2019年01月

2019年01月31日



なんだかすっかりご無沙汰してました


何をしていたかと言うと
日曜昼からの長男のインフルエンザ
その対応にバタバタしておりました


普段は何でも食べる子が、水を飲むのすら辛そうに寝るにも寝れず、熱にうなされているのは見ているだけのこちらとしても悲しいものですね

数日後になんとか熱は下がってきましたが、下がりきることがなく、リビングで暇だ暇だ〜といいながらグデっとしております

今年は本当にインフルエンザが大流行ですね

職場でもバタバタと倒れ休んでいくので、大変!と思っていたら我が家にもちゃんとやってきてました。。
長男の幼稚園も学級閉鎖です

私も火曜から明日の金曜まではまるまるお休みとなりました
洗濯と子供との遊びの合間に少しでも片付けが進むといいのですがなかなかそうはいきませんね〜


それでも、長男の食べる方が少し元気になってきたので、食べれそう、という言葉を受けて好物のバナナマフィンを焼いてみたり

FullSizeRender

やっぱり、子供にはバナナ最強説


こんな病気の時は、家遊びが好きな我が子達には助かります

絶対外に出ないと嫌だ!ストレスがたまる!
という子どもだと、少し元気になってきた頃からの自宅待機に頭を悩まされてそうですね

とりあえず我が家では、年明け頃から将棋に興味が向かってるようで将棋遊びやら、いつものタカラトミーとブリオ製品での遊びに夢中です
FullSizeRender


気晴らしに新作パズルでも導入できるといいんですけどね

amazonでも物色しようかしら

そんな1月の終わりです


あ、先日届いた引っ越し案内状、まだ書けてないわ…
それもかかなきゃ・・・








(11:10)

2019年01月27日



この家に引っ越してきて、ちょうど一年が経ちました

そして今週土曜は楽しみにしていた1年目点検の日
午前中に工務店のK監督がいらっしゃってくださり、念入りに確認して色々相談に乗ってくださいました

点検の話はまた別で記事にするとして・・・

その夕方に届いたのがこちら


FullSizeRender

引っ越しの挨拶状です


実は『新住所のご案内』を一年間放置していまして・・・
何せ、引き渡し後にも外構やら植林やらで半年以上かかりまして、しかもダイニング机や椅子もブラインドも無い状態が長かったので、親戚や近しい存在には電話や手紙にて連絡済みでしたが、何だか年賀状をやりとりしている方への連絡が遅れてしまいました

今ならメールでパパっと連絡すれば早くて簡単でいいものなんですけどね

せっかくの新築ですし、あの滅多に出せない引っ越し葉書を出してみたかったんです…

まぁ引っ越し案内というていの、家建てました〜!という単なる押し付けがましく自慢にしか見えない可能性が高い葉書でしかないのは分かっているので、出し先にはよく気をつけつつ、、、でも人生でそう何度もある訳でもないので、やりたいのよね・・・というわけです


時期的にもう年賀状でいいかとも思いましたけど、結構喪中の方が多かったのでその方に新住所を伝えられないという懸念、
そして何より昨年年末に年賀状作成担当の私自身が風邪→胃腸炎という体調不良が続き、そもそも年賀状作成&発送ができませんでした。。

ということで、新年ムードも落ち着いた頃に改めてご案内ということに


年賀状と同じくイチから図案を考え、印刷はいつもの会社に依頼するつもりでしたが、
何となく見てみた別の案内状の印刷サイトのイメージ編集ページの操作性が非常に良く、また会社によりデザインが驚くほど多くて素敵な物もあったので、今回はそのデザイン集から選ぶ形をとりました

適当に検索して見つけた4社程で比較検討した結果、あまり価格に差が無かったので、
その中で1番操作性が良く、好みのデザインが豊富な会社を選択

水曜に発注をかけ、土曜日には届きました
なんて速い!
そして思ったよりも綺麗!

ちなみに私が依頼した会社は『挨拶状ドットコム』さんです

写真挿入タイプを選んだ後に、その写真を使ったまま別のデザインを選び直し比較が出来るところが非常に良かったです
比較的近しい分野の仕事をしているので、操作性が悪いとその裏が透けてみえ、使い難いだけでなく何だか嫌になるのですのよね…

難点は、好みのデザインが多すぎて、どれも惜しくなり絞るのに悩んだくらいでしょうか 笑


発送された箱の中には『どうぞお引越しのおつかれを癒してください』の言葉とともに紅茶のパックが同封されていました

その心遣いが有難くて、今年の年賀状はこちらでしようかしら?!とまで思ってしまいました

まぁ、引越ししたのは1年も前なのでちょっと恥ずかしいのですが、いつ引越ししたかは分からないですからね・・・

さてと、
あとは
宛名を書いて
好きな切手を買ってきて貼てポストに入れるだけ!


これで一年越しの新築会ができそうです…





(07:21)

2019年01月23日


窓装飾を本格的に考えはじめたのは、入居してから4ヶ月程経った頃のことでした

『入居前にレール含めて取り付けが終わってるもの』というのが常識なんでしょうね
・・・寄ってくれる度に母には物凄い勢いで突っ込まれた記憶があります・・・

ただ、私としては『生活してみないと、家具を集め初めてみないと、どういうものがこの家に合ってるのかわからない』『わからないまま、なんとなくで決め、壁に穴をあけてしまいたくない』という気持ちの方が大きかったですし、特別新生活スタートにおいてカーテンが揃ってなくちゃ嫌!という気持ちも無かったので、M氏に了解をとった上で『余り布+養生テープ』スタイルをながながと続けてました


そうして決まったのがウッドブラインドです

FullSizeRender

木製ブラインド ヒノキシリーズ  50ミリ 
ラダーコード仕様 700
ループコード式 右操作 コード長1500ミリ
枠内天付
Nanik

リビングの窓には、私の各社比較検討結果によりNanikに決めてましたから、そうなると窓装飾の予算を使い切りそうな予感…
それに木製ブラインドの表面コーティングのテカリ具合が和室に合わない気がして気になるし…
他は減額した方がいいよね…
と竹ブラインドで見積りを取っていました

でも竹ブラインドにも気になるポイントがありまして・・・それはその竹ブラインドの一番下の部品がアルミ製ということ
うーん、和室のイメージと違う・・・

さらに極め付けは、
和室はM氏と私の寝室であるので(今は子どもたちも一緒に寝ていますが)、
自分達の寝室なのに選ぶ基準が、リビング>寝室でいいのだろうか?と

気持ち良く寝るためにも寝室こそ好きな物を選んでおくべきなんじゃない?
だって取り付けたら絶対に何十年も(壊れなきゃ一生?!)取り替えなんてしない予感が満々!
と思い直してよく調べてみると、Nanikにヒノキシリーズというものがあることに気づきました

表面のコーティングも和室に合う理想の形でしたので、これは!と即M氏に打診して決定

念願のヒノキブラインドとなりました

寝室は完全に遮光したい人には不向きですが、程よく明かりが入っても構わない私にとっては最適です
明るさを調節できるので、朝が近くなった頃に光を入れて子どもたちの目覚めを良くしたり、風を取り入れたりと、大活躍です

ちなみにあまりこの部屋の窓からベランダに出ることは無いのでブラインドの上げ下げはしません
開閉に時間がかかるのがカーテン等と比較した時のブラインドの難点ですが、取り入れる窓の使い方が判明していればストレスにはならずメリットの方がより際立ちますね

FullSizeRender

Nanikの木製ブラインドよりもヒノキシリーズの方が割高でしたが、なんら小さな六畳和室を想の形にしてくれました

あと、今は無くなってしまいましたが、取り付けた後の2週間くらいはヒノキの香りが部屋中に香りまして、寝ながら森林浴をしていて最高の目覚めでした

残念ながら今は鼻先近づけないと香らない・・・
ヒノキのお香でもたこうかな・・・










(12:56)

2019年01月19日



洗面ボウルを決めるまでには非常に時間をかけました

最終的に選んだというか初めから心に秘め決めていた洗面ボウルに辿り着くまでには、工務店からの過去施工事例や探してくれたボウルと水栓金具を検討したり、モヤモヤしてみたり・・・家づくりの中でも頭を悩ませた項目の1つです
 

FullSizeRender

・洗面ボウル
CATALANO Premium
幅800×奥行き470×高さ130mm
平田タイル
・水栓金具
paffoni
スティック壁付混合水栓 245
サンワカンパニー 

catalanoの中でもzeroにするかpremiumにするかと散々悩んだ記憶があります
フォルムは同じ四角でもその縁具合が異なるゆえ、与える印象が結構違ってきます
そこは背面タイルとの相性を決め手にしました


壁付水栓の使い心地は上々です

使うたびに水滴は落ちるので私は気づいた時に拭きますが、個人的には水栓金具のキワに水が滴るよりもよほど拭きやすくストレスフリーです


M氏にもこの洗面ボウルは好評でして、それは洗面ボウルの土手部分

FullSizeRender

彼はコンタクトレンズを使っています(しかしその使い方は通常とは逆でして、面白いのが寝ている間に付ける専用のレンズ(高額)だそうです)
よっていくつか洗面所には彼なりの使い勝手への要望がありました

・コンタクトレンズ入れを置きたい
・誤って流れないように栓が止めれること


コンタクトは濡れた手で扱うので水滴が落ちるのは当たり前
毎日使う物だからこそすぐ近くに置きたい

それを毎度気を使うようなデザインにしては彼にとってストレスですから、どうするのがいいかとかなり考えました

要は水滴が落ちても後で拭けは綺麗になるような素材なら問題無し
ということで、この土手部分

水平だから安心して物も乗せられて便利です
手洗い洗剤も置いてます
子どもが汚れた&濡れた手で触って置いても洗面ボウルの一部と思ってるので気になりません
気づいた時に拭けばいいので

こうして悩んだ分だけ家の中でもお気に入りの場所となりました








(23:25)

2019年01月18日



FullSizeRender
水曜日の朝
もくもくとマフィンを作成

ご近所農家さんの庭先で取れた皮が硬めのミカンを使ってみたら酸味も程よく美味しかった

子どもの反応も上々

FullSizeRender
木曜日の朝
またしても、もくもくとマフィンを作成
スイートスポットだらけにしてしまったバナナを消費すべく贅沢に二本も使ったら、水分が多くなり柔らかい仕上がりに

子ども達の反応は昨日のオレンジよりも高評価

やはり子どもにゃバナナが最強説

FullSizeRender

たまたま余った出汁を使ってお味噌汁を作ったら、M氏の反応が上々

やはり出汁は簡易顆粒より手間ひまかけた方が最高ということか

やっぱりお料理全般そうなのかもね

FullSizeRender

職場の若人から教えてもらった新作ドリンクを片手にサッカー観戦

ファンタでヨーグルトでバナナって、どうした?!
と思ったけど、これがなかなか美味で、スナック菓子との相性抜群

うまい棒の袋版(?)の『うまい輪』という菓子が美味しかったです
『輪というのに、リングだけでなくたまにタコの形したヤツがある!それが重い』とM氏は辛口批評でしたが、私的には輪もタコもおススメです

たこ焼き味を食べたんですが、
amazonのたこ焼き味は何だか別パッケージですね
本家はこちら↓

・・・という家と関係ない話でした

そろそろ設計士Iさんから、小屋根裏部屋の改造の見積もりが出るはずなんだけどまだかしら〜


うまい輪食べながら検討作業・・・
週末の楽しみにしようと思います










(11:14)

2019年01月16日



ストーブの魅力にとらわれてる私なんですが、昨年同じくストーブ好きの友人からこんな商品を教えてもらいまして

それが可愛いのなんのって!

FullSizeRender

あのブルーフレームがそのままちびっこくなったようで、そしてこの何ともいえないカラー
ナチュラルでも北欧でも和でも馴染みそうですね〜
いやはや可愛い・・・

このグリーンの他、ホワイト・レッド・イエローがありますが、グリーンとホワイトとイエローはアラジンのサイトでは欠品中

レッドは少数入荷してるそうです

このストーブの凄いところは『カセットガス式』というところ!

カセットボンベで稼働しちゃうから、それこそ災害時の役割は大きいと思います
FullSizeRender
持ち運びも最適です、とあるように本体重量も5.7キロ
我が家のコロナSL-6618は11.2キロですので、それと比較すると断然楽チンですね

ただストーブのサイズはほぼそのまま暖房出力に置き換わると思いますので、
このアラジンカセットストーブの出力は2.0〜0.8キロワット
対して我が家のデカコロナは火力最大にした時に6.59キロワットだから、3.2〜8.2倍の出力ということ…

このアラジンはやはり比較的小さめな空間1つで暖をとるという目的には適してるんでしょうね

ちなみにカセットボンベ一本での燃焼時間は1時間40分〜4時間20分とあるので、一回のキャンプで楽しむには手頃で良さそうです


全くキャンプをしない人間ですけど、なんかこれを囲んで家族や仲間と暖をとりつつあったかい飲み物や食べ物食べ、話したら楽しそうだなぁ〜と想像しちゃいました・・・笑

でも気をつけねばならないのは、やっぱり価格ですよね

そもそもアラジンのブルーフレーム(コンクリ10畳用)の価格は定価で53,784円(税込)

コロナSL-6618(コンクリ23畳)は2万前後なので二台買えちゃいます

そしてもちろんこのアラジンカセットボンベストーブだって負けてません
定価32,400円(税込)

やっぱりコロナ買えちゃいますね…

値段だけでは語れぬものがあるのはわかりますけど凄いですね


しかし今amazonで商品検索してみたらグリーンが凄い値段になってましたよ・・・

これはやっぱりグリーンが1番人気ってことなんでしょうかね
ホワイトも微妙に定価よりも高いご様子・・・
恐ろしい〜

でもやっぱり可愛くて、そしてカッコいい!

見た目だけかつ冬場限定で、
エアコン置いとくよりよっぽど部屋のインテリア性が上がって、テンションもアップしそうですね

そんな寒い気節もあと2〜3ヶ月
我が家は地味なコロナでしのぐとします




(12:25)

2019年01月12日


週末に近づくにつれ東京の西側も次第に寒さが増してきました

ついに土曜日の朝には雪が・・・!
※雨まじりなのでしゃりしゃり&すぐやみました


外は寒いなぁ・・・・
でも今年の冬はコロナSL-6618がいるから玄関から二階を含め家全体を暖められてあったかです
FullSizeRender

火の暖かみに慣れてきちゃって、
昨日はうっかりストーブの前で眠りそうになりましたよ・・・(-_-)zzz

金曜夜は溜まった疲れもMAX
あぶないあぶない!

でも火の光って本当にじんわりくるので体がポカポカするんです・・・(*´ー`*)

もう私は完全にストーブラブです

コロナのサイトに同じようにストーブラブな人達の素敵な投稿写真がまとめられてました


多分、もし再び家を建てるなんて幸運に巡り合えたとしても、冬の暖房計画にはエアコンよりもストーブをメインに置くことを考えた構造や基礎設計を練るかもしれません

と言っても今のこの家が全てを含めて好きなので今は別の家なんて想像もできませんが、
住む人数が変わったり、もっと高齢になったら、そんな意識も変わってくるんでしょうね


近頃の家事情は変化が目まぐるしく、
10年5年前なら当たり前の標準設備だと思ってた床暖房も、断熱や基礎工法と窓性能の組み合わせなどにより格段にあがる家性能により床暖房無しで、しかもエアコン一台で家全体をほぼ一定温度に保てる・・・体に優しい家づくり、なんてものが出てきてますから、施主が建てる時点で気づき求めれば、こんなストーブなんて使わないエコな性能高い家が建てられるんですよね

私も建てる前(今から約2年前)にもっと深く家の性能というものに興味を持って調べていたのなら、また今とは違った路線で出来上がっていたのかもなぁとぼんやり感じています

正直なところ、『家を建てる』ことは理想ではあったけど中古や新築やマンションも一軒家も視野に探していたので、『建てる』ことを真剣に考えハウスメーカーをじっくり比較なんてしてませんでした

いざ土地が決まったら、施工依頼先を決めるまでの期間が2ヵ月くらいで、『性能』という観点に十分に興味を持ち、比較したり調べるまではできませんでした
『家の性能』という観点よりはもっと『目に見える外観や設備や間取』面に気を向けるのでいっぱい!

施工先が決まったあとも、知ること決めることがわんさかで、性能面についてはざっくりとした調査と理解のみ
やはり目に見えないところは初心者には難しいところです

沢山の本や先人達のブログを頼りにもしましたが、やはり間取りの工夫や動線や、設備情報がメインになり、基礎や断熱の仕組みや考え方、最近のトレンドや先を完全に抑えるなんて全くできてなかったなぁ・・・としみじみ思い出します

あの頃は金融機関を決めたり、いくつも話をしに行ったり、聞いたり、皆さんそうなんでしょうけど、なんだか忙し過ぎました。。

そもそも私は産まれてこの方、一軒家に住んだ事が無かったので、一軒家のことが全くわかってなかったんです
(代わりにマンション事情は結構身に染みてわかってましたから、買う前に注意すべき点とかが自然と理解できてました)

そうなるとやはり実際に『建て・住んで、気づく』
このパターンですね

ま、なんだかんだどんなに調べていた人だって何度建てた人だって、多かれ少なかれ結局はこれになるんでしょうね
だから『三度建てないとわからない』になるんでしょうか 笑

これから家を建てる方や建てる可能性がある方

「うちは共働きに子育てに忙しいから、動線命、評価の高い設備、あとは好みなお部屋やインテリア」
「1人で趣味に没頭できる書斎づくり」
「数年後の人数変更にも融通がきく部屋割りや間取り」
の先にある、動いていないまったりと寛いでいる時に家の中でどう感じていたいのか?


どの部屋でも一年中負担なくいたいのか、
それとも外の風を感じたいのか?
朝昼夜の光の具合は?
聞こえてくる音は何の音がいいか?

そこらへんにただよう空気感を想像し、それを家の性能とどうからむか?何を譲るか、そんな気持ちで家のあり方を考え調べるといいんじゃないかなぁ・・・とざっくりと今思います

FullSizeRender

最近は朝イチで起きたらまずストーブに火をいれるのが私の日課

静かな朝空間の中、明るい火をチラリと見たりじんわりあたたまる家を感じながら、着替えたり朝食の準備をするのが楽しいです








(20:31)

2019年01月10日


朝から嫌な予感はしていたんですけど、
昨日は本当にダメダメな1日でした。。

長男の幼稚園の予定を失念し
次男の保育園の荷物を忘れ
駅で滑り
職場に携帯(2つ所有してるうちの一台)を忘れ
幼稚園で滑る

・・・私無事帰れる?と心配しました


とりあえず、仕事でミスしなかったのが救いです。。


ということで、
一年目点検の日程が決まったので、
こちらはミスしないように
点検前に事前に見ておこうかな〜なリストを個人的にあげてみました


  • 屋根
  • 外壁
  • 外構
  • 壁紙、コーキング
  • ドアなど鍵・開閉具合
  • キッチン、風呂での各部品の調子
  • 浄水器の具合
  • レンジフード、換気扇について
  • スイッチ、電気の点き具合
  • 窓、サッシ
  • 床、タイル、割れ剥がれ目地など
異音がしてないか、異臭がないか・・・
少し家の中をぐるりと見渡してみようと思います




異音レベルではないと思うんだけど、
小屋根裏の近くについてる24時間回ってる換気扇の音が入居後ずっと気になっていまして、音が大きい気がするのですが換気扇ってそんなもんなんでしょうかね

あの音が無ければ好みの静かさなんだけどなぁ・・・と二階から小屋根裏への階段を見るといつも思います

これもこんど聞いてみよう





(20:00)

2019年01月08日



今年はちょいと遅めで8日火曜日、
今日から職場に出勤です

職場にはすでに4日から非常に若い新規の方もいらっしゃり、ピリっとしている様子・・・

そこにそそそ…と新年挨拶をしながら入り、
初仕事をこなしてきました


短縮時間での仕事ではあるけれど、
今年も責任を持ちつつ、短い時間を最大限に活かしながら働いていこうと思います
モットーは愉しく!


先日、次男は3歳となり本人の口から「もうおにいちゃんだから」なんて出てきましたけど、誰の言葉なのかしら・・・やっぱり私の口から出てた言葉かしら・・・(^^;

でもこちらはまだまだ3年
長男の時を思い出し、大事に、丁寧に、めんどくさがらずに(←)接していこうと改めて決意

長男は5歳
今年は幼稚園の年長さん
天使のような澄んだピュアさがどこまで彼を組み立てるのか、いろいろ楽しみです


M氏はこんな私のせいだか益々しっかりしていて、そのせいか疲れさせ過ぎてると再認識(年始の胃腸炎とか…)

総じて、私、もっと頑張れ!


と、家と全く関係ない話題、失礼しました。。



そういえば、1年目点検の日程が決まりました!
早いものですね〜


点検前までに、気になるポイントを洗い出しておこうと思います!

(20:27)

2019年01月05日



新年明けてもう5日ですね

今年は2日から私の方の実家へ向かいまして宿泊し、今日帰ってきました

ちなみにM氏は1月1日より高熱を出し、可哀想にも1人自宅で療養することに 我々も共に自宅にいるか悩んだのですが、症状を見、もしかしたら離れていた方が何か感染しないかもねとM氏と相談
当面の食料等を準備して出かけました
やっと開いた病院へ行くとインフルではなく急性胃腸炎だったそうです
新年早々1人で辛かったでしょうが、病気の時は子供と離れゆっくりと自分のペースで体を休め、子供に布団を奪われることなく、蹴られることもなく、静かにのんびり寝れる方が絶対に早く良くなりますね・・・久しぶりに会ったM氏は去年分の体についた何かが落ちて少しシュッとしてましたw


さて、実家に行った私がしていたことといえば、結婚当時に置いていってしまった私物の整理です

FullSizeRender

思っていたより結構本を置いていってたようで、母の蔵書の中に多数紛れ込んでました

『あなたの本が残ってるのよ』と言われた時、
『処分していいよ』と簡単に言ってましたけど、それって判断を委ねたつもりでその実処分する手間を相手に押し付けていただけなんですよね・・・

物を処分するにもいくつも方法がありますし、そもそも出したりしまったり、確認したり、それなりに時間がかかります

家を建ていまだ荷物が片付けきってない状態になった今頃、やっとその気軽な言葉の無神経さに気づきました。。。
これじゃお片づけできない子どもと何も変わらないわね〜


申し訳なかった・・・と思ったので、掃除も兼ねて片付けをしてみました


思ったよりあった本達はダンボールにまとめて自宅に送り、細々したものとかはまとめて持ち帰りました

それにしても驚いたモノは
二つ折りの昔の携帯たち
何に使ったのかわからない番傘
買った記憶だけうっすらあるタンバリン
機材カバン
兄に押し付けられたROM版ネオジオ
兄に押し付けられたセガサターン
兄に押し付けられたPS2
兄に(以下略)
(ちなみに私はゲームは全くしませぬ)

ゲームや携帯はともかく、いったい何のために使ったかわからぬものたちが多いこと・・・

もっと物を手にする時は良く考え、大切にしようと心に誓った三が日となりました



そして、2019年今年こそ
我が家も、そして父母宅に残してきた物も含め、全てを整理し尽くしたい

ここに新年の決意を記しておきます


まずは明日届くだろう自分が発送した本達の整理からだわね〜

やるぞ〜〜


三日坊主にならないといいね、と思われましたらポチっと下のボタンを押下お願い致します!!


ちなみに掃除の合間、子ども達はというと
祖父母からもらったお年玉(300円も!)を握りしめワクワクとスーパーにお買い物に行きまして、それぞれ(5歳、2歳)好きなオヤツ購入初体験をしておりました

FullSizeRender

迷い迷いやっと長男5歳が選んだ『お祭り屋さん』とかいう製作系のお菓子

結局ほとんどを私が手伝うことになりましてね、これ、なかなか大変でした・・・

おねんどお姉さん※みたいにはいきませんね

しかし母がほとんど作ったのにポテト一本しか貰えないなんて、、、なかなか厳しい


ちなみにもうすぐ3歳になる次男は、数あるお菓子の中から、10円のチューブ状のこんにゃくゼリーを選び大満足しておりました


良し!偉いぞ!いい選択だ!!



※ NHK子ども番組のねんどコーナーに出てくるお姉さんです
  子どもたちのアイドル




(23:53)

2019年01月04日



石油ストーブ!
石油ストーブ!!
と熱い気持ちを語ってしまいましたが、
使ってみるとやはり石油ストーブの弱みも見えてきます

今回はそんな弱みのことでも・・・

FullSizeRender

『石油ストーブ』と聞くとその存在を知らぬちびっ子は別として大抵の人が思い描くのは
『臭い』
だと思います


燃料に灯油を使いますから、やはりその臭いからは完全には逃れられません
灯油を匂うと思えず臭うと感じる人にはやはり高い壁があると思います

そして灯油を扱うがゆえの
『燃料補給』
ガスヒーターなら室内に施しておいたガス栓と繋げばその後気にすることは必要ないですが、灯油はキュポキュポと定期的な補給が必要です

ええ、懐かしのこれでね
FullSizeRender

万が一溢したならばそこは灯油臭
新聞紙で拭ったり、洗剤で洗ったり、換気したり・・・部屋を暖めるどころではなくなりますね

やっと燃焼できると点火したら、その火のしぼり具合により発生する可能性のある
『不完全燃焼』

点火消火時に発生する
『スス』

そしてやはり空気が汚れますから
『定期的な換気』

さらには内部が汚れてないか芯は大丈夫かと
『定期的な確認とメンテナンス』

ちなみに幼子のいる家ではこれも考慮ですね
『火傷のおそれ』

そしてもちろん
『火事のおそれ』



色々手がかかることを承知で使う事が大切だと思います


でも私にとっては、
温風でない
火の色を見て視覚的に楽しめる
湯も沸かせる
そんなところだけでも手をかける価値はあると感じました

FullSizeRender

なんでこんなにいい!と感じたのかなぁとじぃっと火を見ていてふと思い出したのは、
ああ…学生の頃に茶道の先生宅でいつも扱ってた炭と同じだからかぁ、という感情です

丁寧に炭を入れ、湯を沸かし、茶を点て、飲む

たまに聴こえるパチパチという炭の音や湯気の音、そして全ては暖かくないけどじんわりと伝わる熱を見ながら、人と共有したあの時間は本当に贅沢で至福だったなぁ
(何よりお茶菓子が好きだったし)


M氏とストーブを囲んで座ってた時に、何かあの空間に近い片鱗を感じたからかな・・・とぼんやり懐かしいような新鮮のような


まぁ、とにかくも、もとより手がかかる事がさほどキライではないタチでして、むしろやりにくさを感じるモノに何か惹かれてしまったりするので、私は石油ストーブとは相性は悪くなさそうです


あ!
そういえば気になるのは、石油ストーブは季節物なので
『シーズンオフ時のしまい場所』
ストーブも、灯油タンクもポンプもこれの確保が必要ですね


・・・それにしても、改めて書き出すとなんだか弱みだらけな気がしてきますね・・・


まぁ時代的には床下エアコンとか蓄熱系ですよね

それでもいいんじゃない?石油ストーブと思われましたらポチっと下のボタンを押下お願い致します!



手はかかるけど、しかし威力は抜群
(初期投資コストも安いしね)

知り合いのキャンパーは『今年もストーブ出しましたよ』と嬉しそうに話していたので、やはり好き好きですね

家があれば、家ごとの暖房方法があっていいので、時代だ流行りだ最新だ、ではなく、最終的に住み手の好みの方法が見つかればそれでいいんですよね

そんな感じで緩く考えながら家造りをしていけば、もっともっと楽しくなりそうな気がしました






(23:53)

2019年01月03日



新年早々
我が家のホットな話題『石油ストーブ』

コロナSL-6618は
始め使い方に迷い「あれ?火が付かない?」とM氏と一緒に頭を抱えましたが、何度か使って芯の程よい絞り方を掴み、今では苦なく使えています


リビングに設置したM氏が選んだDAIKINのエアコンは、昨年で上から2番目に位置するモデルな事もあっめ本当にあっという間に部屋が暖かくなって高性能です

でもやはりエアコンは仕組み上温風であるので、個人的には肌に風を受けるところが快適から少し外れてしまうなぁ、と思ってました

だからと言って風が当たらないところに移動すると暖かさが落ちるのでもどかしさがあります


その点、石油ストーブは直に肌に暖かさを感じて内側から温まっていくような、まるでお風呂に入ってるような心地良さでした

それは家にもいえるようで、建材そのものが暖まってるようです
なので、ストーブを消した後とエアコンを消した後では家の温度の下がり具合が違っていて、朝起きた時、部屋の温度が違います

FullSizeRender

さらに驚いたのは、無音だということ

引っ越した当初からエアコンから常に聞こえてくる稼働音が気になってました

だからついつい『自動』から『しずか』に設定変更したりして、「それは効率が悪いから自動にままの方がいいんだよ」とM氏に教えられたりしていたんですが・・・音がね・・・やっぱ気になるんです

でも流石に日々エアコンで過ごしてると、近頃はこういうものだよね、と認識しはじめていたんですが

ここにやってきた石油ストーブ

石油ストーブは本当に無音です

エアコンを止め、テレビを消して晩御飯を食べていたら、その静かさが際立ちました

そして視覚的にも火の赤が暖かく、心もほっこり嬉しくなりました

  • 体の芯からポカポカ暖かい
  • 視覚的にも心地よい
  • 風を受けず快適
  • ゆっくりじんわりお日様のよう
  • ドアを開けてれば、自然と家中暖かい
  • 場所毎に温度差はあれど自然な違いなので不快感がない
  • ストーブの上でヤカンもおける
  • お餅も焼ける
ということで、M氏とストーブを眺めながら話をしたり寛いだり・・・

ここ玄関なんですけどね 笑

 FullSizeRender

でも実は
家の設計当初、私からの要望書には
『玄関や階段も寛げる空間にしたい』
というのをあげてました

階段で寛ぐんですか?

と、どの工務店からも少し驚かれたのを覚えています

その後工務店によっては全く寛ぐ空間とは程遠い設計を出してきたところもありましたが、今お世話になっている工務店には、まさに我が家規模では最大限に寛げる空間に仕上げてくれました

そして、今この石油ストーブのおかげで更なる高みへ!!

階段に座りながら、ミルクコーヒーでも飲みながら本を読み、焼き芋でも分け、語らう・・・


おお・・・

やりました!
一年過ごしてみて楽しい冬の過ごし方が見つかり嬉しいです


視線の先には玄関ドアがあるけれど、自分が選んだ木製ドアだから大切な家具くらいの気持ちです
あ、でも汚れがついてそうな靴は片付けておいた方が良さそうですね 苦笑

当初リビングと玄関の間の仕切りを今のドアより大きい神谷のモンスターにしようか、という提案がT社長から出ました

リビングも玄関も階段でも寛ぎたいんだ、という私の意見を真剣に汲み取ったその提案はとても魅力的で、その案にしようかと頭を抱え悩んだ時もありました

でも最終的には、収納量を手放してしまう事と玄関内に絵や花を飾れる台を失う、という点を考慮し、モンスター採用はやめました

もし神谷ドアのモンスターを入れていたら、このストーブは更なる力を発揮していたのかなぁ・・・なんて思いましたけど、
今でも十分リビング(寛ぎ空間)が広がったような気持ちになりますので、満足です


家のどの部分で寛ぎたいのか、
どうやって寛ぐ空間に仕上げていくのか、
春夏秋冬、寛ぐか
そんな視点で家の設計を見てみると、また設計してくれた人の気持ちを分かる気がして面白いです


ということで、
採用できる家とできない家もあるでしょうが
我が家的には石油ストーブ
とってもおススメです

特に風嫌いの人は是非!






(23:50)