先日の打ち合わせにて室内ドアもフィックスさせました。


①当初見積もりでのプラン
1、2階フロアともに
Panasonic ベリティスシリーズ



②Panasonicショールーム後のプラン
1階フロア ⇒ 神谷 E-Style
2階フロア ⇒ Panasonicベリティス



③最終プラン
1階フロア ⇒ 神谷 CUBE & CUBE Vertica
2階フロア ⇒ Panasonicベリティス


となりました。
室内ドアは全てホワイトにしようというM氏案を採用しようとしたところ、
神谷のE-Styleシリーズでは完全なホワイト色のラインナップが無く、木目調のホワイト『フレンチホワイト』になってしまうことが判明。

それを設計士のIさんに伝えホワイト色(シェルホワイト)があるCUBEシリーズに変更してもらうことにしました。

少し価格も上がってしまうんですがそれでも良いのでとお願いすると、
枚数が少ないのでいいですよ〜(我が家の一階はトイレ・サニタリー・LDKの3枚)と言いながらちらっと同席するT社長を見るIさん。

あ、ちなみにサニタリーの引き戸は取ってがドアと一体化しているヴェルティカがいいのでそっちでお願いします(4万くらいあがる)、と言うと…
一枚だけですし1万8千くらいで大丈夫ですよ〜、ですよね?社長?と聞くIさん。
はい、…え??え??う、ウーン…^^; 何か頭を過ぎったようなT社長ですが、
はい、と言ったのを聞き逃さず、復唱しメモしてきました(笑)

我が家の工務店さん、割引とかがよくわかません。
ところどころ社長の匙加減でやってる気がしますし、我が家は結構無理?言ってしまってるのかもしれない。
コンセント口や窓一つ増やす度に⚪︎⚪︎円とかきっぱり決まってる工務店もあり(過去に検討した所もそうでした)、そういう方法のがタイプの人もいると思います。
でもうちの場合はこの微妙〜な匙加減であっちでなんかされてるというブラックボックスな方が合っていた、この工務店でよかったと思います。


ちなみにフレンチホワイトとシェルホワイトの違いはこのような感じです。

IMG_2761
ノイズが入ってしまい若干分かりにくいですが、木目の違いがあります。
フレンチホワイトだと可愛らしさが出てくるので、今回の我が家の方向性とは違ってくるかな。
床の色もウォルナットで濃いですしね。

玄関扉、床、窓サッシ、室内ドアと決まってくるといよいよ戻れないなぁ〜と感じます。

家作りの初めからカジュアルやモダンなどがっちり固まっていたわけではない我が家の家作りなので、
なんとな〜く思い描いていたものにその時その時の気持ちを乗っけ、えいっ、と決めてきましたので、
これがあとあと全体としてどうなるか?が少し心配でもあります。

色んな洋服屋さんでオシャレな服を買ったのにいざ合わせて着てみるとあれ?という残念パターンになりませんように…^^;
マネキン買いができたら…ってそれじゃ建売になっちゃって注文の醍醐味がなくなっちゃいますものね。
見た目も大事だけど着心地も大切ですし。





■以下参加しながら、毎日勉強しています。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村