いや~暑い日々が続いていて、少々ぐったりしがちです(×_×)
暑いだけならまだしも先日の日曜日にTOTOとトクラスのショールームに行くためにしていた前日の予習&
当日の聞き込み&移動が相当体に堪えたのか、
晩御飯を作って食べて片付けた後はほとんど倒れこむように寝てしまい、
子供たちのお風呂と寝る支度は全て夫M氏に有無を言わさず任せてしまいました・・・

しかもまだ体の疲労が癒えず、翌月曜もブログを書くこともできずに子供の寝かしつけとともに寝落ち・・・

いや~、年齢には耐えられませんですわ。。。


さて、忘れないうちにぼちぼちブログでも再開しようと思うのですが、
まず最初に書いておこうと思ったのがやっぱり例の最新のトイレはすごかったということです。

私はTOTOのショールームに着くなり目につきました。
(M氏は気づかなかったらしいです。それはそのはずほぼ子守をお願いしていたのですから・・・苦笑)

驚いたのはそのデカさ

IMG_2320


写真で見るとそんな風に感じませんが、体感普通のタンクレスの1.5倍はあるんでないかといった感じでございます。

丸みを帯びたその滑らかな形は、何か産まれるんじゃないか?これは生き物なんでないか??Σ(゚д゚;)
そんな様子。

IMG_2318

便座が開くと、ババーン。
広いです。

分かる人は分かると思うのですが、
このトイレ、水が出る位置がこれまでのタンクレスと反対なんです。
通常奥から手前に向かって水が流れてくるのですが、
このトイレは手前側から奥に向かって水が放出されるそうです。

変わった理由はやはり見た目からということ。
トイレに向かって立ったときに水が放出される穴が見えるのが嫌だ・・・そんな意見から手前になったと・・・
う~ん・・・個人的にも確かにその穴が見えるのは嫌だなぁと思っていたので素敵!!っと思いましたが、
簡単に穴をみたくないから!ということで放出穴を移動するなんて・・・
こうトイレの内部設計としては配管とかもあるでしょうし大変だっただろうなぁ・・・とこのトイレを見ながら
しみじみ感じいってしまいました。

ちなみに説明して下さった担当の女性曰く、『もちろん見た目だけというわけでもなく、水流の勢いのあるうちに一番汚れがつきそうな奥の方に水を届かせるため』ということらしいです。
なんとなく一番汚れるのは大便をした時の手前側なんじゃないかしら・・?と思ったのですが、そこは『なるほど~』と言っておきました。

これまでのタンクレスと異なる部分はもう一つあって、電気機器部分が通常のタンクレスだとトイレの背部にあったわけですが、
このトイレは便座の上?中?というのでしょうか、とりあえずその機械がのっかっています。
M氏はすかさず『小便がかかったりして壊れそう・・・』なんて言ってましたが;、
でもそのおかげというか、そのためにというか、
トイレ全体が陶器になっています。
トイレの背面も陶器なのでツルっとマルっと綺麗なんです。

この生き物のようなフォルムはそのおかげで成しているわけなのね!!
まぁデザイン的にも全てが同じ材質というのは私は好きです。
生き物すぎるのはちょっと抵抗がありましけど。


そしてすごいのはリモコンです。
IMG_2319

液晶です!

このリモコン、近寄ったり便座に座るとセンサーが感知して自動で手前に出てきます。
写真を撮りそこねましたが、普段は仕舞われていて見た目はとてもフラットです。

特別聞いたわけではないですが、このリモコンは奥行きを必要とするのでほぼカウンター型になるのでしょうか。

ちなみにトイレの裏の配管はこちら。
IMG_2321
専用の器具らしく、とてもスマートです。

もちろん電気の配線は別にあり、水の配管とは反対側に普通にコンセントプラグでした。

今後一生座ることも無いし、お目にかかることもなさそうなので記念に座ってみましたら、
非常に心地よかったです。

担当女性に聞いた段階では、まだ受注を受けたという話はないとのことで・・・

『タンクレス』=お洒落・小スペース
という逆の概念を行く
もろにスペースを必要とする、むしろメインといった
一般庶民には縁の無いトイレと出会えた貴重な体験でした。


でも、たぶんトイレに4畳くらい使える人なら導入するのもありえるのでしょう。
トイレ一つに60万くらい大したことない、ってね。


うちは60万もあったらキッチンの方にまわしたいものです。
その日工務店の設計士Iさんから知らされたキッチンの差額分の大きさに打ちのめされているので、
トイレなんて場合ではなかったりします。
キッチンの話はまた別で・・・



■以下参加中です
 押して頂けると励みになりますよろしくお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村