外壁ここ数日の晴れ間のおかげで外壁作業が再開しそうだと思ったらの台風再訪!
また外壁作業は中断されそうです・・・。

我が家はガルバリウム横葺きと塗りのツートンでして、
その境目の収まり具合が調整されていました。

IMG_3528
右がガルバリウムで左に塗りがやってくる予定。

ガルバリウムは、アイジー工業株式会社のSF-ビレクト
柄)フラット 
色)チャコールメタリック
です。

塗りは、アイカ工業株式会社
ジョリパットアルファ JP-100
「割肌」仕上げ
です。

関係ないですが、現在アイカ工業のHPが閉鎖中のようですね。サイバー攻撃だとか・・・怖いものです。
ジョリパットジョリパットと口に出していたけどその実ジョリパットについて何も理解していなかったのでHPで勉強しようと思ったらこの状況で残念。HPが再開されたら別途記録にまとめようと思います。ということで、今日の記事は細かい違いがわかっての内容ではありませんのであしからず。。。


外壁の塗りは何色にする??

ということで漠然と白と決めていたわけですが(過去記事:『外壁カラーリング検討』)、
白といってもこんなにあるわけです。
level10
このカラーレベルNo.1表で比較してみると、ぱっと見『T1000』(右下)が「真っ白」であるように感じます。
ですが今回工務店側から渡された候補サンプルにはこの『T1000』がありませんでした。
実は色を決めてしまってからこのカラーレベルを見たので、もし色決めをする段階でこの『T1000』を知っていたらどうなっていたかなぁ。Iさんがこれを選択肢の中に加えなかった理由も何かあるんでしょうか。

さて、それでも大量に渡されたジョリパットのサンプルを手に天気の良い日に現地で①日光の下、②日陰で、と両方での見え方を確認しました。
特に我が家は南にはオンボロアパートが建っていてその全貌が見えにくく、どちらかと言ったら北側面の方がとても開けていて外観が良く見えます。なので②日陰での色の見え方に注意して確認しました。

e294e580
サンプルに番号を振ってみました。ほんと白といっても随分違う!
う~ん、こうなるとやっぱり『T1000』も比較してみたかったなぁ~

カラーレベルの表と比べてもほぼ同じだと感じました。
これが太陽の下だと結構変わってきます。

IMG_3298 (2)
日の光を浴びてどれも少し温かみのある色に変わっています。
こうなってくると正直私には『T1008』と『T1702』の違いがわからなくなってきます・・・;

ということでやっぱり日陰での見え方と『割肌』仕上げという表情のよさはどのカラーかな?というところから最終的に『T1702』に決定しました。

ガルバリウムの色がネイビーやグレーだったりしたら塗りの選択も変わってくるんだと思います。

外壁に塗られる日が楽しみです。
でもまずは下地から・・・
外壁屋さんには頭が下がります・・・今日も何か差し入れを持っていこう!
こう寒くなってくるとやっぱりホットドリンクとかですかね!?

■外壁カラーリングに少しでもお役立ちできそうでしたら是非ポチっと・・・
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村