室内壁紙・タイル

2018年11月08日


以前もタイルの保管について少し書いたことがあったのですが、
実は今もまだタイルの保管に悩んでいます


住居に使われたタイル、その余りというか何かあった時用の保管タイルは一般的にどうしてるんでしょう

我が家の場合、
  • キッチン
  • 洗面室
  • 玄関(二種)
  • 南面テラス
  • 玄関アプローチ
の計6種類のタイルを使っているので、それらの真物(割れの無い一枚状態)が数枚づつ、工務店から家の引き渡しとともに渡されています

もしタイルが破損した時の交換品として(交換時にタイルが生産終了しているリスク回避のため)使うので、個人で大切に保管しないとなりません

小さなモザイクタイルなら良かったんですが、私が選んだタイルが少なくとも40センチオーバー、600×600の大盤なのでとりあえず大きく、そして重い!!


一枚持って移動するだけでフーフー
絶対に落とせない(万が一足の指にでも落としたら骨折は必至)ので余計に神経使ってヒーヒー

以前そうして少し移動したんですけどね
実はまだあるんです・・・



我が家の壁に寄り添われたままのタイル達・・・
雨風で腐ったりしないのをいいことに体良く置きっ放しにされております。。

どうしてこのままにしているかというと、仕舞う予定の場所にはすでにタイルが山積みになっているためで

その山積みタイルを少し横に移動してからでないとタイルを入れられないためです
このタイルの移動がかなりの労力を要すると思い、ついつい後回しに。。


その収納場所とは、『床下』です

工務店さん曰く、
『タイルは腐らないのでどこでも大丈夫なんですが、大物だと重くて場所も取るのでオススメは床下ですよ』
とのこと


さらに

『キャスターのついた荷台とかに乗せ、紐で縛っておけば簡単に床下を移動できるので、床下点検の時も邪魔になりませんよ』
とのこと


この『キャスター付きの台』を買わずに床下収納庫直下に置き続けたため、これ以上はタイルが置けない状況に・・・
工務店さんの話はちゃんと守らないとダメですね


ということで、探してみた台車がこちら
150キロのせてもキャスター移動が可能ということなんでしょうね
これは凄い!

タイルにもうってつけ!

ただしこちらはサイズが60×50なので
この四面が我が家の床下収納の口に入るかどうか?
それだけは要確認したから購入しようと思います

FullSizeRender


本格的な冬が来る前に、
そして引き渡し後一年を過ぎてしまう前に、
お片付け系は終わらせておきたいです・・・




しかしまだ我が家には片付けが終わってない
洋室の段ボール(漫画&本)
洋室の段ボール(建材・タイル資料)
子屋根裏の段ボール(洋裁道具)
が、わんさかありますよ。。

先は長いです。




(16:36)

2018年11月03日



タイルが好きな人
同じく建築カテゴリ系の方ならたくさんいると思います

IMG_1590
平田タイルBicottura Monolite

ビコットゥーラ モノリーテ


何を隠そう私も家造りを通してタイル好きを認識した1人です


  • ツヤっとしたり
  • コロンとしたり
  • 精密なプリントだったり
  • 石と見まごうかの表面加工だったり
  • 水や光で表情が変わったり
  • 石より安価がしかし舐められないモノもあったり

タイルの商品カタログを見てるだけで
もう至福の時間、ひたすらうっとりです


ただ、ひとえにタイルと言ってもあまりに沢山あるものだから、タイル森で迷子になることはしばしば…
いやぁ・・・去年は何度迷子になったことか・・・


タイルの魅力にはまり、
少ないながらも幾つかに見て触れて、
個人的にひとつ主軸とした考えは

『流行ではなく、空間適合を探すこと』

そして

『身軽に』

でした


マイ流行があやふやという問題


自分が『これいい!』『可愛い』と思ったモノを選べばいいじゃないか、と当初は頭に描いていました

でも世の中ネット社会ですから、
『これいい!』と感じる私のセンサーなんつうものは、その時見た検索サイトやPinterestやInstagram、そういったある程度大筋な系統が出来上がってそうで、かつ写真が美しい主流や成果物にすぐ反応して、すっかりハマり混んでしまうくらいのミーハーであやふやな精度の物ですから、

『これ素敵ー!』とモダンなブラックタイルを思い描いた翌日にはまた『これ可愛い〜!』とフレンチシックなモザイクタイルに目がうつる・・・そして気づけばいくつも付箋が貼られたカタログが・・・しかも何でもこいの系統ごちゃまぜ・・・


家全体のスタイルが『好きなモノを何でも入れ込む』なら建て主にとってはそれが素敵なんだと思います


身軽にいく


しかし我が家のスタイルは『何でも』ではなく、それよりはより好みを『厳選して』織り込むこと


設計・建築、そして住を通して気づいたのは自分達の性根のようなものでした

  • 面白い事や楽しい事は好きだけど奇抜な事は出来ずインドアな2人
  • 慎重でバランス感を大切にするM氏と優柔不断な癖に稀に変な決断力がある私
  • 木と皮の質感が好きなM氏とアルミやコンクリ、石といった硬質系が好みな私

M氏が一生懸命バランスを取ろうとするのに、私が稀に驚く方向で最短決断をしていってしまう・・・・それでは船頭M氏にとっては苦痛ばかりの船旅になってしまうので、

そんな2人が船同じくして目的地に進むには
『始め少なく・次第に増やす』
この方針しかない!

そう思いました

最初にアレコレ詰め込んでしまうのは、その後の身動きが取りづらくなるのでやめておこう、
必要になった時にバランス見ながら決めよう

特にタイルなんて簡単に取り外しが効かないような建材ですからなおさらのこと
そしてヤツ等は建物内でもかなりの主張をし始めますからね・・・後から連れ込んだ家具達と何かと喧嘩し出すことありえるので扱いは要注意です

要は、派手そうな色柄ものや流行ってそうな系統はあえて外していく

(笑)
我が家にはこれです!


そしていわゆるシンプルではなく
あくまで自分たちなりのシンプルを目指す

そんなところが1番住み心地がいいのかもね
と、住み始めてからではありますが感じてるところです

そういえばシンプルって言っても、人それぞれシンプル度合いが違うもんですね

ハスラーでシンプルと思う人といれば
ロードスターでシンプルと思う人もいて、
ポルシェでシンプルと感じる人もいるわけですから
どこが身軽なのかは上も下もなく個人毎、違っていていいんだろうなと思います


ということで、
幾つかタイルのサンプルを取り寄せ、
目星をつけては
ショールームの広い面で光の当たり具合を確認する
そんな事を繰り返しタイルを決めました
FullSizeRender
濃い目の子たちや

FullSizeRender
白い子たち

やはり右上のトラバーチンが懐かしく、今でも名残惜しい!!

赤や緑、ブルーといったカラーを選択しないあたりが自分ぽいなぁと思います
カラーは花や食器、絵、そういうもので足していこう、そんな保守的な考えです


ちなみに断捨離が出来ない典型的な私は、いまだこのサンプルたちを子屋根裏に保存してます。。
簡単な再利用方法は鍋敷きですかね



そういえば、今年の新作タイル達はどんな顔ぶれかしら?とちょろっと好みの平田タイルサイトをのぞいてみると・・・

超ドツボな子がいるじゃないのっ!!
FullSizeRender

ポイントは天然石ってとこですね
タイルタイル言っといて、タイルじゃないとか突っ込みはおいときまして…(^_^;)


IMG_1593

いや、もうこの質感ったら!!素敵!!
実物触りに行きたい…


そしてこっちはこのカラー!!
FullSizeRender
グリーンもベージュもムラ感がなんとも言えない・・・!!

そしてこの貼り方!!
IMG_1587
高い天井の広い壁面がこれだったら、
何ならもうこれ見ながらご飯食べたいくらいですよ

まぁヘリンボーンもいいけど、細長長方形だから緻密な馬張りも好みかも

緑のタイルを馬張りにして玄関や廊下の壁一面にしたり、トイレの壁一面を埋め尽くしたり・・・床はブラックなクォーツで敷き詰めるのもいいし・・・さらっとホワイト形でグリーンにするのもいいし・・・ああ、、悩むのって楽しいですねぇ〜

タイル施工はクロスよりも金額が嵩みますけど、クロスとはまた違う空間を作れるので、好みのものがあったら取り入れてみるのもいいかもです




最新のカタログ頼んじゃおうかしら・・・苦笑






(16:18)

2018年03月15日

ワクワクしながら帰宅しましたら、外構屋さんはもう帰宅済みのよう。

視線の先には待望のタイルが・・・

image

!!!

一目見て、美しい、の一言。
image
そう、これこれ。
この燻したような濃い灰色に混ざる茶色の渋い風合いがとても美しく、手前の土地販売をした不動産屋側で自動的に作られた舗装ともバランスが良いだろうと思っていたので、想像を超える仕上がりに涙が出そう・・・

で、二目見て、あれ?
image

三度見て、・・・・
image

うっうっうっ・・・

化粧桝が主張してタイルがタイルが・・・

何故にステンレス色なん?!
(鋳鉄色があるはずよ( ; ; ))
image

しかも何故に手前の塩ビ桝は化粧桝でない・・・

塩ビ桝にも化粧桝はあるはずよっ( ; ; )
image
写真は拝借: 株式会社 扇屋


土地購入時からこの場所に点検口が来る事は認識&承知していましたし、それを化粧桝にすることは承知してましたが・・・
でもちょっと想定外すぎです。
(板塀の隙間かそれ以上のインパクトですわ!)


これはIさんに泣きつくしかないっ
と思ったらその日は水曜日。
工務店がお休みでした・・・

翌朝一で確認しつつ、
たとえダメでもまだ施工していない玄関ドア前と南面テラスにある塩ビ桝はどうにかならないか相談してみようと思います。
あわよくば、アプローチの塩ビ桝も南面テラスのタイル施工のタイミングで変更できないだろうか・・・


はっきり言って外構の設計タイミングは、引き渡し関連や引越し準備等に頭がいっぱいで全てを確認できてなかったことが私の敗因です

アプローチに加え、南面テラスの施工に関してはM氏の多大なる恩恵による工事であるので、抜けが出てしまったことが申し訳なく、自分の落ち度が悔しくてしょうがないです。。
( 工務店側にも気にかけてもらいたかったという気持ちもあるにはありますが、施工主がどこまで気になる人か?どこまで確認するか?どこまでやるか?というのは工務店なりの尺があると思うので、機能には申し分無いので、それに関係しないデザイン的なところはやはり自発的に主張すべきとこだったと反省します。)


そう考えると外構工事&植林というものは、建物の建築の設計段階からセットでしっかりと考えてしまうか、はたまた全く後からゆっくりじっくりと時間をかけるのがいいのではないかと思います。

我が家は比較的のんびりしていましたが、でもちょっと外構の設計時期がバタバタしてしまいました。


ちなみにこの件をM氏に報告すると、
「まぁ、仕事帰りに道の化粧桝を観察したら、経年によりいい味になっていくようだし、手前の塩ビ桝はそれ程気にならないよ」

と。
なんて寛大!

とはいえ私が気になるのでレッツ・テレフォン


外構も気が抜けないね、とウチの有様を見て自邸に活かせそうでしたら励ましにポチっとよろしくお願い致します。。。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(09:57)

2018年03月13日

天候が戻って来たのと調子を合わせ、
外構工事を再開しています。

先週の板塀施工に続きお次は、やっときました!待望の玄関アプローチのタイルです。

すったもんだの期限延期の延期で探したタイルもやっとこさ日本に到着し我が家にも送られてきました。
image
イタリアからようこそジャパンへ!

ちなみに南面テラスのタイルは四月入荷。
まだまだ先です(笑)

昨日外構屋さんが来てタイル施工前の下地準備をしていました。
image
綺麗です。
ちなみにBeforeはこんな様子。
image
これで入居後約2ヶ月くらい過ごしていたというんだから、とんだのんびりor気にならないM氏家ですな。

タイルといえば肝になるのがその割り振り。
これを考えてもらい本日貼ります。
image
あえて渋めのストーン調にしたタイルには微妙に柄があるので、ここは外構屋さんのセンスの見せ所でしょうかね。
私は仕事に出てしまうのでこの先は外構屋さんにオールお任せ。帰宅後が楽しみです。

ちなみにこのタイルは平田タイルで最後まで悩んでいたタイル(写真の右上の物)です。
image
ショールームで撮った写真と屋外の日差しの下で撮る写真ではやはり色が違います。
さらにこれが平面に施工された時にどうなるのか?
ワクワクします。


そういえば最近の我が家のバタさんの様子ですが、
もっぱら次男や長男の遊び道具にされています。(苦笑)
image
足元の空間が程よいトンネルになるそうで、まぁ子供が楽しそうに椅子と戯れている(ように見えなくもない)ので、たまにしか来ないような別荘にひっそり佇んでいるばかりよりかはよっぽど椅子も嬉しいんじゃないかしらん。(注: M氏家に別荘はありません。単なる私が持つイメージです)

そんな次男は外構さんの工事様子に釘付けになってました。
image
色んな人と出会えるのだから、こんなささいな事でも経験になればいいなぁ( ´ ▽ ` )


タイルってやっぱり面白いよね♪
と共感していただけたらポチっとよろしくお願い致します(^O^)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(12:07)

2018年01月14日

昨日外構タイルの欠品問題でバタつきながら平田タイルに駆け込んできたわけですが、
前日記事:『外構に悩む・またしてもタイル難民!
2018/01/13 16:29』
http://akimaki.blog.jp/archives/6328608.html
タイルにも繁忙期があるということを改めて認識することになりました。

image
キッチンタイルを決めた時に出会ったタイルの女神はいるかな・・・?
過去記事:『諦めない先に光はある!・タイル屋再訪
2017/11/20 15:56』
http://akimaki.blog.jp/archives/5210612.html


3月に向けて建築関係はラッシュを迎える、とは良く聞いてはいたのですが、となるともちろんその中で使われる材料達も発注繁忙期となります。

タイルもそのひとつですから、昨年末から平田タイルでも発注が多くそれにより品薄状態であるとのことです。
もちろん商品は続々入荷してくるわけですが、その入荷時期は商品により異なり「2月末」だったり「4月末」だったり・・・image
外構でアプローチのタイルに検討していたアレもコレもありません・・・!

南面テラスの欠品タイルの代替を探しにきたつもりが、アプローチタイルまでもが欠品状態ということが判明。
そっちも探すことに!!!(; ̄O ̄)


あ、あ〜〜!!

なんてこった!!

キッチンタイル決めた後すぐにでも外構タイルを確定するべきでした・・・。(当時はまだ11月。間に合ったはず)


この教訓をもとに
タイルについての注意点をまとめたいところですが、
とりあえず言えることは


タイルは早めに決めろ

です
当たり前なことですがそこがなかなかできないものなのです。

ハウスメーカーや工務店ではだいたい使用する2カ月くらい前からはタイルを押さえてきます。
普通はこれくらい早いものなのです。(私が遅いだけ)
タイルは海外製のものが多いので、欠品になると入荷まで時間がかかります。物により数ヶ月先なんてこともあるので絶対に必要な時期を見定め、タイルは早めに確認することが大切です。

タイル発注には逃げ道もある

とはいえ欠品だともうダメかというとそうでもないのが面白いところで・・・
早めに発注している会社は実際に使用する平米より多めに押さえる事が常なので、小規模の開発や私のようなギリギリな人間はそういった会社に工務店からタイルメーカーを通して少し分けて貰えないか?と交渉できる場合があります。(一般個人ではできないのでお世話になっている工務店を通じて会社と会社でのやり取りとなります)

それによりホームページ上では欠品でも商品を手にすることができたりします。
実際に我が家の玄関床タイルの一つはそういった形でまわしてもらいました。

今回も建築ラッシュにつき早めに在庫を持っている会社があるかもしれないので、まだ諦めるには早いです!
・・・と前回キッチンタイル決定の際にお世話になったとても綺麗で話しやすく仕事がスマートなタイルの女神が励ましてくれました。

諦めずに検討しようと思います。

タイル施工にはかなりお金がかかるところですし、タイル好きなら毎日毎時間必ず目を向けるところなので、何か気に入らない点があるタイル・全力で好きと言えないタイルを採用はできません。

いっそ、タイルの入荷を待ってから外構タイル施工をお願いできないかと思います。

Iさんをまた悩ませることになるかなぁ・・・(^◇^;)

引渡し終わったのにまだ悩ませてばかり・・・
ブラックリスト入りだわ 苦笑


日曜日もタイル選びの旅に出たいところですが、ここは子供優先DAYなのでショールーム探索は中断です。
公園で遊びながら頭の片隅でタイルを考えてみようか。物事を考えるにはクールタイムも必要ですよね。


急げ!しかし焦らずに!!


いつもドタバタな私に恵のポチポチをお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(07:01)

2017年12月21日

ついに今年もあと10日ほどとなりました。

image


いつもは職場→子供らのお迎え→家ですが、今日は所属部署の忘年会というので、
職場→子供らのお迎え→家→忘年会
コースです。

M氏は忙しい身な上、定時が18時というハードなのですが年の一度の忘年会だからと定時あがりで帰ってきてくれました。本当に優しいわぁ!

晩御飯の食器洗いは彼に任せ、行かないで〜と言う息子を置いて、ぬくぬくした家から寒空の下へ出るのはなかなかの決断が必要でした。


しかし今日の行き先は大好きな場所の近くなので、忘年会よりも実は楽しみだったんです。

それは新宿の丸井の地下入り口です。
image
ここはタイルがふんだんに使われているんです。

はぁはぁ・・・動悸が激しくなります。

しかも、ここにはなんと!
あの大好きなセラミカトラバーチンが!
image
あるんです!!!

ああ・・・でこぼこもしっかりと・・・!

こんな入り口で壁に手をついて写真を撮るのは私ぐらいで皆さんクリスマスプレゼントでも買いにさらっと通り過ぎていました。
さながら変質者ですね。

でも、いいんです!!

ああ・・この石目のタイルもラメが入っていて照明にあたった陰影がなんとも美しい!!
image
丸井のエントランスを設計した人はタイル好きだったのかな?
とっても私好みのセンスを持っていると思います。

いったい誰なんだろう・・・


こんなわけでしばし丸井の前に立ち尽くしていたので遅れてた忘年会に更に遅れてしまいました。。苦笑

にしても、この伊勢丹との比較、やばいでしょ。
伊勢丹も600角白タイルは悪くないが、丸井の方が素敵すぎる。。
image


たまには都心もいいものですね・・・

って早く忘年会いけよ!と思われましたら、ポチっとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(20:29)

2017年12月15日

ついに今週末には我が家も施主検査を迎えるまでに至りました。
長かったような、短かったような・・・感無量!
とはなかなかならないもので。
なぜかというと

■貼られない玄関タイル・・・

Iさんから聞いていた予定では、
今週月曜と火曜に玄関床タイルを貼り、
水曜に網戸を貼り、クリーニング、
木曜に検査を受ける
だったと思ったんですが、
image
あれ?まだだな・・・

月曜行っても、火曜に行っても、水曜に行っても、いっこうに玄関タイルが貼られてはなく。
とはいえ進行はしているんだな、といった感じで立ち上がりの一部分や下地に線が引かれたりとかしています。

ちなみにタイルが終わらないまま、検査を受けたそうで無事に合格とのことでした。

えっ?!いいの?!それでいいんだろうか?

■タイルはあせらず

いつまでも貼られないと心配ではあるのですが、M氏曰く、会社の人が注文住宅を建てた際、外構のタイル貼りが想像よりも遅かったからと少し急かしたせいなのか(どうか定かではないけど)、タイルポーチの勾配がちゃんとついておらず水捌けが悪い・・・と。。

遅いのには何かしら意味があるのだろうから、信頼して任せるのがいいのでしょうね・・・(^_^;)
私も仕事をしていると、期限まで何度も何度も進捗を聞かれたりしたら、不安なんだなと悪く思いつつも期限までには終わらせるんだからちょっとほっといてくれよ、と思うことあるので、、わかりますわ。。

You can't hurry Tile(love)
No, you just have to wait
She said to trust, give it time
No matter how long it takes
(タイルはあせらず
ダメよ ちゃんと待たないと
ママは言ったの 「タイルは簡単にはやって来ない
タイルはゲーム ギブ・アンド・テイク」
)

シュープリームスの歌そのままですな・・・

うん!
愛するタイルの為、待つわ!私、待つわ!

あ、これじゃ、あみん。。

歳サバ読んでんじゃない?と思われましたら、ポチっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(09:49)

2017年12月11日

タイル施工が始まってから3日目。

ついにその施工はサニタリーへ・・・

なんでもない洗面所に・・・
image


一面タイルが
image
ああ・・・石目好きな私にとっては楽園・・・

こだわりはカウンターの下にも施工!!
カウンター下をフラットにしたんだから、そこも抜かりなく貼りますよ〜〜!(貼って下さるのはタイル屋さんですが)

カウンター上部は鏡や窓があるのに対し、カウンター下部は何も無いので実はかなりの面積になります。
その分タイルの箱数もかかるのですが・・・でもここまできたらもう同じだ!!ええいっ!!と決めました。

洗面所の右壁上部には造作収納を取り付けてもらいましたので、そことタイルの兼ね合いはこんな様子に
image
現場でタイルをチュイーンと切るそうです。
そして窓と天井の間のほんの隙間も
image
しっかりとタイルがはめ込まれていました。
・・・細かい仕事を見ると心がキューっとなります・・・

ありがとう!タイル屋さん!

我が家の洗面所のタイルは目地が出ない敷き詰めタイプですが、洗面所だとモザイクタイルを貼るケースが多く、その場合は目地入れもあるわけです。
こまごまこまごましたモザイクタイルの目地にひたすらチューっと入れていく作業はとっても地道な修行状態だそうで、設計士のIさんは『やった事があるんですが、私は絶対無理です!』と断言していました。
私はどちらかというとやってみたい派だけど、実際は・・・ねを上げそうです。
いやぁ、大工さんもクロス屋さんも凄いと思いましたが、タイル屋さんにも感服です

ちなみに平田タイルに行った時に私が目移りしたモザイクタイルはこちらです。
image

目地がぎっしり!!お値段もビックリ!
image

グローエのトイレ(初めて見ました!)と合わせたこの例にやられました。
天然石なのに、ファブリックのようでもあり・・・素敵過ぎる・・・!
このタイルは、狭いスペースもいいけど、面として広いとよりいい・・・!リビングのテレビ前の一面とか、玄関とか書斎にも合いそうです。
オシャレ過ぎてヨダレがでる・・・ε-(´∀`; )
image

さらに本命の天然石モザイクちゃん
image
こっちもお値段がビックリ
シートに換算すると、確か1シートで2000前後?
こっちも数秒で破局・・・


モザイクタイルも擬似で選んでいて思いましたが、やっぱり天然石が好みなんだと自分を再認識しました。

様々な建材を前にすると、自分の奥底にあるものを良く良く見直すことができるので、家創りの醍醐味とはこういう所にもあるんだろうなと思います。


さて、我が家のタイル施工も残りは玄関のみ。
土曜夜にタイル屋さんが玄関に下地をヌリヌリしてました。
image

絶対に工務店のT社長の好みである玄関のアールの効いた框(?というのでしょうか)も、板塀で押さえられながら形作られてます。
果たしてこのアールの部分の施工はどうなるのか?
タイル切断大変そうだよなぁ・・・でもこれを設計したのはT社長達だから!大変だとしても私じゃないですからね!!
と心に思いながら現場を後にしました。

月曜日には完了するそうなので、楽しみです。

タイルって面白いね!と思っていただけたら、励ましにポチっと下のボタンの押下をお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(12:29)

2017年12月07日

襖!襖!と騒いでいる間に、現場ではついにタイル施工が開始したようです。
今朝方こっそり現場に行くと・・・

ん・・・?なんか黒いぞ?(キッチンもだけど壁がね)
image

image
キッチンの壁にタイルがぁ〜〜!!!(◎_◎)

レンジフード周りはこんな感じになっていました。
image
イメージ通りの様子に号泣・・・ヽ(;▽;)ノ


悩みに悩んで結局4回もショールームに足を運び目で見て触って、そしてギリギリでの色変更でした。

・1回目タイル見学、ADVAN(M氏子供らと)
・2回目タイル見学、ADVAN(Iさんとマンツー)
・タイル欠品
・3回目タイル見学、ADVAN(個人で)
・4回目タイル見学、平田タイル(個人で)

[タイル過去記事]
タイルへの誘い・ADVANアトヴァンショールームへ行きました
タイルへの誘い②・キッチン壁面の候補をあげる
タイルへの誘い③・洗面所壁面の候補をあげる
大工工事が終了・足場が取れました。しかしまだまだ問題が・・・!!
諦めない先に光はある!・タイル屋再訪

もうほんとこの一言。

諦めなくて良かった!!!

ちなみに、キッチンのタイルの色。
見てわかる通りグレーです。

過去記事では『黒にする』と『黒キッチン✖️黒タイル=暗いの決定!』とか言ってましたが、実はギリギリで変えてました…!(^◇^;)

もともとグレーを希望していたところ
→候補が欠品→そんならいっそ黒!
→色よりもテクスチャーに疑問→平田タイルで再検討
→理想を見つける→スタッフさんと共感し白に決定
→翌日夢でうなされて目覚める『ちがーう!白じゃない!!』
→グレーに変更!

黒キッチン✖️黒タイルの施工例にならず、もしも期待していた方がいましたら申し訳ない・・・^^;
黒キッチン✖️グレータイル✖️ウォルナット床の施工例となります。
かなりマニッシュな配色なので、女性よりも男性向けかもしれない。
なんだよ!黒じゃないのかYO!と思われましたら以下ボタンクリックお願い致します。。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(17:25)

2017年12月01日

続々と設備工事が続く中、ついにタイルも搬入されました。
image
玄関にごそっと置かれています。

これは多分ADVANで選んだ玄関の二段目の室内タイル、ナット、ですね。
image
そしてこちらは洗面所に貼られる同じくADVANのナットの細身タイプ。

なんだか暗いところで見るとショールームで見た様子と若干異なる印象ですが(もっとキラキラしていたと思ったけどなんだか燻んだ感じ?)、これが貼られるとどう変わるか・・・楽しみです。

洗面所は現在こんな感じにクロスとクッションフロアが終わった状態になっていて、
あとは壁面タイルと右側壁面に取り付けられる収納、そして洗面ボウル、壁付け水栓、照明、鏡、タオル掛け、を残すのみです。
image

トイレのクッションフロアと同じシンンコールの中から極めてシンプルなデザイン&色を選びました。
タイルと合っていることを願います。

ふと、左の風呂場からなにやら視線を感じたので見てみると、洗面ボウルカタラーノがぁ・・・!!!
image
ひっくり返っています・・・。

そのうちこちらも取り付けられるのですかね。
我が家に念願のカタラーノが・・・
ようこそ!いらっしゃい!!!




どうかしっくりといきますように。。



出来上がるにつれ嬉しさと同じく怖さが出てくる物なんですね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

(13:12)

2017年11月24日


先日18日土曜日に壁紙の最終プランを決定し、
翌週20日月曜日に仕様書の最終確認をしたと思ったら。

21日火曜日の夜、いつものごとく会社帰りに現場を見に行ったM氏から報告が・・・

『壁紙業者さん仕事してたよ』

ぬぅあにぃ~~!!(゚ω゚;)

壁紙決定その1日後にはもう壁紙が貼られ始めてたーーー!!!

kabegami_after
玄関から見た図。リビングの奥壁が白い・・・!!

Iさんが『ギリギリですが・・・大丈夫です』と言っていたわけがよくわかりました・・・・

先週頭の時点で『壁紙屋さんに方に確定した壁紙については頭だしはしておきますね』とは言っていましたが、うちがどれだけギリギリでやっていたのか・・・・
待っていただき、最後に考える時間を下さり本当にありがたい気持ちです。。

というかもっと早く決めなさい!ということでもあるんですが、
でも我々はIさんのスケジュールにのっとって決めたり考え始めてるところもあるので、一概に我々だけのせいとも言えないので・・・まぁでももっと早くきめようね!(もう決めることあまり残されていないけどね。あ、照明と外溝があった。照明もまだなのか!的な声が聞こえる…苦笑)

ブログタイトル変えようかなぁ
『アキマキの工務店の家でいこう/ギリギリを探して』とか・・・
(;A´▽`A

ということで、祝日23日のお昼に差し入れを持ちながら現場へ行ってきました。
以前はこんな風だったんですけど
kabegami_before
玄関を開けたら、あらまぁ!!
リビングの奥が明るくなってるわ!!!
kabegami_after
光のせいか天井と壁の境がわかりません。
壁にはボードとボードの間が埋められていますわね。
なにげに手摺もついてますね。
この手摺はいいとして階段をぐるっと巡る方の手摺も決まったのですったもんだの末決まったので、また別記事にでも。

よく家ブログの方々がクロスが貼られると石膏ボードの状態からぐっと印象変わってくるよ、と書いてらっしゃいましたけど本当ですね。

先週終わってしまった大工工事のせいでここ数日すっかり大工さんロスになってたんですけど
テンションがまた上がりました。
差し入れできる相手がいるって最高だわ~~!♥(。→ωฺ←。)キャハ♥


でも貼られ始めたと思ったら、あっという間の今週中には終わってしまうそうです。
ざ・・残念。。
いや、まだタイル職人が来るさ!!



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へにほんブログ村
注文住宅(施工主)ランキング

(01:09)

2017年11月20日

タイル決めもタイムリミットなのに、
選定したキッチンタイルが品切れハプニング(過去記事)
そして玄関土間部分のタイルの色がなんか気になってしょうがなく、いてもたってもいられなかった為、
無理やりADVANとそして帰りがけに平田タイルに行ってきました。
image
努力の末か諦めない先に光が見えました!

ADVANで土間タイルを見つけ、
そして平田タイルではキッチンタイルの代替品を決定!
優しく綺麗なスタッフさんが予約もないのに対応&相談にのってくれました。

・・・もう、女神!!

商品も素敵だし、スタッフも店舗も素敵で、すっかり平田タイルのファンになりました・・・


これでタイルもなんとかなりそうです!!

やっと寝れる・・・!!(そこかw)


■ランキング参加しています。
ポチっと押して頂けたら本当に嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村


(15:56)