を理解して配置しないとあっという間に元気なくなるので、インドアグリーン、難しいです!!







(15:53)

2019年04月14日


暖かくなったと思ったらまた2月上司の寒さになったりとか安定しない週もありますね〜

冬コートなんてもう片付けてるし着たくないってのにどうすりゃいいんでしょ?!


そんな天候の中、
我が家の枯れたような庭木にも緑が戻ってきました

ちなみに我が家の庭木植樹については1年前のこちらの記事にてどうぞ…


FullSizeRender

ナツハゼに新芽がワサワサっと出てきたり

FullSizeRender

丸裸だったイロハモミジにたった数日で葉がついたり

あなた達のイメチェンには驚かされるわ!

出ない時は絶対出ないのに、今だ!、って時になるとワサっと出てくるので、落葉樹ってほんと面白いですね

落葉樹があると季節感が感じられますし、断然おススメです

そして家族皆んなが期待するのはブルーベリー

FullSizeRender

この子も落葉樹
丸裸になって心配してましたけどこの通り
今年も実を付けますように〜

実がつく時期はフルーツを買わなくていいからほんと経済的でいいんですよ!

庭木にというか玄関前の植樹がお勧めです!

「ん?デザートが欲しい?じゃあお支度済ませたら、お外でブルーベリー食べながら待ってて!」って 笑
もう忙しい朝にはうってつけです! 笑

共働き&小さな子どもいる世代こそ、
玄関前には食べられる木を!!
究極の時短技です!

鉢植えももちろんですが、
なんとなく樹形を見ていて思ったのが
真っ直ぐ系の高木の下に置くとバランスがいいようです

東京の狭い敷地に建ぺい率ギリギリで建て、植林スペースが少なかったり、もちろんお隣さん事情もありますから
あんまり隣家との境には高木落葉樹って植え付け辛いものです

本当は私もアプローチの隣家側にも高木を入れたかった〜!
しかしそこはお隣さんのカーポート

葉や新芽の頃の木の皮が落ちてしかも雨で車の外装に付着!ドアの隙間に入り込む!とかありますから、植えない方が絶対に良いです

という造園師さんのアドバイスを聞き
やめました

家庭菜園に使ったらどうですか?
と言われたのですが、とりあえず一年目は何も無し草むしりくらいで放置&様子見

そして昨年の劇寒の大晦日
M氏に依頼してチューリップの球根を仕込んでもらいました

ちなみにこの後M氏は熱出して倒れました・・・やはり私のせいだろうか・・・苦笑 ^^;

FullSizeRender

出ました〜〜!
チューリップ!

ん?これがチューリップ?!

となりそうですがチューリップです

原種チューリップというタイプでして、公園等で良く見るチューリップとは少々違ってます

雑木庭を目指すアプローチにはこのタイプだけを植え付けたかったのですが、
チューリップだ〜!と小さな子ども達には認識してもらいづらいよね…(あと育て難いらしいので)
数は少なめして手間にはいかにもなチューリップを

FullSizeRender

こちらも出ました!

FullSizeRender

こんな風に様子を見ながら登園&出社

必ず目に付くので、玄関アプローチ脇の寄せ植えもいいものですね

少々の水やり忘れにも耐えてくれますしね
地植え、最高です

ちなみに地植えできないインドアグリーンには、危機が訪れてます・・・(^_^;)

危機的インドアグリーンについてはまた後ほど・・・








(08:20)

2018年12月30日



植物は好きなんですが、
育てるのは壊滅的に下手でして

実はこの春に買ったミモザも、夏の暑さ対策を怠ったことと水やり不足により、枯らしてしまいました。。。
その後買ったマーガレットの鉢植え2つも・・・
長男が進級毎に園からもらってくるデージーも・・・もう、最悪母さんです。。


そんな私がどうにか枯らさずにいるのは、約10年前に買ったパキラ1つ
1ヶ月水をあげなかったなんてザラなのに、どうして生きているのかむしろ不思議なくらい
(しかし10年も生きてるのに未だに20センチ程)
結婚した時連れてきました

ということで、我が家におけるindoor greenは小さなパキラのみ
鉢植えは今後も入れられないよね・・・と考えていたんですが



そんな折、

いつも素敵だな〜と思っていた花屋さん(と総称していいのだろうか?)が本に特集組んでると知ったので、少し前の号の『I'm home』を購入しました


FullSizeRender

もう表紙からやられるわけですが、
今回の号はindoor greenということで、美しい家であることはもちろんのこと、その外、そして特に内で輝きをはなつ植物に注目した内容に整ってました


前々から気づいてはいたんですが、
やはり家には絶対的に緑が必要で、だいたい自分が素敵〜と思う建築写真とかにはその画の中にヒョコっと緑が顔を覗かせているんです

様はそんな写真に目が惹かれるわけですから、私は部屋にさりげなく緑がある家が好みなんだー、と改めて気づきました

そうした上で自分の家の中を見渡してみると何か物足りなさというのが全体的に漂っていて、それはもちろん絵やインテリア類の少なさやセンス無さもあるけれど、それ以上に緑の少なさも影響してるんじゃないか?!と結論

!!

というわけで、意を決してこの本のとおりにマネしてみることにしました

FullSizeRender
まずは本の通りに器と植物を用意しまして・・・

今回は用意した植物はヘデラ
お花屋さんでは好みの葉の子を探すの大変そうだし、そもそも近場の花屋はおしゃれというよりは昔ながらのお花屋さんなので、ここは頼りになるメルカリにて購入

すぐ発送してくれるので近頃はメルカリ大好きです

FullSizeRender
土は要らないので(今回は水耕なので)落として、

FullSizeRender
すでにある根は切る、・・・と書いてあるんですがこれ、ほんとうに大丈夫かしら・・・(^◇^;)

あとは器に指して水を入れるだけ
根は水に少しだけつかるくらい
FullSizeRender
おお・・・色々技術が不足してる私にしてはなんとなく見た目はOKな気がします

ものの数分で終わりました

FullSizeRender
ためしにキッチンの上のガラス窓に置いてみました


なんだか部屋の湿度が高くなった気がします
FullSizeRender
パキラと並べて配置

この子の栽培が上手く軌道に乗ったら、この窓にもっとグリーンを増やしてみたいです

そしてその後はもう少し大きな鉢植えも置いてみたい・・・
よし!
来年の目標は枯らさない女ってことにします!


そしていつか理想の室内に近づけますように・・・!



枯らすなよ〜と思われたらポチっと下のボタン押下お願い致します!




(08:06)

2018年12月02日


落ち葉がいい具合にタイルの間に入り込んできました
玄関アプローチには落葉樹が多種あるので、その落ち葉の掃除がどれほどなものかと思っていましたけど、いまのところほぼゼロです

だってタイルから落ち葉を除けるくらいですからね
基本、落ち葉拾いません

FullSizeRender
落ちたら落ちっぱなし〜


さすがに敷地をはみ出て飛ばされた分は回収しときます
隣近所で落葉樹を入れてるのは我が家だけなので落ち葉があったらそれは確実に我が家の木達のせいってバレバレ…(^^;)


落ち葉をなんでそのままにしとくかというと、
今年6月に造園のK師が木とタイルの間に仕込んでくれたのは、砂利でもウッドチップでもなく腐葉土だったからです

腐葉土なんだか、落ち葉の処理もそのまま〜でいいのです
なんて楽!!
ありがとうK師!


もしあの時タイル脇を全て黒那智にしていたら、今頃私は石洗いに頭を悩まされてたかもしれないです

個人的に本当は黒那智の敷き詰めが好きですが、庭園でも美術館で寺院でもなく個人宅での落ち葉と汚れと石との闘いは、幼な子2人いる共働きの今の私にとっては時間制約的に難しいと判断しました

時間とれるならいくらでもやってしまう性質だけど、それをしてしまうと家内の事が疎かになってしまいますからね…(-_-;)

IMG_1812
ああ、でもやっぱり素敵だわ
根はド級の和好き


多分、こういった石がいつもいつも綺麗にツヤツヤしてるのは、日々の細やかなメンテナンスの効果なんでしょう
木の皮一枚落ちてないですもん

木というと落ち葉だけかと思われがちですが、新緑の頃は木の皮の破片が結構飛ぶそうなので、要は通年汚れるもんだ、そんな意識で木と暮らすのがいいそうです

さて、秋の庭木を観察していたら気になる箇所を見つけました

2018-12-01-12-34-32
あら?ヤマボウシの葉っぱが白いわ・・・

2018-12-01-12-34-58
ヒサカキの枝がブツブツしてるけど?


2018-12-01-12-34-02
ギボウシ・・・か、枯れた!?


2018-12-01-12-35-51
イヌシデの根元に気になる木屑が・・・こ、これはまさか!?



まずい!
と思い早速造園師のK師に連絡(LINE)

我が家の造園師様は同世代なので気軽にLINEで何でも聞いて下さいね〜のスタイルのお方

気になった時に気軽に写真付きで聞けるのでこのスタイルは非常にありがたいです
(とはいえK師とは毎年のメンテナンス契約をしているので質問に躊躇しなくていいというのもあるかも)

ものの数分で回答がきました

ヤマボウシの葉が白いのは『うどん粉病』
→ この樹木がかかりがちのものなのでそこまで気にする必要はないとのこと

ヒサカキの枝はもともとこんな風
→ 完全なる私の勘違い^^;

ギボウシはこの時期枯れ、春に新芽を出す
→ このままで問題なし

イヌシデの木屑近くの幹に穴があるかどうか?
→ テッポウムシの疑いあり!!

イヌシデが一番危なげな様子ですが、
私の調査では穴はどこにも見つけられず…
木屑を散らしてまた積もるかどうか後日再調査することになりました

K師も穴が無ければ問題ないですよとのこと


ああ・・・どうかテッポウムシいませんように・・・


木達も冬支度です

FullSizeRender

木達にとって初めての冬
どうかこの地に馴染んで元気に越冬できますように・・・


うーん
来年は蜜柑の木とか欲しいなぁ


この時期庭に蜜柑がなってるお宅がうらやましくてしょうがないです(笑)

食べられる庭

やっぱりこれ最強ですね


(06:57)

2018年11月27日


今朝、
窓から見えた色が綺麗でした


FullSizeRender

賃貸時代には味わうことのできなかった風景にしばしぼーっとしましたが、ここはトイレ

あまり長々いるのもなぁと思い、この色の正体は誰か?と外に出てみますとアカシデの仕業だったようで黄色に色づいてました
FullSizeRender
緑からのグラデーションが美しいです


対して一番期待のイロハモミジの紅葉はまだまだのようでアカシデとの黄色赤色のコンビネーションは今年は見れなさそうです

FullSizeRender

ここ1週間で私が住む東京の田舎(西側)も随分と気温が下がってきました

特別仕様の断熱ではなく非常に普通断熱の我が家

さすがに朝夕に暖房をつけ始めました

M氏が選んだDAIKINのエアコンは高機能であっという間にリビングが暖かくなります


ですが、我が家は『玄関フロアに吹き抜け+スケルトン階段で二階と繋がってる』ので、はっきり言って玄関フロアは冷えます…
(玄関フロアの南側にはオンボロアパートが建ってるので陽射しの恵みは見込めずなおの事)


そんな中でもエアコンをつけるとすぐに半袖になるM氏…上着は要らないという子ども達(男児)…いったい彼ら(なのか?男性というくくりなのか?)はどういった体の構造をしているんでしょうね

女の私は足腰の冷えが酷いので(歳ね…完全に歳ね)

今年は冬支度として、こんな物を家に投入予定です

この時代にまさかの石油ストーブ!

今年の1月に引っ越したばかりの頃は生活を整えることでいっぱいいっぱいで投入できませんでしたが、その時から計画していました

我が家の『玄関フロアに吹き抜け+スケルトン階段で二階と繋がってる』にはぴったりなんではないかと!

暖かい空気は上昇するというので、じんわりじんわりと玄関をあたため、そして自然と二階も温める・・・そんな事を期待しています


石油ストーブというと
  • アラジン
  • トヨトミ
  • コロナ
中でもアラジンの見た目の良さには惹かれますが・・・

憧れのブルーフレーム!
FullSizeRender
レトロさがたまらん
しかもこの写真、懐かしの祖父宅そっくりすぎて涙が出る
どうでも良い私の本当の理想の家は今は亡き秋田の祖父宅だったり

FullSizeRender
もし我が家が買うなら黒もありね

FullSizeRender
炎が美しい…多分ずっと観てるだろう

が!しかし、見た目が良いもの、宣伝に力が入ってるものにはあれがつきもの!

そう!
高い!高いのよ!!

アラジンは5万するが、
コロナはわずか1.7万
その差は私には絶壁のようにあまりに違いすぎます…

まぁ、見方を変えればね、
コロナだって十分レトロですからね…と慰めつつも、
石油ストーブの他にも色々と改造しようと計画している私の懐は寂しいというのが本音です

そもそもこのストーブあったか計画がうまくいかは投入してみないと分からない事で、うまくいかなかったとしたら高いインテリアになってしまうので、ここは自粛しておきたいと思います。。

あ・・・しかし、今記事を書くためにアラジンサイトを見たらやはり心が惹かれてしまったわ…^^; 
うーん…やっぱりアラジンのが素敵だ!
だから見ないようにしていたんですけどねぇ〜
早くコロナをポチらないと!!

ちなみにコロナを買うとしても実際にはコメリ版にしようかと計画中です
コメリ版ってだけで1.5万円になるので非常にお得感
どうせ安く済ませたいならトコトンいかないとね


ついでに女性ならではですが、今年は240デニールとかいうタイツを購入し早速投入中

なんだか衣類が12/3まで15パーセントオフらしいですってね

腹巻付きというのと一枚づつ買ったのですが、これがあまりに個人的にはヒットだったので安いうちにもう少し追加しておこうかな


そんな私の冬支度です


IMG_1775








(12:48)

2018年10月28日


先日の記事
過去記事:無傷じゃなかった台風24号・屋根補修の費用
で、
屋根補修には屋根の張替え&ジョリパットの塗り直しが必要

その代金が63,000だと書いたのですが

完全私の早とちりでした…(^_^;)

確かに屋根補修にはジョリパットの塗り直しが必要となるのだが、それだと大ごとになってしまうので、上から屋根を重ね、外壁との境はコーキングする別案はどうでしょうか?と

その代金が63,000だということ


見積書には鋼板取付代金との文字
ジョリパット塗り直しまでするにしては安い?と思っていたので、納得しました・・・
※先日の記事も訂正しました


だとしてもやはり払いたくない屋根補修代金です
引き続きどうか保険が降りますように


しかし地味に気になるのはジョリパットとの隙間をコーキングで埋めるという施工です

この境がコーキングになる?
どれ程の幅かにもよるけれど、なんか雰囲気、崩れないかしら・・・
FullSizeRender
ますます、数軒先のオンボロ住宅が恨めしいことこの上なし・・・!
おたくの屋根が飛ばなければこんなことにはならなかっただろうに・・・ブツブツ・・・


 
屋根のことを思い出すと心が荒むので
庭木でも見て落ち着こうかしら・・・

IMG_1516

少しづつですが、葉が色付き始めました

でもモミジはまだです
IMG_1517
紅葉するのが楽しみです









(07:43)

2018年08月02日


6月頭に造園師K氏に植えられた我が家の植木達ですが、
梅雨の雨にも台風の風にも初夏とはいえぬ猛暑にも耐えつつ、日々スクスク育っています

玄関前に植えられたブルーベリーもなんとか紅く実ってきて、ちらほらと食べごろな実も揃ってきました

やっとこさ育ったブルーベリー第一号は大切にとっておいたら鳥に先取りされてしまいまして、
それからというもの・・・

IMG_0838
もはや我が家でブルーベリーの強敵は鳥ではなく、人間の子どもたちのようです・・・

明日の朝ごはんでヨーグルトにのせて食べようね、と言っても
『とりさんにたべられちゃうよ!』

せめて家に入って容れ物持ってきてから取ろうよ、と言っても
『いま食べたーい!』


そして、もぎもぎもぎもぎ・・・・・
IMG_0839


『ふぅ〜〜、美味しかった♪』
『さぁ、家に入ろう』


完全に野生児やがな・・・(^^;


まぁこれで晩御飯にデザートをねだられないで済むわけですからお特なもんです(え?)

庭先というより玄関前のブルーベリー
ちょっと子どもが野生児になるリスクはありますが、出入りのたびに目につくので食べ頃を見逃すことなくお勧めです

・・・と書いて気付いたけど、ちょっと忙しめだったり、元から草木に興味が無かったように人間には、生活の通路である玄関前に庭を作って植林するのがいいかもしれない

それなら絶対に目につくからね
落ち葉あったら拾うし、水遣りも忘れないし


生活動線、家の外でも大切です


IMG_0842


そうしてやっと私の手に残ったはこの数粒でした
これじゃマフィンに混ぜるのは無理か・・・
わびしいけどトッピングにしました。。

いつかごっそり取ってマフィンにいれたいわ・・・


庭木を考えてる方いましたら、
ブルーベリー、食べれるしお勧めです


いつもポチポチありがとうございます!!
結構ブルーベリーは人気あるようで、同カテの方々の家にもよく植えられているようです


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング


ちなみに、
和製のブルーベリーでこっちも食べれますよ〜〜とK氏が言った『ナツハゼ』は、
実は付きますが、どうにも紫に熟れるというよりはカサカサに萎んでしまいます

どうしてなんだろう?
植え替えて1年目だから?
養分が足りないのか?
それとも水遣り??


さすがに我が家の野生児達の食指も動かないようで、
西洋のブルーベリーの方がおいしいね〜〜
ともっぱらあっちの子ばかり食べられてます

頑張れ、和製の子!!
IMG_0531






(16:13)