すっかり忘れていましたが、ミーレショールームへ行った理由のそもそも
25周年記念モデルについてです。

さんざん説明を聞いて考えて、帰ろうとした時ふと目に25周年の文字が入りました。

IMG_2930

25周年モデルはW600のみ。
機能も制限されていました。

メジャーな機能のうち、以下が無いそうです。
・オートオープン
・1時間洗浄モード
・グラス立てバスケット
・画面表示の文字

それで25万(税抜き)まで価格を抑えているようです。

洗浄力はその他モデルと変わらないので、それでいいよ!という場合には
とてもありがたく、庶民にも門戸を開いてくれている気がします。
まんまと私もその隙間に手を伸ばしてみたという庶民。
そりゃ富裕層向けなのはよく理解してるけど、でも経済の構成員である庶民だって大事ですよね。
富裕層が持ってる邸宅&別荘に全て搭載しても買い替えまでは最低でも10年くらいはあくでしょうし!

IMG_2929
そういえば、W600の場合一番上の段の真ん中がもっとくぼんでいて、
オタマなどがひっかからずに入るそうなのですが、
このモデルはそれが無いので高さがある器具はひっかかるそうです。

オタマを上に入れなければいいだけの話ですよね。

ヨーロッパではW600が主流でW450はあまり採用されていないとのこと(ショールームの人談)
なので値段設定でも450よりも600が割安だったりして、
450を選んだからといってお得というわけでもないそうです。

物自体がそれなりに金額がするものですし、
W600が置けるということはスペースに余裕があるということですので、
ある程度富裕層向けということになってくるのは確かでございます
(ショールームの人談)


・・・・(^^;)
あれ?そんなに門戸は開いてなかったかもしれない・・・
なんだか変な汗をかきながら帰ってきました(笑)



■ま!日本人は色々組み合わせるのが上手ですから♪
更新の励みにポチっと押して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村