工務店探し

2018年12月27日



ちょっと前になりますが、工務店の設計士Iさんが久しぶりに我が家にいらっしゃって、小屋根裏収納と一階収納スペースへの追加工事について相談に乗って下さいました

事前にイメージ図を送っていたので、その細かい仕様決めや懸念事項などの説明、そしてざっくりとした見積もりについてなどなど

昨年の建築依頼当初の打ち合わせと比較して、要領を得たこともあり私の不要な話題も少なくなり、今話すべき事に絞って要点を押さえての相談でしたが、あっという間の3時間でした
FullSizeRender
小屋根裏にかける予算は約10万です

これにのせるためには何をどう削るか、誰に依頼するか、やはり自分でやるべきか・・・

とりあえず、今回の私のポイントとなるはずのこの素材
ペーパーウッドは、あえなく却下になりそうです。。。

FullSizeRender

うーん。。。

これを入れたいから、やろうと思ったんだけどなぁ
さて、どうしようか

詳細な見積もりが出てから、再検討してみようと思います



やはり設計段階が一番楽しいですね
金額さえ考慮しなければ(^_^;)


(16:13)

2018年12月09日


先日楽天SALEなどで買った物が続々と配達され一時的に我が家の玄関に段ボールの山ができてます…

なかなかの山具合に自分でも引いてしまってるんですが、その山を見ながらあまり一度に沢山買わない人間なので、もちろん計画済みの金額範囲ではあるけど少し支出が気になるのでした


支出というと、近々家自体に対しての更なる支出が発生しそうです

先日久しぶりに工務店の設計士Iさんに連絡をしました

要件は2つ
・一階リビング収納への稼働棚の設置検討
・小屋根裏への稼働棚含む作業台の設置検討


我が家は、洗面エリア収納とキッチン収納に対しては、事前に稼働棚や固定棚の割り振りをきっちり検討し、取り付けを依頼していました

でもリビング収納と小屋根裏に対しては、その時考えられる範囲での最低限の棚しか設けていません

リビング横の収納棚はこんな感じで、まさに突っ張り棒で試してみたりしてます
FullSizeRender
美しさのかけらも無い画で申し訳ないですが、実は今はこれの10倍くらい酷い有様をしています・・・
突っ張り棒の耐久性と引っ掛け物重量が合ってなく良く落ちるというのが原因の1つでもあります


なぜ初めから固定棚にしなかったのか

というと、結論を言うと『単純にその時考える余裕が無かった』という事なんではあるんですが

家屋の設計段階で収納物を確定できてる場所なら決めやすいです

でもその時に応じて変化する可能性がある場所への取り入れは『自由度を奪うかもしれない!』としかその当時考えられず、稼働棚なんだから使わなかったら棚を取り外せばいいじゃないというのすら(棚代が)勿体無い気がしてどうしても不安が拭えず
だったらあえて何もつけずにとりあえず放り込んで暮らしてみよう!
とそんなモノでした
ちなみにそう言うとM氏は『いいんじゃない?』と言ってた気がします


そして入居し生活し始めてもうすぐ1年
そろそろ使い方も決まってきたので、棚新設というわけです


ざっと考えてるイメージを図におこした後、
さて、これをどうやって実現するのがいいか?

と考えた時よぎったのが工務店の存在


我が家がお世話になってる工務店は、(まぁどの工務店もそうだと思いますが)家を造ったら終わりではなく、その後も気兼ねなく追加の工事依頼ができる関係です
実は今回よりも前に2、3箇所追加工事を依頼した経験あり

学生時代より自部屋を塗ったり貼ったり改装したりしていたので、『自分で企画して資材揃えて作る』要はDYIの事はどんなに楽しいかは体感しているのですが、でも家造りを通して知ったのはやはりプロの存在とその仕事の精度と速さです

当たり前ですが、プロは違いました
圧倒的なその仕上がりにもう自分の拙さといったら…

そしてもう一つ大切なのは、今の自分には意外に時間が割けないということ
出来ない事もないが、いざとなると非常にこだわるのでかなり先の完成になってしまいそうですしね

これは人それぞれ考えが異なることだと思いますが、ただ

家が出来上がっても、
ほんのちょっとの事でも相談
なんなら工事を依頼

そんな事をかなりフランクにできるので、工務店の魅力というのはアフターフォローという箇所にも非常に安心感高いものがあると、
工務店と家造りをして自分達は本当に良かった、
と感じています


もちろん建築家と建てるのも、ハウスメーカーでも建売を買うでもその奥に施工してくれた工務店がいるのでそちら通して依頼するのも良しですが、私としては直に同じ作り手に聞けるというのが非常に魅力的です


…と私は一方的に思っているのですが、果たして工務店としても同じであるかは若干不明ではあります

実際のところ、お世話になってる工務店さん、今に限らないと思いますがお忙しいらしく、終わった我が家の検討や見積もりにお時間をかけて頂くのも非常に心苦しいところもあるのですが…^^;

でも頼りたくなる、話をしてみたくなる、打診しても良さそうな雰囲気を出してくれてる、そんな有難い工務店だとしみじみ思います


ということで、工務店、非常に素敵です


FullSizeRender

まぁ見積もりを見て諦めるかもしれませんが、
まずはプロの意見を聞くところから始めてみようと思います





追加追加なんて書くと、改めて設計当時の自分の考えが足りなかったただそれだけ、って風にも見えますね・・・^^;

まぁ個人的には昨年の大工工事後に工事ロスになるくらいプロの工事を見るのは楽しみの1つでしたので、『あの時考えが足りなかったー!』『失敗だー!』とは思わないかなりポジティブ思考で



(07:08)

2018年10月20日


先日、
広島住宅総合館』という
広島の家づくりをサポートしてくれる地元優良工務店のカタログ一括資料請求、イベント申込、おすすめ物件へのお問合せが一度にできる便利な住宅ポータルサイト
から依頼がありまして

このblogの記事をそのサイトに掲載しませんか

とありました

???
果たしてこのブログに、そういったサイトに転載されるような意味ある記事があるのか??
これでいいのか??

と疑問が浮かびましたが、
少し考えた結果快く引き受けまして現在掲載が始まっています

その元の記事はこちら

《レイアウト》洗面所とキッチンと収納の関係


なんだか片手間に書いたようなボリューム感じられない内容ですが、せっかく載ってるので何か頭の片隅にでも引っかかってもらえたら、いいなと思います


そういえばこのブログ
私の家造りの記録くらいの気持ちで始めたブログなので、当初から目を止めてくれた人への配慮は少なくて、今でもそれが続いています
何かを宣伝するつもりもなかったのですがね

なぜ『広島住宅総合館』からの依頼を受けたのか?


それは、
私も今回我が家を建てるにあたり、
似たようなシステムを利用したから
です

私達も不動産会社から紹介されたビルダーには今ひとつ興味を持てず、期限迫る中施工依頼先に悩んでいました

そんな時にそのシステムの担当者さんに、こちらのイメージや希望、予算感などを元に数ある中から工務店を3つ紹介してもらいまして、その後も中立的な立場から工務店を評価し、得意とする分野やデメリットになるかもしれない点を教えてくれたり…と非常に助かった経験があります


ということで、似たような工務店紹介サイトならば、何か役立てるのならといいかもねと思ったんです

私は東京なので利用はしていませんが、
ここに記載する前にサイト全体を確認すると、非常にわかりやすい構成になっていて工務店の資料請求もしやすそうです


そこに登録されている『17社全ての資料が送られてくる』ということなので、その後の選定はあくまで個人の作業なのかな?

まぁ、しかし17社くらいならば、
資料である程度対象を絞り、その後2〜5社くらいの実物(家と工務店の人柄)を見ていく、ってのもそこまで苦じゃないかもですね
希望と合致するのが無ければまたネット等で検索したら別の工務店も出てくるでしょう

あと本がもらえたり(そういえば私達も貰ったなぁ)、QUOカードが貰えるなども少し美味しいので、
ちょっとその後の連絡され具合はわかりませんがお近くにお住まいで住宅施工会社決めに悩んでいるなら一度利用するのもいいかもですね

お近くにお住まいでしたら是非どうぞ↓
《PR》


そういえば、

私達は
大手ハウスメーカーはコスト的に避け、
不動産屋推薦のビルダーも辞め、
かと言って建築士に頼める程の予算もなく
(本当はM氏と2人好きになり、設計してもらいたかった建築士さんがいたんですが、その中立紹介担当者さんに『この先生に頼むには少しご予算が足りません…』とやんわりと教えてもらいましたっけ・・・(^-^;)


途方に暮れそうになってたので、そんな予算感の人にとっても工務店紹介というのは、とっても頼りになる存在だと思います


あ!
しかし、工務店が安いわけでは全くないで、そんな視点でのみ選ぶとこれまた注意ですね

工務店さんは、独自のこだわりを持っていたり珍しい技術が集結してるイメージなので、多分コスト的には中〜高じゃないかな、とも思います

我が家的なコストだと、いったいどこで建てられたのかなぁ・・・

まぁ、施工会社選びの前に建設予定地に価格差があるので、土地に金をかけねばならないのか、そうではないのか、それによりその地域に集まる工務店さんの価格水準は変動してそうです




そういえば、設計途中段階からこのブログを始めたから、施工会社決めのところは何一つ記録してなかったなぁ

自分が利用したシステムの紹介の前に別のシステムを紹介してしるしね・・・ハハ( ̄▽ ̄;)


忘れないうちにそのシステムの事でも書いておこうかなぁ


ちなみに広島住宅総合館での私の記事の掲載ページはこちらです
奇特な方がおりましたら是非どうぞ…
『広島住宅総合館』紹介 - 住まいのブログ

なんだか自分の書いた文字が載ってると不思議なもんですね

ここに紹介されてる他のブログさんの記事も全て読みましてね、
個人的におおっ!と思ったのは『レンジフード無しのキッチン』についての記事でした

あの当たり前だと思っていたレンジフードを無くすと、こんなにもフラットで奥行き出てスッキリなんだなぁ、とその見た目に感激です

そして私が過去見たことあったレンジフードの代わりの排気システムとはまた違ったもので、これまた非常にカッコいい!!

自宅の換気扇がこれだったら・・・
タイルの壁にこれがついてたら・・・
とヨダレ出しそうな顔で想像してしまいましたわ( ´ ▽ ` )

制限あるとしたら、それはIHでのみ採用可能であること
ですかね

ガスにこだわった自分には、縁を持てなかった排気システムでした。。。

気になる方はこちらの記事です↓
レンジフードのないキッチン

何かを求めれば何かが出来ず、機能的な部分についてはしょうがないですね
ともあれ、私は今のキッチンで満足です
誰も家が出来たらそれ以降しばらくはそれが一番ですよね〜♪( ´▽`)


《PR》





(07:03)

2018年10月09日


三連休の最終日
住宅展示場に行ってきました


FullSizeRender

え?!あなたこないだ工務店で家建てたんでしょ?!


もちろん新築の為ではなく、実は住宅展示場で催されてたTOMYのプラレールイベントに参加するのが目的でして…^_^; ハハハ


しかし住宅展示場ってば色んなイベントしてるんですね

各ハウスメーカーのモデルハウスを巡り、スタンプを集めると抽選で外れ無しでオモチャが貰えたり、お菓子を貰えたり、焼き芋が貰えたり・・・とかなり豪華な待遇なので、子供じゃなくとも暇があれば図々しく通いたいくらいです
(そのかわり住所氏名、収入などなど、かなりの個人情報を明かすことになりませんが…)



住宅展示場に行くのは今回で二度目です

一度目は学生の時のアルバイトですので、お客として行くのは初めて
(あ、、イベント目的だから正式なお客じゃないか;)


住宅展示場を訪ねなかった


今回我が家を建てるにあたって、施工会社を決めるまでに一度も住宅展示場には行きませんでした

それはなぜか?

1つに、予算の問題が大きかったです

大手メーカーには正直手が出せない
さらに言うと自分たちが思い描くような家を大手メーカーで建てようとすると完全に予算オーバーだと事前の調査でわかっていたからです


安全に子供達と暮らし、そして老後にカツカツしないよう考えはじき出された家にかけられる予算は大手メーカーにとっては微々たるもの…
長くお世話になってた不動産屋の営業さんとの会話から、地元のパワービルダーでの施工を検討してました

いくつかプランを出してもらいつつも結局そちらで施工はお願いしなかったのですが、そのモデルハウスを見たり建売住宅を何件も内覧してました


住宅展示場に行かなかった理由の2つ目は、

高いものに目が奪われるのが怖かったから、です

『イイな』と感じてしまうと、それに憧れ固執しがちなタチで、そこから離れるにはそれなりの時間を要するか、又はそれを超える何かを見つけるまで心が向いてしまうので、要は目を肥えさせたくなかったとも言えます(笑)

しかも、何気にM氏も近いタチなので、夫婦揃ってこのモードになるのは非常にまずい

ということで住宅展示場は避けてました


あらためて住宅展示場に行く


しかし、こうして施工後に住宅展示場を訪れ、大手ハウスメーカーの高級ラインのモデルハウスを見てみると建てる前には思いもよらなかった視点で見れるのでとても面白かったです


いくつか覗いたモデルハウスでは、それぞれ驚きの設備&間取りでもうワクワクが止まりません
M氏曰く一軒見るのにすら驚く程時間をかけていたらしく、完全に呆れられました。。。
だってすごかったんだもの。。


面白い間取りであったり、造作キッチンやら、タイル貼り、露天風呂に、でかい土間、これでもかってくらい置かれたYチェアやバタフライスツール、囲炉裏に、造作階段、無垢床に玄関には大谷石の嵐!!
(私は見てないけどM氏曰くモールテックスの室内壁もあったらしい)

コストコストばかり考えて見に行くことをやめてましたが、もっと家の可能性を肌で感じる事ができる場所だったんだな、と改めて気づきました

メーカー毎の違いとかも面白いですしね
こんなワクワクさせられる事があったなら、建てる前に来ても良かったなぁ

煌びやかなモデルハウスと敏腕な営業トークの虜になるかもしれないけど、せっかく新築
これから建てる予定の方がいましたら、一つ覗いてみるのもまた面白いかもしれないです


家ってイチから建てたらこんなこともできるんだ!
という可能性にワクワクできるので住宅展示場に行って損は無いと思いました


あと、どのモデルハウスも外構や玄関床辺りへの力の入り具合は凄いので、外構の素材感や規模感をはかる意味でも行く効果ありそうです

外構はカタログではなかなかイメージを形成しにくいので、完成形が観れるというのも美味しいですね






ちなみにどうでもいい話ですが、
私の学生時代のアルバイトとは、
年末年始の住宅展示場での短期アルバイトでして
1日8千円程で昼食付き、仕事内容はモデルハウスの前での呼び込みとアンケート依頼、そしてスムーズに営業さんに引き継ぐというものでしたからなかなか割のいいバイトでした
おかげで卒業旅行費をたっぷり稼げました

休憩時間は住宅メーカー毎の違いを見て回ったり、営業の驚くほど上手な言葉回しや裏側での会話やノルマの話など・・・就職前の学生には興味深いもので・・・

今思えば昔から住宅が好きだったんですかね

ちなみに私がアルバイトした会社は住林で、モデルハウスならではの冒険心溢れるチャレンジングな間取りをしてました
今でも覚えてるんですが、玄関開けると目の前にバカでかい噴水があってそれをぐるりと回る吹き抜け階段がありました
学生なりに『湿気大丈夫か?!』と心配しましたが…


こんなことも出来るんですよ〜!というアピールする場としてモデルハウスは本当に面白い場所ですね


まぁ、我が家にとっては、住宅展示場じゃなく何処を見ても、その後予算と折り合いつかないという現実に落とされたんだと思いますが…

あと、M氏と私とで好きなハウスメーカーがズレてたら、それのすり合わせにも心が削られそうな予感…^_^;

ま、結局は今の工務店と出会えたのでそれで満足満足
どこにせよ出会いは大事ですね



(13:04)