今日から2月です。

通勤途中の乗り換え駅では大学名を書いたカードを持って道案内している人を見かけ、大学入試も本格化、そんな季節がやってきたんですね。
自分が大学入試の頃はスマホなんて無く、まだ携帯又はピッチの時代でしたから(そして私は携帯は所持していなかった)、地図アプリなんてもちろん無くて、ああいった看板持った人や地図や人の流れが頼りだったなぁ、なんて懐かしく思ってしまいました。

駅の立て看板には受験生向けに『頑張れ!諦めるな!君の努力は無駄ではない!』とエールが書かれていたのにほっこり。

そうだな、と。
受験生とは全く話が違うけど、引越してからちょうど一週間が過ぎ『引越ししたてで〜〜テヘ』はそろそろ通用しないかな自分も頑張ろう!と戒めのように心に刻んでみました。


さて、そんな話はさておき。

現状で家を建築するあたり一番取り入れて良かったなぁ!と実感している設備機能があります。
image


電動シャッター
です。


そもそも戸建経験が無い私にとってシャッターは初物。
それに戸惑うのは嫌だなと思い、ブログ村での事前調査の結果設計当初から『絶対に電動シャッターにする』と決めていました。

たとえ値段があがるとも、ここは上がって当たり前。
むしろ電動シャッターが標準状態と思ってと考えていました。


その結果、
朝起きたら、暖房をつけつつ部屋の中からリモコンで

うぃーんと自動でシャッターを上げています。
image


窓を開けずにシャッターを開閉できるから寒くもならないし、虫も入らせないし、なんて幸せ・・・!
これは最高です。

電動シャッターにすると外から見た時に電動部分のせいで分厚く不恰好になるかと心配しましたが、取り付けられた様子を見る限り心配した程ではありませんでした。
image


我が家の電動シャッターはリクシルのエアリスでないタイプのだったかと。
http://www.lixil.co.jp/lineup/window_shutter/shutter/
多分イタリヤでしょうか。

個人的に電動シャッターは全力でおすすめできる機能です。


予算ないよ!と思っても、収納のドアを一つか二つやめてオープン収納にすれば扉分の差額で電動シャッターの取り入れは十分可能かと思われます。


そんな我が家は別の理由で収納場所にドアを設けませんでした。
ドア無しの収納についてはまた別件にでも。

いつもポチポチありがとうございます!
これからもよろしくお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング