2019年04月

2019年04月29日

始まりました10連休

皆さんはどこか出かけてるのでしょうかね
10連休もあったら、国内なら1回といわず一度戻ってきてまた2箇所目とか、普段なら休暇申請に苦労しないと行けない社会人もヨーロッパへゆうゆうと行けちゃいますものね

多少(?)高くてもここ数年行ってない・行かない分の旅費と思えば価値あるタイミングなんでしょう!
いいですね〜

FullSizeRender


さて、我が家はというとザ・丸々予定無し!

行っても電車30分程度の子どものイベントです
3月末と4月頭に各所帰省したのでこのゴールデンウイークには戻らないので、家の予定をじっくり組めるのは有難いものです


ということで、
連休2日目の昨日は半年以上拭いてあげてなかった外壁ガルバの拭き掃除をしてみました
(連休1日目は園関連のプリントなど紙ゴミを整理しました)

我が家の外壁は、ジョリパットの塗り壁と金属系サイディング・ガルバリウムのツートンカラーです

外壁については、過去記事良かったらご覧下さい
(なぜかガルバのページへのアクセスが多いようで今でも見て下さる方がいらっしゃるようです)

【関連記事】


我が家のガルバは、アイジー株式会社のSFビレクトでして、
カラーは「Fチャコールメタリック」です
工務店のT社長、そして設計士I氏からのおススメのカラーでしたので、一応サンプルをもらい、日に当てたり影にしたりと確認してGOサインとなりました



今、久しぶりにサイトを見ましたら、新色が今年(2019年3月)追加されたみたいですね

FullSizeRender

ネイビーですって!あら素敵!!
一昨年このカラーがあったら、悩んでいそうです絶対

こちらのガルバリウムは、日差しが当たった時のカラーが結構変わると思います
我が家のチャコールメタリックも、日差しが当たるとかなりシルバーグレーのように明るくなります

ネイビーが日差しによりどれ程変わるのかによりますが、少しカジュアル感出しつつ、玄関庇の軒天を板張りにしたりグレーのジョリパットと組み合わせたり、コンクリートの塀と組み合わせ、植林盛り盛りにしたら・・・うーん、、、カッコイイでしょうね〜

我が家のチャコールメタリックの壁はというと、近所に畑があったり、たまたま近くで会社寮の建設工事があったりと土埃が強かったので、雨水に土が混じり壁に付着しています

IMG_3185

ほっといても雨で流れていくので、基本お掃除は必要ないと言われていますし、1年住んでて実際掃除は要らぬと感じてますが、個人的な感覚で言えばこの付着物が着いてない状態の方が好きなので、(かつ、私拭くという動作が好きなので)、拭きあげちゃいます!

IMG_3186
(before)白っぽくなってるのが

IMG_3189
(after)綺麗になりました

これでかなり気持ちスッキリです

綺麗なガルバに緑豊かになってきた玄関アプローチの木々達が寄り添い、こちらも気持ち良さそうです

FullSizeRender

近頃は緑が濃くなってきたので、
家の中からもこの緑が見えます

家を建てる事が出来た贅沢の1つが、窓から見える自分の好みの木の緑だなぁ、とほんの些細な事ですが、日々そう思い、益々家が好きになります

家を大切にしたいので、
まるで革靴のお手入れをするように壁だって拭いてしまいます

FullSizeRender

さて、
今年はこの視線の先に何か植木鉢を配置して南テラスをより心地よい空間にしてみたいな、と計画しています

少しでも形に出来たらいいなぁ〜





(23:38)

2019年04月24日

前回、インドアグリーンが危機的です、と書いたのですが
あれから1週間
ずっとお風呂場の窓に置かれてるハゲハゲシダ植物

ふと見たら・・・

FullSizeRender

新芽が出てるーー


どうやら湿気対策が功を奏したようです!
良かった〜もし本当に枯れてしまったら、indoor Green初心者の私にとってはそれなりの投資額を失うとこでしたわ・・・


やはりポット内での根腐れでは無かった模様
私の配置場所に問題があったことが良くわかりました

特性をつかんでの適材適所って大切ですね・・・植物も・・・


このまま夏頃くらいには再び青々と繁ってくれることを祈ります!


シダ植物系育てている方(で私のようなド初心者の方)、お風呂場、おススメです







(15:23)

2019年04月17日


家の外の植木達は調子がいいという話でしたが、さて家の中はどうかといいますと・・・


非常に危機的です 汗


こちらのグリーン

FullSizeRender

シダ系の植物なんですが

FullSizeRender

ものすごく禿げてます・・・


なぜ禿げてるかというと、中の枝葉があまりに茶色く枯れまして、酷かったのでダメになってしまった部分を泣く泣くハサミで切り落とした結果なんですが、


もともとはどんなだったかというと
このように青々!
FullSizeRender

もう元気満々で綺麗ですね〜

今年の1月、購入した時点はこんなだったのに、
シダ系という植物を甘くみてました・・・

『土が乾いたか、乾かないくらいでお水を』
『葉水をあげると喜びます』

という説明文をもとに、リビングにおきながら1週間に一度はお水はやりやりしていたんですが、いつ触っても葉は乾燥気味で色艶はどんどん悪くなる一方

通気が悪く蒸れて根腐れなのか?
はたまた単に湿気が足りなかったのか?
エアコンの風にあたってしまったか?
日光浴をと思い直射日光に当てたのがいけなかったか?

もし根腐れだとしても、これは園芸店を営んでいる人が考えてこの器に移し変えたものを購入しているので、ひとまずそこは信じたいところ

だとしたらやっぱり湿気具合と直射日光じゃないか?
この冬リビングは結構乾燥していたので、その環境に合わなかったのかもしれない!

じゃあ、湿気が多い場所ってどこかな?
と考えた末たどり着いたのがお風呂場でした

 FullSizeRender

シダ植物なんだもの
直射日光はいらないけど適度な明るさを
湿気大好き
適度の風通しも必要
ですよね

北東に位置する風呂場の窓枠に置いて、今後の再生にかけたいと思います!

この時こそ風呂場の窓が横長で良かった、と心底思いました。。
風呂場の横長窓、おススメです


ちゃんと特性を理解して配置しないとあっという間に元気なくなるので、インドアグリーン、難しいです!!







(15:53)

2019年04月14日


暖かくなったと思ったらまた2月上司の寒さになったりとか安定しない週もありますね〜

冬コートなんてもう片付けてるし着たくないってのにどうすりゃいいんでしょ?!


そんな天候の中、
我が家の枯れたような庭木にも緑が戻ってきました

ちなみに我が家の庭木植樹については1年前のこちらの記事にてどうぞ…


FullSizeRender

ナツハゼに新芽がワサワサっと出てきたり

FullSizeRender

丸裸だったイロハモミジにたった数日で葉がついたり

あなた達のイメチェンには驚かされるわ!

出ない時は絶対出ないのに、今だ!、って時になるとワサっと出てくるので、落葉樹ってほんと面白いですね

落葉樹があると季節感が感じられますし、断然おススメです

そして家族皆んなが期待するのはブルーベリー

FullSizeRender

この子も落葉樹
丸裸になって心配してましたけどこの通り
今年も実を付けますように〜

実がつく時期はフルーツを買わなくていいからほんと経済的でいいんですよ!

庭木にというか玄関前の植樹がお勧めです!

「ん?デザートが欲しい?じゃあお支度済ませたら、お外でブルーベリー食べながら待ってて!」って 笑
もう忙しい朝にはうってつけです! 笑

共働き&小さな子どもいる世代こそ、
玄関前には食べられる木を!!
究極の時短技です!

鉢植えももちろんですが、
なんとなく樹形を見ていて思ったのが
真っ直ぐ系の高木の下に置くとバランスがいいようです

東京の狭い敷地に建ぺい率ギリギリで建て、植林スペースが少なかったり、もちろんお隣さん事情もありますから
あんまり隣家との境には高木落葉樹って植え付け辛いものです

本当は私もアプローチの隣家側にも高木を入れたかった〜!
しかしそこはお隣さんのカーポート

葉や新芽の頃の木の皮が落ちてしかも雨で車の外装に付着!ドアの隙間に入り込む!とかありますから、植えない方が絶対に良いです

という造園師さんのアドバイスを聞き
やめました

家庭菜園に使ったらどうですか?
と言われたのですが、とりあえず一年目は何も無し草むしりくらいで放置&様子見

そして昨年の劇寒の大晦日
M氏に依頼してチューリップの球根を仕込んでもらいました

ちなみにこの後M氏は熱出して倒れました・・・やはり私のせいだろうか・・・苦笑 ^^;

FullSizeRender

出ました〜〜!
チューリップ!

ん?これがチューリップ?!

となりそうですがチューリップです

原種チューリップというタイプでして、公園等で良く見るチューリップとは少々違ってます

雑木庭を目指すアプローチにはこのタイプだけを植え付けたかったのですが、
チューリップだ〜!と小さな子ども達には認識してもらいづらいよね…(あと育て難いらしいので)
数は少なめして手間にはいかにもなチューリップを

FullSizeRender

こちらも出ました!

FullSizeRender

こんな風に様子を見ながら登園&出社

必ず目に付くので、玄関アプローチ脇の寄せ植えもいいものですね

少々の水やり忘れにも耐えてくれますしね
地植え、最高です

ちなみに地植えできないインドアグリーンには、危機が訪れてます・・・(^_^;)

危機的インドアグリーンについてはまた後ほど・・・








(08:20)

2019年04月03日

昨年引越しした我が家は、
昔の日本の家ならあった的なものが無い最近の家といった感じです

でも、もともと和室でゴロゴロが好きなM氏
昔ながらのの日本家屋の風情が好きな私
でもあるので、先日宿泊したいかにもな『旅館』は非常に居心地が良いものでした


たとえばこういった空間

FullSizeRender

のんびりM氏が座ってお庭を眺めています

畳10畳程ある和室の横の板間空間

ここまで大きくなかったけど、昔の祖父母宅にもあったなぁ…と懐かしくなります…

FullSizeRender

旅館だとだいたいテーブルと椅子が置いてありますね

こんな風に贅沢に椅子とテーブルを置こうと思ったらどれ位のスペースが必要なんだろう??

と、ふと思いまして、
おもむろにサイズを測ってみました


FullSizeRender

この板間は幅が100ミリでして
その板が横に16枚
100ミリ×16枚= 1,600ミリ

幅 1.6メートル と判明!


うちのトイレ何個分のスペースよっ!苦笑


あのゆったりした気持ちというものは、
絶対的なゆとり空間がもたらしてくれてるのか!!と、改めてスペースというものの贅沢さが身に沁みた結果でした…

和室の横をこんな作りにしたいな〜なんて方がいたら是非ご参考になれば幸い・・・






(16:09)

2019年04月02日



最近、毎度書いてる気がします
『気づけばもう◯◯』

うーん、、、ということで、
気づけばもう4月・・・
早いです!

家とは完璧に関係ない話ですが
3月末にて、職場で別れが2つほどありまして

私としてはかなり大切な仲間でしたから、彼らのその後を喜び応援し送別したけれど、4月になった1日出社して改めて居ないなぁと寂しさがこみ上げてきました

話せる人は今でもいくらでもいるけど、
話し合える人というのは、
やはり少ないものなんだな

その2名しか話合える人でなかったということか
また新たに探すしかないか
と、
気持ちすっきり、ついでに身体もすっきりしようと十数年お世話になってる美容院に久しぶりに予約を入れてみるとこれまた十数年お世話になってる担当の美容師さんがご退職!

なんですって〜!?
特別引き継ぎなどもなかったそうなので、何か事情でもおありなんでしょうかねぇ…

とまぁ、追い討ちをかけるように寂しさが込み上げましたが、別れは出会いでもあり、
職場には新メンバーが2名
美容師さんも別の方に依頼
また更に良い方へ繋がることを楽しみにするのみです



そしてそして、
素晴らしい出会いといえばこちら!

FullSizeRender

ただいま、私はこちらの椅子に大注目中です


先日の湯布院での朝ごはんの椅子でした


知ってる人ならフォルムでわかるCH20
別名、elbow chair

私はこの特徴的フォルムの中でもおにぎり型の座面(おにぎり型というのはあくまで私個人の表現です^^;)で、これは・・・もしや!と気付けました
M氏の愛椅子ppモブラーと同じおにぎり座面でしたからね

FullSizeRender


椅子選びをする時はお店などで実際に座って感触を確かめてみることですよ

とよく聞きますが、
試し座りどころか、ゆったりした朝食の時間ずっと座っていられるという何とも貴重な体験でした

緊張しながらお店のスタッフに見られる中ちょい座りするくらいでは、座り心地なんて気持ちが舞い上がっちゃって(しかもその椅子が名だたる物とかだったら特に)、経験の浅い私なんかじゃ絶対に良い悪いはわからないわ!と思うので、なんとも贅沢な機会でした

いい意味で見た目と反したその軽さ
なのにしっかりとした身体のホールド感
座った瞬間から優雅な朝の開始でした・・・


FullSizeRender

おや・・・外にも何かがいらっしゃる

FullSizeRender

こちらも、想像していた以上の座り心地でした


しかしやはりあのCH20

ウォルナットが無いことが我が家導入への問題となっています

現地ホームページで確認するとブラックはあるそうですが、やはりここはあのオイル塗装だからこその温もりがあるんじゃないかと・・・

しかもM氏からは我が家のダイニングチェアの脚は金属系で統一した方がいいんじゃない?とのご意見もあり・・・


むむむ・・・


難しいですね
近いうちにもう一度、椅子を置いてるお店で現物を確認しに行ってみたいものです











(13:17)