2019年06月

2019年06月19日

新居に引っ越したらやりたかった事

それは、枝ものを飾ることです

  
「枝もの」というとインスタやブログでも定番
のあれですね

ドウダンツツジ

FullSizeRender
先日と言っても5月末頃の話ですが、近所の花屋に昨日入ったところというのを見つけ、早速買ってみました


ちょうど一年前に玄関アプローチの植林をお願いした庭師K氏にも、「もしドウダンツツジなどもありましたら、庭木に入れてみたいのですが…」と話したことあったのですが、K氏はK氏の雑木庭を目指すところがあり、ドウダンツツジはちょい雰囲気が外れるとのことで却下された経緯があります

しかし、室内はまた別ですからね!
枝ものをいけるというのをどうしても一度やってみたかったので、取り入れてみました

結果こんな感じです
FullSizeRender

枝のいけ方はおいといて・・・(^^;
我が家のキッチン隅にも潤いが・・・!

緑が入ると何だか間の抜けていた空間の湿度があがり、程よく調和してくれたような気がします

さすが枝もの!!

ちなみに、今回は1本800円弱くらいを2本購入
1本は1メートルくらいで、もう1本は80センチくらいでした
同じ値段でも結構個体差があったので、買う時は良く枝の雰囲気をみて選ぶといいですよ〜と花屋さんにアドバイスされました


1メートルくらいの枝ものを入れる花瓶となると、どれくらいの高さの花瓶がバランスいいのか分からず、これも四苦八苦

とりあえず上の写真の花瓶は24センチです
やはり若干心もとない感じはしますね

別の花屋さんと相談した時は、1メートルを超える枝ものの場合だと40〜50センチくらいの深さがあった方がバランス良いですよ、あとそれなりに重さがないと枝ものの重量に耐えられず倒れる事があるので重さや素材感とかも大切です、と言われたんですが、結構花瓶というのもお値段高いのですよね・・・あっという間に4,5千円超えますなら…

なんだかんだメルカリ等を駆使して揃えられた玄関の花瓶も20センチ強

IMG_3657

玄関にも置いてみました

全体的に白が多目の玄関部分に彩りがでました
本当なら玄関に絵やポスターを飾ろうと思ってのこのスペースでしたが、飾りたいな〜と思う品にはまだ出会えていません
目下、子ども達の製作を飾る棚として大活躍してます


尚、夜になるとこんな感じに
FullSizeRender
工務店のT社長と設計士Iさんが考えてくれたライティングをやっと少し活かす事ができました


枝もの、いいですね
センス無い人間でもそれっぽい雰囲気にしてくれる力があります!


なんだかんだ1ヶ月くらい置いてますが、まだ緑青々していますから、コストパフォーマンスが凄くいいです

でもそのドウダンツツジもダメになりそうなんだけど、次はどうしようかしら??

やはり、夏が近づいてくるとアレですかね
ひまわり

小ぶりなひまわりを何本も活けたら素敵そうです・・・
しかしお花屋さんで仕入れると高そうですね

こんな時こそ自宅の空いてる庭空間でひまわり育ててみるといいのかな?



小ぶりなひまわりの種でも仕入れてみます







(13:26)

2019年06月12日


なんだかんだとしている間に梅雨の時期になってきましたね

家的には特に何か変わったことはないですが、
寝具を変えたり、
草を飾ってみたり、草取りしたり、
不要な本を捨ててみたり、
なんてことをしています

特に寝具!

以前肌に触れる部分の素材を100%綿や麻の天然系に変えたのですが、続いては中の布団そのものやベッドパット類、敷布団類も考慮の結果変えてみました

結果、寝心地アップ!!

個人的にはぐっすり蒸れることなく(←ここ大事!)寝れてます


布団事情はまた別にてあげるとして、
気になってるのはそろそろくるらしい無印週間です


特別無印で物を揃えていることはないのですが、そういえばこのケースもう一つ欲しいなぁ〜とか、ディスペンサーが5年も使ってて酷い有様だなぁ〜とか、あるのでここらで買っておきたいと思いました


建築中の方々にとっては、ソファーやら何やら、まとめて買うにはお得週間ですよね!


私も今回はのぞいてみようかなと思います^ ^

期間:2019年6月14日(金)~6月25日(火)
※ネットストアは2019年6月14日(金)午前10時~6月26日(水)午前10時

金曜日からですって!
備忘録!


さて、最近の我が家のリビングはこんな感じです
FullSizeRender

子どものおもちゃ(主にタカラトミー製品)を二階のプレイルームに持っていったおかげで一階リビングがスッキリしました

二階におもちゃがあっても子どもの年齢が5才と3才に上がったので階段の上り下りも心配なく、片付けもしっかりできるし、食事中にチラチラとおもちゃを見てしまい集中できないという我が家の懸念点も解消できかなり快適です!

おもちゃの誘惑に負けない子どもならOKですが、我が子達はあっという間に床に落ちてるおもちゃに目と頭が奪われるので、リビング横のプレイルームという間取りでなくて正解だったようです


小さいうちはリビング横のプレイルームって結構融通きいていいと思いますが、家々によって合う合わないあるかもですね〜

間取り決めの頃が懐かしいです



(13:39)