・メンテナンス・追加工事

2019年05月01日

令和になってしまいましたね

GW3日目は子ども達の楽しみにしていたイベントへ行き、4日目はイベント後の遊びをし、そして5日目の今日はM氏は出勤です
令和元年1日目に出勤、お疲れ様です

そして世の中沢山の人がGW関係なく仕事しているのでしょうね、本当にお疲れ様です

私はというと、変わらずのんびりとさせてもらってます

今回は我が家に1つしかない洗面ボウルの掃除についてです

IMG_3269

洗面ボウルが1つ?
2階に手洗い場はないのか?

と思われるかもしれませんね・・・
はい、2階建ての我が家ですが
トイレは一階に一基
風呂場は一階に1つ
その隣の洗面エリアに洗面ボウルが一つ

つまりは2階には水道配管を巡らせていない、一階のみのシンプル構成です

2階で寝てるのにトイレが近くにないの?!
不便じゃない?!

と色々意見はありそうな話題ですが、ひとまずそれは別のタイミングにて…今回はおいといて

洗面ボウルには撥水コーティングを!

FullSizeRender

と思って、
(多分当時の私が、お掃除系のアメブロガーさん方の記事を熟読していて感化されたんだと記憶)

実は入居前からキットを買っていました

あれ?こんなに安かったかしら?
1年半前に買った時は千円超えていたような??


入居前の汚す前にコーティングしてしまえば、コーティング前の掃除が省けて最高じゃないか?!
と思ってたんですが、

引き渡しを受けた後に(というか工事中設置したあとの時点で)既に水垢?ウロコ?がついてましてね・・・

設置後、水道管と繋げた後に工事屋さん達が水を出したりしたんでしょう
その時の水が残っていてウロコになったんだと思います

しかも工事中は結構砂埃が舞っていて、養生していても汚れが付着してますものね〜


じゃあ引き渡し前のハウスクリーニングで、綺麗になるんじゃ?!と期待していたんですが、これが私の期待には全く添えないレベルのクリーニングでして・・・

工務店が悪いわけでは決してないです
が、
正直クリーニング代金をその業者に払うなら、私がやりますからその分を私にください!と思いました・・・よっぽど隅々まで綺麗に掃除しますがな

まぁ、私には道具が無いですし、業者様は限られた時間の中で仕事をするわけですから、施主が思う程の細部エリアには手と目がまわすことは出来ない、しかしその分全体的な所では綺麗にクリーニングされている、というのが妥当な評価だ、とも思います

とはいえ、標準で掃除すべきだと思う部分が手付かずだったりとクリーニングに関しては結構モニョモニョ思ったことあったので、愚痴がましくなってしまいましたね……すみません、この話題も今回はやめておいて

思ったより綺麗じゃなかったから、その状態で撥水コーティングなんてできないわ〜お掃除してから、、と考えつつ、あれやこれやと別の事柄に時間をさき、気づけば1年以上経過

二、三ヶ月に一度、流石に汚れたなぁ〜と我慢できなくなったところで洗面ボウルを柔らかスポンジで掃除する程度

すると、水気をタオルで拭いた後がこんな感じです

FullSizeRender

ついてますついてます

元がピカっとしている陶器だから余計にスモーク具合がわかりますね

クリーナー箱書きの説明を読みつつ、まずは汚れ落としです

FullSizeRender
先に軽く手持ちの風呂用洗剤で表面の汚れを落とし…

IMG_3266
付属のクリーナーでゴシゴシ・・・

付属のクリーナー(研磨剤入りのよう)あるし10分くらいやればツルピカになるかと思ってたんですけどね・・・

綺麗といえば綺麗だが、まだ落ちきってはいない様子・・・
FullSizeRender

FullSizeRender
全体的にスモークかかってます・・・

この上に撥水コーティングをしてしまうってことは、この汚れがある意味保護されるわけですよね?

しかもこのキットだと保つと3年も・・・ゾッ

いやだなぁ

ゴシゴシ・・・
ゴシゴシ・・・・・
ゴシゴシゴシゴシ・・・・・

ん?何か薬剤使わないの?
つけ置きしないの?
とここで思われた方

実は私はただ拭く・磨くという動作が好きな人間でして・・・
水垢、ウロコ取りにはクエン酸やら重曹やらでつけ置き、というのが定番だそうですが・・・私つけ置きより拭くのが好きなのです

掃除のためにクエン酸や重曹を買うのすら億劫なのです
棚の中に掃除道具としてクエン酸やら重曹を置いておくことも好みではないのです
なんかそれを見る度に掃除せねばとタスクが溜まる気がして嫌なんだと思います

変なところを億劫がるくせに、拭く動作は全く億劫じゃないのです

時短とかもちろん好きですし、
仕事をする上ではその場に合った効率的な考え方、動作を常に意識実践していますが、この掃除は仕事ではないですしね
何か根が時短が求める理由とは異なってるんだと思います


ということで、今回の私の武器は、
たまたま買っていた撥水コーティングキットに入っていたクリーナー、
捨ててよいタオルとメラミンスポンジと水

私にしてはクリーナーがついてるし上出来です
また変な話題に脱線しましたね・・・すみません、この話題もここらでやめておいて



かなりの時間※ゴシゴシしました結果
IMG_3268
この状態

うーん、、しかし手触りがまだ違います
顔を近づけるとやはりまだウロコ・・・!!
IMG_3267
なんて恐ろしい子たち!!

しょうがないです
拭いてるだけですもの^^;

ひとまず、今日はここまでで退散です。。

掃除をするにあたり、私的な決め事がありまして
一箇所の掃除には最大30分程度まで

体と心が疲れてしまい、
その後続かないこと、
そして掃除自体が嫌になってしまうこと
を避けるためです

ただでさえ、つけ置きしないのですから。。

IMG_3269

1年放棄してきたウロコはさすが強いですね

特別な薬剤を買わず使わず、ただ拭く事による掃除が好きな私にとって、ウロコの一年放棄は危険でした

次からはもう少し早めサイクルで短時間で綺麗を保つ掃除に努めようと思います


さて、あと何回拭き拭きしたら90パーセントくらいのウロコ取りができるかなぁ・・・

GW中でのコーティングを目指そうと思います!

※ 2時間
洗面ボウルのカタラーノが大きいのでね・・・完全にやられました。。






(05:48)

2019年03月07日



先日、1年目点検を終えまして
その後の補修としてクロス屋さんが来ました

事前に工務店から通達されていた箇所以外にも気づいたものを修正して下さり、生活する上では全く問題なんてないけどでもよく見ると気になるなぁ〜なんてクロスの浮きなどが無くなりました

これが意外にもスッキリ

生活に支障はないけど、やはりなんとなく目が行ってしまってたところがなくなるだけで、結構違うものですね


我が家においてはさほど酷いクロスの浮きなどはまだまだ無かったようで、あってもこんな風なつなぎ目の補修で終わりました

FullSizeRender
アフター写真が無いのですが、この線がなくなるイメージです


この線はどこにあったかというと、
レンジを置いておいた裏側です
FullSizeRender
キッチン横のパントリー(という名のただの稼働棚)の向かいで、そこには旧宅で使用していたキッチン用棚を、そして上にはレンジを乗せてました

やはり湿度の変わりやすいところは、クロスにも変化が出やすい?かもです


補修のためにはレンジが邪魔!ということで、
こんな風に一時避けまして・・・
FullSizeRender
あら、スッキリ!!

とさせてから作業をお願いします

そもそもこういうのは事前に準備しておくのかもしれないですね
我が家は作業に当たれる場所をやってもらってる間に家電移動などしてましたが・・・(^_^;)
ま、間に合えばOK?


作業の為にレンジを移動させたところ、
その台がスッキリしてなんだか気持ちが良くなったので、レンジがあった場所には現在増殖中のグリーンを置くことにしました
FullSizeRender
ひなたぼっこ中のグリーンたち

レンジはというと、絶賛整理整頓中のパントリーに配置換えです
ちなみにレンジはパントリーに置くことも設計段階より考慮していたので、パントリー内にはコンセントの穴やアース線の繋ぎ先があります
キッチン周りでよく聞くやっておけばよかった談にはコンセントが上位にくるので、私も設計段階では過去の意見をもとに良く検討してました
懐かしい…!


レンジの扉は右開きなので(そもそも左開きというのってあるのかしら?)、レンジの右側にワークスペースを開けておくのがいいのかな?
それとも手前がいいのかな?
そんなにスペースいらないかしら??

そんな感じで置き場を検討中です


パントリーの様子はまた近々にでも!





(16:03)

2019年02月23日


あっという間に2月も半ば過ぎですね・・・なんて早い…ブルブル…!!


更新もせずに何をしていたかと言うと、
ひたすらマフィン作りに勤しんでおりました

あ、趣味なんですマフィン作りが


ある日は定番の安定バナナ

FullSizeRender

そしてバレンタインに向けての試作に試作を重ね日に2回(朝、夜)作成していた抹茶チョコマフィン
いや〜流石にこの時は仕事中眠かった…!

FullSizeRender

混ぜ方を変え、膨らみやキメを確かめる日々・・・
FullSizeRender

M氏に日々感想を依頼していたくせに、
バレンタイン当日朝に作ったのは、チョコマフィンという・・・M氏には『え?!何故、変えた?!』と驚かし、『抹茶の方がバランスが良かった』との意見を聞き、翌日また抹茶を作り直すという今年のバレンタインでした

もう『 バレンタインデー』というより『バレンタイン週間』な我が家
さらにその近くにM氏の誕生日もあるので、恒例のチーズケーキも作るというカロリー週間

FullSizeRender

しかし柚子入りチーズケーキは流石に子どもに抵抗あった模様・・・そのくせしっかり平らげていましたが・・・


さて本題の家事情はというと、このキッチン横のパントリーです
サイズは、奥行き600の幅700程
稼働棚のみの見え見えな収納場所です


こちらの使い勝手をさらに向上させるために、先日工務店に棚板を一枚追加で依頼しまして、それが届きました

FullSizeRender

恥ずかしげもなくありのままを写真に撮り載せてます・・・
改めて見ても、・・・凄い有様ですね・・・
それともこんなの普通なんでしょうか?
私の場合は普通なんですが、お家整理系の方のブログを見てると本当に綺麗なパントリーばかりで収納なのにため息ものですから、その後自分のパントリーを見ると恐ろしくなります


でも、私としてはこれが意外と使い易いのです


まず見た目は置いといて、
個人的には今現在の目的のモノを「取る」という『ワンアクション』が動きに無駄が無くて好きです

そりゃただ置いてるだけですからね…^^;
収納量を上げようとか考慮できてませんからワンアクションで取れるのは当たり前なんですが

収納カゴなどに綺麗に収めてしまうと、見た目はスッキリしますが、
空間の空き具合によっては
「容れ物を引っ張る」→「取り出す」(→「容れ物を戻す」)という『ツーアクション』もしくは『スリーアクション』になってしまうのがどうにも気になります

特に布巾系を取りたい場合は、先に手が濡れてるケースも考えられるので、収納箱が濡れるのも気になりますしね

こういったモノは取りやすいに限るのですが、見た目との兼ね合い(特に誰か来た時とか)になるので私として収納のジレンマです

もし家族にも家事を協力してもらいたいならば、そのルールを皆にも求めてしまうわけです

そうなると、誰もがどこに何を収納しているか分かるよう箱にネーミングシールを貼るとか、そういった事が必要になってくる気がします

使い易くするためにモノを収納するのか、綺麗に収納するためにモノを入れるのか、
どっちに比重を置いた収納か?
が家族の中でしっかり認識合わせられたら問題無し
しかし疑問に思われたとしたら、積極的な協力は求めにくくなると思うので要注意です
(しかもこう言っては偏見ですが、我が家は男3人に女1人の男比重大きめなので、『面倒くさい』と思われたらおしまい!そんな思いです)


しかしオヤツ系やカップラーメン類はむしろ箱に入っていた方がいいんでないか?と最近思い始めました

嗜好品は『手間がかかる』方が、無駄に食べなくなる可能性が上がるんじゃないかと・・・見えるとこにあると食べたくなる心理ですね


ということで、入居して1年経過した上で、このざっくりしたキッチン収納スペース(奥行き600、幅700)を、我が家なりに使い易く、そしてもう少し見た目も良く、置き直したいと思います


キッチン脇にこれくらいのスペースがあるとこんな感じに物を収められるよ〜という参考にして頂けるよう、上手くできても出来なくてもレポートしてみようと思います


FullSizeRender

ちなみに、
抹茶のマフィンは子ども達にも意外にウケが良く、もちろんM氏にも高評価
我が家の定番になりそうです
これはどうでも良い話ですね


それよりも今日は、工務店のK監督が来てくださり、我が家の一階のキッチンとは違う収納スペースに稼働棚を作りつけてくれました!

こちらはかなりいい具合なので、間を開けずにレポートしてみます!


パントリー収納、ちょっとは期待してるよと思われましたら、下のボタンをポチっと押してみめください!
よろしくお願い致します!!







(16:19)

2019年02月10日


1年目点検を迎えるに際し、
やっておいたことがあります

室内および外構で使用したタイルの真物を床下にしまいました

FullSizeRender

600×600タイル等は非常に重いので台車に乗せています

台車はこちらを購入
と言っても実際に外から部屋に持ち込み台車に乗せたのはM氏なのでその労力はどれ程だったかと想像するのですが・・・ひたすら感謝です

台車に乗せているので、床下でもコロコロっと自在に移動でき、点検時にも邪魔になりません


タイルの保管場所は床下

台車と組み合わせて、さらに快適です







(10:56)

2019年01月10日


朝から嫌な予感はしていたんですけど、
昨日は本当にダメダメな1日でした。。

長男の幼稚園の予定を失念し
次男の保育園の荷物を忘れ
駅で滑り
職場に携帯(2つ所有してるうちの一台)を忘れ
幼稚園で滑る

・・・私無事帰れる?と心配しました


とりあえず、仕事でミスしなかったのが救いです。。


ということで、
一年目点検の日程が決まったので、
こちらはミスしないように
点検前に事前に見ておこうかな〜なリストを個人的にあげてみました


  • 屋根
  • 外壁
  • 外構
  • 壁紙、コーキング
  • ドアなど鍵・開閉具合
  • キッチン、風呂での各部品の調子
  • 浄水器の具合
  • レンジフード、換気扇について
  • スイッチ、電気の点き具合
  • 窓、サッシ
  • 床、タイル、割れ剥がれ目地など
異音がしてないか、異臭がないか・・・
少し家の中をぐるりと見渡してみようと思います




異音レベルではないと思うんだけど、
小屋根裏の近くについてる24時間回ってる換気扇の音が入居後ずっと気になっていまして、音が大きい気がするのですが換気扇ってそんなもんなんでしょうかね

あの音が無ければ好みの静かさなんだけどなぁ・・・と二階から小屋根裏への階段を見るといつも思います

これもこんど聞いてみよう





(20:00)

2019年01月04日



石油ストーブ!
石油ストーブ!!
と熱い気持ちを語ってしまいましたが、
使ってみるとやはり石油ストーブの弱みも見えてきます

今回はそんな弱みのことでも・・・

FullSizeRender

『石油ストーブ』と聞くとその存在を知らぬちびっ子は別として大抵の人が思い描くのは
『臭い』
だと思います


燃料に灯油を使いますから、やはりその臭いからは完全には逃れられません
灯油を匂うと思えず臭うと感じる人にはやはり高い壁があると思います

そして灯油を扱うがゆえの
『燃料補給』
ガスヒーターなら室内に施しておいたガス栓と繋げばその後気にすることは必要ないですが、灯油はキュポキュポと定期的な補給が必要です

ええ、懐かしのこれでね
FullSizeRender

万が一溢したならばそこは灯油臭
新聞紙で拭ったり、洗剤で洗ったり、換気したり・・・部屋を暖めるどころではなくなりますね

やっと燃焼できると点火したら、その火のしぼり具合により発生する可能性のある
『不完全燃焼』

点火消火時に発生する
『スス』

そしてやはり空気が汚れますから
『定期的な換気』

さらには内部が汚れてないか芯は大丈夫かと
『定期的な確認とメンテナンス』

ちなみに幼子のいる家ではこれも考慮ですね
『火傷のおそれ』

そしてもちろん
『火事のおそれ』



色々手がかかることを承知で使う事が大切だと思います


でも私にとっては、
温風でない
火の色を見て視覚的に楽しめる
湯も沸かせる
そんなところだけでも手をかける価値はあると感じました

FullSizeRender

なんでこんなにいい!と感じたのかなぁとじぃっと火を見ていてふと思い出したのは、
ああ…学生の頃に茶道の先生宅でいつも扱ってた炭と同じだからかぁ、という感情です

丁寧に炭を入れ、湯を沸かし、茶を点て、飲む

たまに聴こえるパチパチという炭の音や湯気の音、そして全ては暖かくないけどじんわりと伝わる熱を見ながら、人と共有したあの時間は本当に贅沢で至福だったなぁ
(何よりお茶菓子が好きだったし)


M氏とストーブを囲んで座ってた時に、何かあの空間に近い片鱗を感じたからかな・・・とぼんやり懐かしいような新鮮のような


まぁ、とにかくも、もとより手がかかる事がさほどキライではないタチでして、むしろやりにくさを感じるモノに何か惹かれてしまったりするので、私は石油ストーブとは相性は悪くなさそうです


あ!
そういえば気になるのは、石油ストーブは季節物なので
『シーズンオフ時のしまい場所』
ストーブも、灯油タンクもポンプもこれの確保が必要ですね


・・・それにしても、改めて書き出すとなんだか弱みだらけな気がしてきますね・・・


まぁ時代的には床下エアコンとか蓄熱系ですよね

それでもいいんじゃない?石油ストーブと思われましたらポチっと下のボタンを押下お願い致します!



手はかかるけど、しかし威力は抜群
(初期投資コストも安いしね)

知り合いのキャンパーは『今年もストーブ出しましたよ』と嬉しそうに話していたので、やはり好き好きですね

家があれば、家ごとの暖房方法があっていいので、時代だ流行りだ最新だ、ではなく、最終的に住み手の好みの方法が見つかればそれでいいんですよね

そんな感じで緩く考えながら家造りをしていけば、もっともっと楽しくなりそうな気がしました






(23:53)

2019年01月03日



新年早々
我が家のホットな話題『石油ストーブ』

コロナSL-6618は
始め使い方に迷い「あれ?火が付かない?」とM氏と一緒に頭を抱えましたが、何度か使って芯の程よい絞り方を掴み、今では苦なく使えています


リビングに設置したM氏が選んだDAIKINのエアコンは、昨年で上から2番目に位置するモデルな事もあっめ本当にあっという間に部屋が暖かくなって高性能です

でもやはりエアコンは仕組み上温風であるので、個人的には肌に風を受けるところが快適から少し外れてしまうなぁ、と思ってました

だからと言って風が当たらないところに移動すると暖かさが落ちるのでもどかしさがあります


その点、石油ストーブは直に肌に暖かさを感じて内側から温まっていくような、まるでお風呂に入ってるような心地良さでした

それは家にもいえるようで、建材そのものが暖まってるようです
なので、ストーブを消した後とエアコンを消した後では家の温度の下がり具合が違っていて、朝起きた時、部屋の温度が違います

FullSizeRender

さらに驚いたのは、無音だということ

引っ越した当初からエアコンから常に聞こえてくる稼働音が気になってました

だからついつい『自動』から『しずか』に設定変更したりして、「それは効率が悪いから自動にままの方がいいんだよ」とM氏に教えられたりしていたんですが・・・音がね・・・やっぱ気になるんです

でも流石に日々エアコンで過ごしてると、近頃はこういうものだよね、と認識しはじめていたんですが

ここにやってきた石油ストーブ

石油ストーブは本当に無音です

エアコンを止め、テレビを消して晩御飯を食べていたら、その静かさが際立ちました

そして視覚的にも火の赤が暖かく、心もほっこり嬉しくなりました

  • 体の芯からポカポカ暖かい
  • 視覚的にも心地よい
  • 風を受けず快適
  • ゆっくりじんわりお日様のよう
  • ドアを開けてれば、自然と家中暖かい
  • 場所毎に温度差はあれど自然な違いなので不快感がない
  • ストーブの上でヤカンもおける
  • お餅も焼ける
ということで、M氏とストーブを眺めながら話をしたり寛いだり・・・

ここ玄関なんですけどね 笑

 FullSizeRender

でも実は
家の設計当初、私からの要望書には
『玄関や階段も寛げる空間にしたい』
というのをあげてました

階段で寛ぐんですか?

と、どの工務店からも少し驚かれたのを覚えています

その後工務店によっては全く寛ぐ空間とは程遠い設計を出してきたところもありましたが、今お世話になっている工務店には、まさに我が家規模では最大限に寛げる空間に仕上げてくれました

そして、今この石油ストーブのおかげで更なる高みへ!!

階段に座りながら、ミルクコーヒーでも飲みながら本を読み、焼き芋でも分け、語らう・・・


おお・・・

やりました!
一年過ごしてみて楽しい冬の過ごし方が見つかり嬉しいです


視線の先には玄関ドアがあるけれど、自分が選んだ木製ドアだから大切な家具くらいの気持ちです
あ、でも汚れがついてそうな靴は片付けておいた方が良さそうですね 苦笑

当初リビングと玄関の間の仕切りを今のドアより大きい神谷のモンスターにしようか、という提案がT社長から出ました

リビングも玄関も階段でも寛ぎたいんだ、という私の意見を真剣に汲み取ったその提案はとても魅力的で、その案にしようかと頭を抱え悩んだ時もありました

でも最終的には、収納量を手放してしまう事と玄関内に絵や花を飾れる台を失う、という点を考慮し、モンスター採用はやめました

もし神谷ドアのモンスターを入れていたら、このストーブは更なる力を発揮していたのかなぁ・・・なんて思いましたけど、
今でも十分リビング(寛ぎ空間)が広がったような気持ちになりますので、満足です


家のどの部分で寛ぎたいのか、
どうやって寛ぐ空間に仕上げていくのか、
春夏秋冬、寛ぐか
そんな視点で家の設計を見てみると、また設計してくれた人の気持ちを分かる気がして面白いです


ということで、
採用できる家とできない家もあるでしょうが
我が家的には石油ストーブ
とってもおススメです

特に風嫌いの人は是非!






(23:50)

2019年01月02日



昨年末、満を持して登場したもの・・・

それは

目覚めよ!コロナ!!

FullSizeRender

石油ストーブです


え?!
新築で、(普通の)ストーブ?!
断熱・暖房手段が沢山あるこの時代に(普通の)石油ストーブぅ?!


新築でも改築でも家の環境や作りによってはそりゃ寒いことはありますのでね・・・(^^;)
ちなみに我が家の玄関はこの時期朝起きると10度
FullSizeRender
ひぃ〜そりゃ寒いわけです

窓が多いので非常に明るいですが直射日光はありませんので、天気が良い冬の一日を通して10度〜14度〜10度くらいを推移していたんだと思います

しかしやはり玄関が寒いのは辛いもの。。

なぜなら玄関にはトイレもありますし、二階への階段もありますので、色々億劫になるんです・・・
畳んだ洗濯物をポイっとしたり、エアコンのついてない洋室の物は取りに行きたがらなかったり・・・


そこでやってきた救世主
IMG_1979

このタイプは木造17畳と記載ありまして、
我が家の玄関は8畳くらいで、その隣に19畳のLDK、二階には納戸を入れた4部屋、そしてさらに小屋根裏部屋

可能なら全部屋をまかないたいと図々しく思っていたんですが、これを見てください

FullSizeRender

30分くらいであっという間に16度
その後さらに温度は上がって20度を超え、22度になりました
玄関あったか!
むしろ暑っ!


しかも吹き抜けと階段を通じて暖かい空気は二階にもめぐり、やはり寒さを感じていた納戸もほっこり
ドアを開けてれば各部屋もほっこり

2時間後くらいにはエアコン無しでリビングの奥の洗面所もお風呂場もどこもかしこも全くの寒さ無し!



寒いところがないというのがどれほどの快適か、それに改めて驚きました

全館空調などを取り入れてる家の快適さというのはこういうことなんでしょうね

体がリラックスしているのがわかります

FullSizeRender

我が家は性能としてはごく普通か低めの家なんでしょうけど、我が家なりにあった冬の過ごし方がなんだか見えてきたような気がします


ストーブの良さや気になる点とかはまた次回にでも書き留めてみます


しかし、火というものは偉大です

ずっと見てられます

早速ためしにお餅を焼いてみました 笑
美味しすぎました


お餅いいね!と思われましたら下のボタンをポチっと押下どうぞお願い致します!!





(23:32)

2018年12月27日



ちょっと前になりますが、工務店の設計士Iさんが久しぶりに我が家にいらっしゃって、小屋根裏収納と一階収納スペースへの追加工事について相談に乗って下さいました

事前にイメージ図を送っていたので、その細かい仕様決めや懸念事項などの説明、そしてざっくりとした見積もりについてなどなど

昨年の建築依頼当初の打ち合わせと比較して、要領を得たこともあり私の不要な話題も少なくなり、今話すべき事に絞って要点を押さえての相談でしたが、あっという間の3時間でした
FullSizeRender
小屋根裏にかける予算は約10万です

これにのせるためには何をどう削るか、誰に依頼するか、やはり自分でやるべきか・・・

とりあえず、今回の私のポイントとなるはずのこの素材
ペーパーウッドは、あえなく却下になりそうです。。。

FullSizeRender

うーん。。。

これを入れたいから、やろうと思ったんだけどなぁ
さて、どうしようか

詳細な見積もりが出てから、再検討してみようと思います



やはり設計段階が一番楽しいですね
金額さえ考慮しなければ(^_^;)


(16:13)

2018年12月09日


先日楽天SALEなどで買った物が続々と配達され一時的に我が家の玄関に段ボールの山ができてます…

なかなかの山具合に自分でも引いてしまってるんですが、その山を見ながらあまり一度に沢山買わない人間なので、もちろん計画済みの金額範囲ではあるけど少し支出が気になるのでした


支出というと、近々家自体に対しての更なる支出が発生しそうです

先日久しぶりに工務店の設計士Iさんに連絡をしました

要件は2つ
・一階リビング収納への稼働棚の設置検討
・小屋根裏への稼働棚含む作業台の設置検討


我が家は、洗面エリア収納とキッチン収納に対しては、事前に稼働棚や固定棚の割り振りをきっちり検討し、取り付けを依頼していました

でもリビング収納と小屋根裏に対しては、その時考えられる範囲での最低限の棚しか設けていません

リビング横の収納棚はこんな感じで、まさに突っ張り棒で試してみたりしてます
FullSizeRender
美しさのかけらも無い画で申し訳ないですが、実は今はこれの10倍くらい酷い有様をしています・・・
突っ張り棒の耐久性と引っ掛け物重量が合ってなく良く落ちるというのが原因の1つでもあります


なぜ初めから固定棚にしなかったのか

というと、結論を言うと『単純にその時考える余裕が無かった』という事なんではあるんですが

家屋の設計段階で収納物を確定できてる場所なら決めやすいです

でもその時に応じて変化する可能性がある場所への取り入れは『自由度を奪うかもしれない!』としかその当時考えられず、稼働棚なんだから使わなかったら棚を取り外せばいいじゃないというのすら(棚代が)勿体無い気がしてどうしても不安が拭えず
だったらあえて何もつけずにとりあえず放り込んで暮らしてみよう!
とそんなモノでした
ちなみにそう言うとM氏は『いいんじゃない?』と言ってた気がします


そして入居し生活し始めてもうすぐ1年
そろそろ使い方も決まってきたので、棚新設というわけです


ざっと考えてるイメージを図におこした後、
さて、これをどうやって実現するのがいいか?

と考えた時よぎったのが工務店の存在


我が家がお世話になってる工務店は、(まぁどの工務店もそうだと思いますが)家を造ったら終わりではなく、その後も気兼ねなく追加の工事依頼ができる関係です
実は今回よりも前に2、3箇所追加工事を依頼した経験あり

学生時代より自部屋を塗ったり貼ったり改装したりしていたので、『自分で企画して資材揃えて作る』要はDYIの事はどんなに楽しいかは体感しているのですが、でも家造りを通して知ったのはやはりプロの存在とその仕事の精度と速さです

当たり前ですが、プロは違いました
圧倒的なその仕上がりにもう自分の拙さといったら…

そしてもう一つ大切なのは、今の自分には意外に時間が割けないということ
出来ない事もないが、いざとなると非常にこだわるのでかなり先の完成になってしまいそうですしね

これは人それぞれ考えが異なることだと思いますが、ただ

家が出来上がっても、
ほんのちょっとの事でも相談
なんなら工事を依頼

そんな事をかなりフランクにできるので、工務店の魅力というのはアフターフォローという箇所にも非常に安心感高いものがあると、
工務店と家造りをして自分達は本当に良かった、
と感じています


もちろん建築家と建てるのも、ハウスメーカーでも建売を買うでもその奥に施工してくれた工務店がいるのでそちら通して依頼するのも良しですが、私としては直に同じ作り手に聞けるというのが非常に魅力的です


…と私は一方的に思っているのですが、果たして工務店としても同じであるかは若干不明ではあります

実際のところ、お世話になってる工務店さん、今に限らないと思いますがお忙しいらしく、終わった我が家の検討や見積もりにお時間をかけて頂くのも非常に心苦しいところもあるのですが…^^;

でも頼りたくなる、話をしてみたくなる、打診しても良さそうな雰囲気を出してくれてる、そんな有難い工務店だとしみじみ思います


ということで、工務店、非常に素敵です


FullSizeRender

まぁ見積もりを見て諦めるかもしれませんが、
まずはプロの意見を聞くところから始めてみようと思います





追加追加なんて書くと、改めて設計当時の自分の考えが足りなかったただそれだけ、って風にも見えますね・・・^^;

まぁ個人的には昨年の大工工事後に工事ロスになるくらいプロの工事を見るのは楽しみの1つでしたので、『あの時考えが足りなかったー!』『失敗だー!』とは思わないかなりポジティブ思考で



(07:08)

2018年10月28日


先日の記事
過去記事:無傷じゃなかった台風24号・屋根補修の費用
で、
屋根補修には屋根の張替え&ジョリパットの塗り直しが必要

その代金が63,000だと書いたのですが

完全私の早とちりでした…(^_^;)

確かに屋根補修にはジョリパットの塗り直しが必要となるのだが、それだと大ごとになってしまうので、上から屋根を重ね、外壁との境はコーキングする別案はどうでしょうか?と

その代金が63,000だということ


見積書には鋼板取付代金との文字
ジョリパット塗り直しまでするにしては安い?と思っていたので、納得しました・・・
※先日の記事も訂正しました


だとしてもやはり払いたくない屋根補修代金です
引き続きどうか保険が降りますように


しかし地味に気になるのはジョリパットとの隙間をコーキングで埋めるという施工です

この境がコーキングになる?
どれ程の幅かにもよるけれど、なんか雰囲気、崩れないかしら・・・
FullSizeRender
ますます、数軒先のオンボロ住宅が恨めしいことこの上なし・・・!
おたくの屋根が飛ばなければこんなことにはならなかっただろうに・・・ブツブツ・・・


 
屋根のことを思い出すと心が荒むので
庭木でも見て落ち着こうかしら・・・

IMG_1516

少しづつですが、葉が色付き始めました

でもモミジはまだです
IMG_1517
紅葉するのが楽しみです









(07:43)

2018年10月25日


台風24号による飛来物により穴があいた我が家の屋根

工務店のK監督に応急処置をしてもらったのち、修繕費用見積もりをまとめた設計士Iさんが久しぶりに我が家にやってきました


屋根の補修工事


こんな小さな穴ではあるんですが、
気になってたことがありました
FullSizeRender


この屋根、ベランダの飛び出た部分の端から端まで切れ目が無い、一枚なんです

FullSizeRender

何枚かに分割していたら、そこだけ交換すればいいような気もするんですが・・・どう見ても一枚

交換となったらやはり一枚丸々交換になる?


設計士Iさんから出てきた工事方法は、
懸念していた通りの『総取り替え』

しかも屋根を外すためにはベランダの外壁も剥がさないとならないらしく、なんと『ジョリパットの塗り直し』まで必要とのこと!

これには正直ショックでした
だってあんなにも心を砕いて決めた外壁塗装が1年もせずに剥がされるなんて…また塗られるにてもその工事は見ていられないかもしれない。。


そもそもこの屋根の取り付けは
『屋根→外壁塗装』の順序なので、屋根補修の際は『外壁外し→屋根補修→外壁補修』の順序になるそうです

想像だにしない顛末になってきて、ここまで聞いた段階で
こりゃ金額上がるな、と予感されました

※10/28追記
想像どおりそれでは大ごとになるので、
その代替案として
『上からもう一枚屋根を重ねる』
という案がでました

屋根補修の代金



そんな屋根補修の金額がどれ程になるかというと・・・

税込 63,000円

だそうです

※10/28追記
屋根を重ねるための金額が63,000


保険効くなら何とも思わないですけど、これ完全負担となると個人的にはキツイです。。
(洗濯機を買わなきゃならないってこの時に!!)

そして原因が原因なだけに、正直払いたくもない・・・苦笑


くっそぉ〜・・・
数軒先のあのオンボロ住戸めー


自分が好き好んでメンテナンスもせずにオンボロ住宅に住むのは全く構わないのですけどね
それを周りの住民までに被害として与えるのは社会人としてはやはりどうかと思わずを得ないですわ
そりゃ様々な要因や金銭的問題からメンテナンスできないというケースもあると思いますけど、ある程度意識がまわる人間なら想像できる未来被害のためにせめて市に相談するとかせめて手をうつ事はできると思うんです
台風の季節が過ぎればその先半年以上時間はあるんですからね〜


ちなみに決して古い家をけなしたいわけではないです
古民家は非常に好きです
でもそれは定期的なとまではいかずとも最低限のメンテナンスはしている住戸であって欲しいです
工務店の人も言ってましたけど、手入れをされてる家は古いながらもやっぱり小綺麗でそれぞれ趣があり、住み手の様子も伺えて気持ちがいいものがありますね

でも人から手入れを見離された住戸を見かけると、本当はいいとこあるはずだろうになぁ〜ってなんだか可哀想に思えてきます



少し調べたうちでも民法に明らかな落ち度がある場合は損害賠償のうちに入るそうで

今回のあのオンボロ住宅が近隣住宅数軒に与えたモノは相当で(私が知る中でも、右隣の窓ガラス、左隣の網戸、斜め前の庭木、斜め隣の庭先、そして我が家の屋根)、 確実に黒、それ以外に他ならない!
・・・のですけど、隣人トラブルは非常に危険なので、何かアクションするならばまずは市を通して通達してもらうなど直接対話しない方向で検討します


近年、自然災害はしようがないモノではありますけど、でも明らかなメンテナンス不足による落ち度は、コミュニティを築いていく上でまずいので、もちろん自分含めて気をつけていきたいです



しっかし、屋根〜〜

築1年も経たずして傷つけられたこの気持ち悪さはやっぱりなかなか拭えないわ・・・



(10:18)