2018年02月12日

洗濯機はかなりのスペースをとりますので、
設計当初から設計士のIさんとそこは意識して、サイズが現状より大きくなったとしても大丈夫なようにはしています。
image
棚の下には空間を。

ただあまり大きくしてしまうと使い心地が変わってしまうので非常に難しいところ。


・・・と洗濯機に頭を使っているところに、別の問題が発生しました。


日曜日は珍しくも21時に1人電車に揺られていました。家では息子2人とM氏が風呂から上がって寝ていた頃でしょうか。

私もほんのついさっきまで家にいたのですが、日中出かけた先で次男の<大切なモノ>を落としてきてしまい、それが運良く地下鉄の駅に届けられていると分かったため、なんとしても今日中に受け取りにいこうとこんな事態に。

次男の大切なモノとは・・・それは何を隠そう『かいまきタオル』。
image
次男はピーナッツ(スヌーピー)に出てくるライナスまんまなので、大好きなタオルケットがあると心が落ち着くのです。

いずれは手放す時がくるのは分かっているのですが、でもこんな別れは悲しすぎる・・・というか親の我々もあの存在にかなり頼っているところがあるので、無いとわかった時に穏やかな彼がどう豹変してしまうかわからない!!これをキッカケにヘビーなイヤイヤ期に突入?!イヤ!ヤメテ!
とM氏と2人で思い(次男にはひた隠し中)、M氏が各所に連絡してくれた結果発見に至りました。

・・・良かった・・・本当に良かった!涙

ということで、急いでタオルケットを確保しにいったわけですが、
なんのこっちゃ。
あまりに自然すぎる存在はそれが無いとなった時にかなりの衝撃と動揺を発生させてしまうものなんですよね。

我が家の次男がライナスだとか洗濯機事情とか興味無いのが大多数ではあり、
誰がウチのサイズだけを気にした洗濯機調査結果を知りたいか?
とは思いましたが、とにかくも続けたいと思います。

(前置きが長いのも動揺の表れ…)

前回の記事では『パナソニックのろ最新型Cubleのサイズが現我が家の旧式パナソニック洗濯機NA-V61とほぼ同じと分かった』という段階でしたが、
その後Cubleの前形態は何か?
→マンションにもぴったりな『プチドラム』
だったということに辿り着き、成る程、と気づくことになりました。

image
アナタはプチだったのね

だからこそサイズ感がCubleと近くて当たり前。
プチドラムは、その後継としてデザイン性を上げCubleとして生まれ変わったのでした。

image
進化の先のたどり着いたフォルムなのさ

となると、プチドラムがなくなった別モデルは必然的に大きくなる道を辿り、我が家のとはかなりのサイズ差になる結果となりました。


上位クラスの
[パナソニック]NA-VX98L00L
image
http://panasonic.jp/wash/product/na_vx9800.html
2017年10月発売
容量11.0Kg 乾燥容量6.0Kg 洗濯乾燥機
温水機能
image

奥行きが5センチ以上出っ張った上に、
高さに至ってはゆうに105センチ超えです。

さすが容量11キロ。思ったよりもありますね・・・

そして下のモデル達も
[パナソニック]NA-VX8800L
image
http://panasonic.jp/wash/product/na_vx8800.html
2017年10月発売
容量11.0Kg 乾燥容量6.0Kg 洗濯乾燥機
温水機能
image


[パナソニック]NA-VX7800L
image
http://panasonic.jp/wash/product/na_vx7800.html
2017年10月発売
容量10.0Kg 乾燥容量6.0Kg 洗濯乾燥機
✖️温水機能
image


[パナソニック]NA-VX3800L
image
http://panasonic.jp/wash/product/na_vx3800.html
2017年10月発売
容量10.0Kg 乾燥容量6.0Kg 洗濯乾燥機
✖️温水機能
image


容量が大きくなれば、そりゃある程度の大きさが必要。そんなところでしょうか。

Cubleに容量の7、8キロランクを任せた為にNA-VXシリーズは皆10キロ以上の容量ばかり
確かにたくさんの容量はありがたいですが、
となると現在と同じようなフォルムだとしてもこの系統を置くのもなかなかハードルが高いことがわかってきました。

どうしたものかな・・・。

となると、
次はパナソニック以外のメーカーにも調査のメスを入れてみる必要があるようです。

(え・・?!まだまだ続くの・・・!?)
申し訳ありません・・・

いつもポチポチありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング


(01:23)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字