照明

2018年09月23日


日曜日の朝、まだ薄暗い頃
起きましたら

あら・・・??


IMGP2311

なんかあるぞ?


IMGP2308

artek(アルテック)
A330S GOLDDEN BELL SAVOY」ブラス

ヤマギワで購入したのち、和室に続き8ヶ月も放置していたゴールデンベルが取り付けられてました


IMGP2303


今日、この下にダイニング机がやってくるので前夜にM氏がとりつけておいてくれたんだと思います (私は爆睡)



ダイニング照明は誰でも悩むポイントの上位だと思いますが、例により私もかなり悩みました

元来ミーハーなので
まずはポールセンのph5に悩み、
しかし床色とタイルとの相性を考えた結果我が家には少し優しすぎるか?と思い、出会ったのがトムディクソンのビート
しかしそのサイズ感から設計士Iさんからはダメ出しをさんざんにされ、
ええい!それならば!
と少し路線を変えてのアルテックのゴールデンベル
Iさんからも二灯ならとOKも出ました

FullSizeRender

アルヴァ・アアルト氏が1939年にレストランサヴォイのためにデザインしたということで、たとえいたって普通の我が家でもその光の下はさながらレストランを彷彿とさせてくれます
(といっても北欧はまだ訪れたことがないので全力で想像中)


北欧→英国→北欧
と結局北欧に戻ってきてるので、なんだかんだ北欧系がM氏と私共に馴染むのかなぁ


これはシーリングカップというんですかね
FullSizeRender

はじめはこのポコっとしたカバーがどうしても嫌で嫌で、このカバーを無い状態、つまりは直結、照明はそれにしたかったんですが、
担当してくれたヤマギワの方に相談しても、これはカバーが付きますとのこと

じゃあポールセンのフラットカバーなるもので代用できないか?

いいえ、それはポールセン専用の物なので、別用には販売しておりません

そうかぁ・・・とフラットな天井付けは諦めた経緯もありました

何なんでしょうね、あの時はせっかくの注文住宅ならそれじゃなきゃ出来ない事をやってみたいという病にでもかかってたんでしょうか

素敵な人様邸宅写真を貪り見ては、自邸に取り入れられないか?と夜な夜な考えてました

IMGP2300

 でも8ヶ月もたった今、取り付けられたのを見ると、何とも思いませんから、私の拘りなんて一過性のその程度のもののようです
そして、むしろこのカバーがあってこそこの照明なのかな、とベルを眺めながら感じます
(ベルに失礼なことしなくてよかった!)


ちなみに、フラットな天井付けを希望なら、
ポールセンにはフラットシーリングカバーというのがあるので、電気工事は要ですけど、これから照明計画をする方には一考の余地ありかもしれないです

ルイスポールセン コード吊りペンダント専用
louis poulsen(ルイスポールセン) / 
フラットシーリングカバー ホワイト
コード吊りペンダント専用 【要電気工事】

以前ヤマギワのオンラインで見た気がするんですが、探し方が悪いのか見つかりません
あるのかな?

ただこんな事言うのもアレかもしれないですけど、中古物件として売る時が来たとしたら、直結照明というのは買い手側に嫌がられる可能性が高いので、下手に手を加えるよりは引っ掛けシーリングにしておいた方が無難だと思います

照明は住む人の好みが良く出るとこですしね


あ、今思い出しました
どうしてカバーを嫌がったかというと我が家の天井は標準高2400なので、ペンダントを下げた時にコードを出来るだけ長くとりたかったから、だったんでした

ペンダントのコード長については、照明そのものを悩むのと一緒に気にしてました

ダイニング机が入ったら、コード長との具合を確認しようと思います

禿げるほど悩んだコード長・・・
それが果たしてうまくいったかどうか・・・
こわごわ楽しみです

FullSizeRender


ゴールデンベルもいいかもねと思ったらポチっとお願いします!






(14:08)

2018年09月18日


入居時から色々揃ってないM邸ですが
(カーテンやらダイニング机やら外構やら植林や
ら表札やら・・・)

そのうちの一つが照明でして

実は我が家の二階は、廊下の備え付けのダウンライト以外まったくの照明なしでした

え?!
寝る部屋に照明無しなの?!

そうなんですよね、この8ヶ月間、家族全員が寝る和室にも照明無し生活を送ってました

寝る時の手元ライトくらいあれば特別困ることもなかったんで、例ののんびりのんびりしていたら、はや8ヶ月経過・・・

さすがにね、ということで和室に照明を設置しました

FullSizeRender

Isamu Noguchi(イサム・ノグチ)「AKARI」P2453X-207

ヤマギワで購入しました
実は購入したのは今年の1月のこと・・・
購入したあと押入れにポンっと起きっぱなししてました。。。



ほっとくのも大概にしなさい! とどこからかお叱りを受けそうですが(主に工務店のIさんかK監督あたりりに)
どうにか備え付けられた照明

設置はひじょーに、簡単でした!!

ものの10分もかからない
(要、脚立)
FullSizeRender

横から見るとちょっと潰れた饅頭のような形・・・

我が家の和室は天井が高くないので、こんな潰れ型にしときました

FullSizeRender
でも下から見るとまん丸なので、ちょいと可愛いです

この一灯で部屋の明るさ大丈夫かな?と思いましたけど細かい作業をしないんだとしたら、なんら問題なさそうです

電球色がぼんやり柔らかくて、良い雰囲気です


ちなみに奥の障子は、私が本だったかどっかからかデザイン案引っ張ってきてイメージ図を起こし、それを設計士Iさんが良さげな配分で図面に起こしてくれたものを、建具屋さんに造ってもらいました

設計当時は楽しかったなぁ・・・

障子が活きる照明で良かったです

やはり和室には和紙が和みますね〜〜


和が好きな方には、イサムノグチ氏の照明オススメです
インテリア力無くてもこれだけで雰囲気アップできましたから


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング


(11:33)

2018年01月07日

引越しの日程を決まったことだしそろそろ本腰をいれて新居の住環境を整備せねばならない時です。

引越し日は1月末。
あと2週間あまりですが、
私の物事のスタートが遅いので、昨年12月22日に引き渡された新居は引き渡された時そのまんま!
自慢じゃないですが住環境はこんなにも整ってません!

その1、カーテン・ブラインド
その2、照明器具(ダウンライト・廊下のブラケット以外)
その3、外構一式


ダイニングテーブルの上は今でもこの有様・・・
image


いや〜〜本腰も何も完全に遅いがな・・・(^◇^;)
(ちなみにエアコンは隠蔽配管を選択したタイミングでとりあえず必要箇所に2台取り付け済みでした。隠蔽なことに加え、エアコンはM氏担当なので早かった。私担当なら付いていたかどうか・・・)

取り繕うわけじゃないですが完全な白紙ではなくイメージはありますイメージは。

ここはカーテンで・・・色はこんなで・・・レールはこんなで・・・ここはブラインドかな・・・

あやふやすぎてダメだこりゃ・・・^^;
やはりカーテンは物を見なくてははじまらん。
来週にでもお店に行くことを検討し、
その間に照明器具でも・・・

どこで買うか

ダイニングテーブル上の照明は、ヤマギワで購入予定です。
ヤマギワの人とは何度かメールでやり取りをし、仕様を確認していたのであとは発注するのみだったわけですが、
お恥ずかしながら最近になってヤマギワも楽天にストアを出していることを知りました。

それまで本店オンラインストアから発注しようとしていたところで知った楽天ショップ。

何か違うのか?
とヤマギワの人に確認してみると『何も変わりません』と。

『オンラインストア以外に楽天市場、ヤフーショッピング、アマゾンに出店しております。
商商品の納期(当日出荷対応商品は除きます)、アフターフォローなどに違いはございません・・・』とのこと。

『頻繁に利用されるサイトがあるならポイントを有効にご使用できるかと存じます・・・』

そ・・・そうなのね・・!

それなら、是非とも楽天で!!

そんなわけで楽天にてカートに入れてみると、獲得ポイント予定数が表示されたんですが何やら対象商品のポイントが10倍だったようです。
image
アプリを利用するとさらにポイント+1倍で11倍に!!

照明は住設備の中でも結構な金額になるのでこういったポイントは有難いですね。

ちょうど楽天マラソンが開催されているようなので、うまく利用してポイント還元するのが賢いですね。

あ〜〜!
早まって照明を購入していなくてよかったぁ!!

って、買い物の前に楽天やアマゾンを確認するのは当たり前のことですかね・・・^^;

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(10:16)

2017年12月24日

image


ダイニングテーブルのペンダント照明を探し続けてきた中で、一番惚れ込んで、でも諦めた物があります。
(諦めたという意味では過去記事のこちら『いとしのランプちゃん・・・♪』もそうですが)

トムディクソン ビート

image
(写真拝借:ヤマギワ)

あまりインダストリアル過ぎる物は本来好みからは外れるのですが、このトムディクソンのビートは違った印象を受けました。

建材だか床材だか何かのメーカーのカタログを見ていた時に『これだ!!』と大袈裟ですがビリっと衝撃が走ったので不思議なものです。

それまではM氏と共通で好きなポールセンのPHあたりかなと思っていたのでかなりの方向転換です。

今思えばこのあたりから我が家のLDKはマニッシュ路線に進んでいったように思います。
この照明にしようと思ったからこそ、キッチンもブラックにと決心できたものですし。
照明なんて部屋の設備のたった一つに過ぎませんが、その威力はもの凄いものですね。

image
(写真拝借:ヤマギワ)

これはPHのように単体で存在力を発揮する一個性というよりも、複数の軍隊配列でもってその威力が何十倍にもなる複数性に属するので、複数個取付けてこそとなります。

多分理想の最低個数は3つ。
だって3種類いますし。1人残すなんて寂しい・・・

3つ取付ける場合に必要な幅はビートらの大きさを考慮すると約2メートル。
我が家のダイニングテーブルの計画は2メートルだったので、『これはイケる!』と思っていたのですが、工務店の設計士Iさんからは微妙にNOが出ました。

理由は、我が家の天井高と取付け位置の幅。
照明本体の高さがビート トールで420、ファットで310、ワイドで190あります。

通常照明は床から150〜160センチあたりに器具の下あたりがくるのですが、我が家の天井高2400だと、
2400−1500+420=480
つまりコード部分が48㎝しかなく、ほぼほぼ本体と同じ長さしかとれません。
綺麗に吊り下げるには我が家の天井高では不足ぎみであるということに。

・・・これは確かにそうです。
ペンダント照明はコード部分の長さをいかに出せるかが大事ですしね。

先のヤマギワの写真を元に計算すると、天井高3000でであることがわかりました。
image
やはりこの空間の美しさはそれなりの広さでもって成り立ってるんですね・・・

幅にいたっては、確かにダイニングテーブルは2メートルだが、そのテーブルを置くあたりの幅は部屋の中でも少し凹んでいる場所で約2.8メートルしかない。
そこに3つを吊り下げるととても窮屈に見え、奥のキッチンとリビングとを照明で分断してしまい、つながり感が失われるとともに照明のインパクトが大きすぎて奥の壁面タイルなどが陰ってしまうとのこと。

・・・これも確かにそうですね。。

ぐぅ、、、
ということで、ビート達は好きだしグレーのキッチンタイル達とも絶対マッチすると思うけど・・・トムディクソンは泣く泣く諦めることにしました。

設計前から吊り下げたい照明が決まっているならば、そのサイズを考慮した天井高、幅、を設計に盛り込むことをお勧めします。本当に。


自分の家なんだしバランスなんて気にしてないで無理やり取付けようかとも思いましたけど、その子の機能を活かせないのが可哀想に思えてきたというのも諦めた理由です。

後から好きな子が見つかってしまうパターンもあると思うのでなかなか難しいものです。

諦めたと書いておきながらもまだ惜しい気持ちが湧いてきますわ〜

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング



(09:35)

2017年12月13日

先週の金曜日の話ですが・・・
寒かったですね・・!

関東圏はこの冬一番の冷え込みだったと思います。(記事が古くて既に更新していると思いますが・・・)
いつもは元気な子供達もこの日は寒い~寒い~言って、私のマフラーを嫌がることなくまきつけてました。

■会いに・・・
この日は親戚の叔父叔母宅まで会いに行っておりまして。ええ、、仕事は任意にお休みです。
産まれる前からと言ったら変ですが、本当にそんな感じでずっと実の父母のようにお世話になってきた叔父叔母も高齢に。会える時には会っておかねばと、会えそうな時は必ず会いに、子供が大好きな叔父には息子達を見せに行っています。


はやくはやく~!
何度か行ったことのある長男は楽しみにしていたようです。
わかるよ・・・わかる!私も楽しみだったからね・・・
2624040f


何が楽しみか?って??

それは、この家の構造が好きだということと、
そして・・・15の時から憧れ続けた照明ちゃんにも再会できるから・・・!
(叔父叔母だけじゃないんかい!!)

もちろん叔父叔母に挨拶をしまして(当たり前)、しばし歓談した後
さてとこちらにも挨拶に行かないとね・・・・と

■大好きな照明ちゃん、その①■
「通称=オバQ」
IMG_4351
ああ・・この無造作におかれたままのオバQちゃん・・・・
相変わらず電気も通してもらえずにたたずんでいたね・・・

正直、『なんだこれ?』と10代の頃は思ってましたがその造形の愛らしさには惹かれるものがあり、その後有名な照明、 倉俣史朗氏による「 K-Series(通称オバ Q)」ということを知りました。

M氏に写真を見せると「タオル被せてんのかなと思った」と。
そうなんですよね。このまるでハンカチ被せたような感じなところの曲線が美しいです・・・
・・・なでなでし続けたい・・・・(*´Д`*)ハァハァ・・


■大好きな照明ちゃん、その②
オバQちゃんも好きですが、もっともっとド本命は・・・
IMG_4364
暗い階段の先、地下室の・・・(相変わらずオバQちゃんよりも酷い扱い;)

a98b8972
いました!!
アレですアレ。


無理もないですが長男はまったく理解していませんでした。
d6df673d
FLOSアルコ フロアライトです。

また物置と化している地下なんかに一人たたずんでいるなんて・・・(*'д`*)ハァハァ・・

有名すぎるので説明なんていらないわけですが、
これの特徴は何と言っても、『大きい!重い!』ことでしょうか。
IMG_4374
土台の大理石は60kgほどらしく、試しに動かしてみようと思いましたがびくともしませんでした。。

そして高さはというと、ヤマギワなどで記載されているとおり一番高いところは2300(2400?)のようです。
IMG_4373
私が手を伸ばすと2200くらいで、あと100くらいかなといったところでしたので確かに高い。

ということは通常の天井高さの我が家だと・・・う~ん。。。天井ぎりぎりですね。。;


大型家財は建築当初から要考慮!

アルコランプのダイナミックなフォルムと土台の美しさに惚れて20年・・・
いつかは自分の家におきたい!!と思っていて、今回の家を建てる時の初期要望にもこのランプがおけることという項目をあげてはいたのですが、正直色々な面を優先しここは諦めることにしたので我が家の天井には厳しい状態。。。

うう・・・今更ですが、やっぱり現物に会いにいくと、連れて帰りたくなります。。。
(重すぎて大きすぎて簡単にゃ持ってけませんが!)

盗みはしませんよ!(それじゃまるで15の夜…)
叔父には会う度に確認しているので公認です。(毎回ってどんだけがめつ・・)

(叔父)「おお~、アレかぁ、いいよやるよ~。がはははは~」相変わらず豪快で太っ腹・・・素敵!
(叔父)「あれは大変だったんだぁ。イタリアから取り寄せるとかなんとかで。」そうでしょうそうでしょう。
(叔父)「まぁ、あれが入るならなぁ。あとどうやって運ぶんだぁ?」・・・ぐぅ。。ですよね。。。

実際のところ、あんなに大きなものを運ぶってどうするんでしょう。ランプの分解はできると思いますから、ヤマトの家財便とかでいけるんでしょうか?
う~ん。。叔父から貰えるとしても中々手に負えなさそうです。。
組み立てたら、天井すっちゃった!とか・・・ありえる。


でも欲しいなぁ。。。

部屋の大きさに合ったインテリアサイズを・・照明を・・・カラーを・・・
ぬぎ~~!!!そんなんいいんじゃぁ~~!!
好きならいいんじゃ~~!!
・・と縛られたくないと逃げ込んだ先に自由はあるんだろうか・・・
(うう~む。。破綻が透けて見える・・・)


どうしても好きな大型家電やインテリアがある方は、やはり設計当初に工務店やメーカーや設計士によく相談しておくことをお奨めいたします。。。
私のようになりませぬように。。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
注文住宅(施工主)ランキング

(06:01)

2017年12月08日

キッチンにタイル タイルと浮かれていた帰り、ふっと階段に目を向けたら、
image
あれ?!

ちゃっかりと照明が取付けられていました。
ブラケットは工務店のIさんお勧めの物にしました。
確かパナソニックのかなり小粒タイプの物です。
image
そんなに広くもないスペースなので、手前にあまり出張らない方が良いです、出ても20か25㎝くらいまでで・・・と言われていたので、本当はポールセンのAJウォールなんて付けたいと思っていましたが、やめました。
取り付けられた様子を見ると、最初は気づかないくらいでしたので、インパクトがない=壁の方を面として極立たせるという意味でAJウォールにしなくて良かったのかなぁ、、なんて思いました。

ちなみにAJウォールはこちら。
image

かなり出張るようで、、もっと広いスペースなら活きるよね〜玄関靴箱上とか建築化照明にしないでブラケットにしても良かったのかも、と思いました。

全ての照明を見ていたら二階のブラケット部分になんだか傷?が・・・
image
こういうのは入居前までに直してもらえる範疇なんでしょうか?こういう壁紙の切れ目、小姑体質なのかすぐ目に付くタイプで気になるんですよね・・・(^ ^;)

そしてダウンライトも付いてました。
image
そういえばIさんがあえて黒にしときました〜と言ってたような。私は白でも黒でもどっちもいいんじゃ?と思っていたけど

出来上がりを見たM氏が『木目に黒がいいねぇ』と言ったので
Iさんの判断で良かったようです。

やはり空間全体としてのバランスを考えた配色・選択というのは難しくて、もっと磨かなきゃだめだなぁと感じました。

でも、どうしてもそれが大好きならバランスなんて無視して取付けちゃえばいいんですよね!
好きな物に囲まれてる方だって絶対に心地いいはずなんだから・・・私にとってそれはキッチンのグレータイルだったわけでして、Iさんに度々白系タイルをお勧めされても頑としてグレー系を濃い色を譲りませんでした。

そうだ!そうだ!好きな物に突き進めばいいんだ!!
だって家は工務店や建築家の所有物でなく施工主の物なんだから!!!

さて、今日は仕事を休んで大好きな大好きな、私が14才のころから憧れ続けてきた、『いつか自分の家にはコレを絶対にいれる!』と心に誓ってきたランプに会いに行ってきます

待っててね〜〜! 私のランプちゃん・・・!!


なんだ?何のランプだ?と思われましたら励ましにポチっとクリックお願い致します(^O^)/


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(07:29)