2018年11月

2018年11月30日


だいぶ落ち葉が散るようになってきました

気になった頃に箒で掃いています


さて、この玄関ポーチ

FullSizeRender

再施工の事を検討しておりましたが、
モールテックス に決めました



   過去記事:
《外構》モールテックスを考える
《外構》モールテックス 見積もり

墨モルだったんですよ
ええ、黒かったんです

こんな風に
FullSizeRender
ああ…素敵な色

それが比較的早い段階でムラムラっとなりまして
FullSizeRender

今ではこのとおり白でございます
FullSizeRender

色落ちに加え白華現象もあると思います


決して墨モル自体が悪いわけではありません

ただ、墨モルには施工時の気温や湿度、直射日光の当たり具合やそれによる乾き具合などが強く影響すること、そしてどうしても白華現象などが起きやすくなったり、表面のコーティング状況などにより墨が抜けやすくなったり、と私が調べた限りでは少し施工が難しい印象です

我が家の玄関ポーチは東に向いています
そしてサイドにはブロック塀もあるので、日光の当たり具合が均等とはいえません

かつ、施工を行ったのは今年の5月の中頃でした
珍しくその日は寒く、そして翌日には残念な事に非常に冷たい雨が降り注いでしまいました
この気温の変化と雨のせいで白華現象を増加させ、墨の定着を阻んだと考えられます

まぁ、これはこれで雪化粧してるみたい〜と経年劣化だと捉えるのもアリですが、やはり経年劣化って4、5年なイメージです
施工2、3ヶ月では、正直・・・キツイです


『なんだか新築って感じがしない』
『玄関は我が家なりに力を入れたところだからこれは流石に納得はできない』というM氏の意見を聞き、
確かにねと再施工を希望となったわけですが
さて、じゃあ何で再施工するのか?

墨モルでの再施工が本来の形だと思いますが、
私の考えでは、環境に左右されやすい墨モルでは我が家の玄関ポーチには再施工でも定着しにくいのではないか?
想像している濃いグレー色を出すのは難しいのではないか??
そんな疑問が拭えないので、ここは私が提案したモールテックス、これにチャレンジしてみるのはどうか
といった結論となりました


ちなみに工務店側のご配慮もあり当初の見積もりからは少し変化が付きましたので、それも後押しとなりました


実は工務店としてもモールテックス施工を取り入れた事は過去無いとのことで

しかし、
施工依頼経験が無いからといって単なる私の案を跳ね除ける事なく真剣に検討してくださり、モールテックスの左官屋さんとコネクトし、もちろん本人が施工するわけではないですが研修等を受けその素材感を学び工務店として検討し見積もりを出してくれた

その行為だけで私にとってはもう涙が出るほど嬉しくて、チャレンジしたい!という最大の後押しになったことは確かです

竣工してそろそろ1年も経とうというのに工務店側にはいつまでも余計な仕事を増やして申し訳ない気持ちもありますが、それ以上にやはり新しい物へのチャレンジというところにはワクワクがつきませんね

私も自身の仕事柄、新しい技術に敏感にいなければならないので、今回のような工務店の行動に触れるにつき自身の仕事への姿勢を改めさせられます

いい工務店(人)と出会えたなぁ
やはりこのひと言につきます



さて、あとはどうやってこの施工代金を工面するか・・・マイお小遣いをもう一度さらってみようと思います。。。









(19:51)

2018年11月28日



住宅には関係ない話なんですが


昨日、職場への移動までに時間があったのでちょいと昼御飯でも食べてから向かおうかなと近場のカフェやパン屋を覗くも何か気持ちがのらず、最終的に目に入ったフレッシュネスバーガーに入店しました


悩んだらとりまお店の名前が冠してる商品かクラシックを狙え、という持論を思い出しクラシックバーガー+ポテトセットに決定
FullSizeRender

実は生玉ねぎが苦手なので(お子様…)、ハンバーガーの玉ねぎのロースト具合がいつも気になるんですが、今回焼いていた女性はそこんとこ上手だったみたいで全くの苦味無しの歯ごたえは有り
安心してハンバーガーを食べることに集中できました

少し汁を出してしまったのが悔しいな〜と食べ終わった紙を見ながら思いました
IMG_1782
キャスの紙が可愛かったです
何かコラボでもしてるのかな?


そういえばハンバーガーってかなり久しぶりね〜
と、そう思ったのも実はかなりハンバーガー屋さんに通ってた時期がありまして、数は少ないけど名店と言われるお店にもワクワクと休日に出かけたりしてました


そもそも私よりもM氏がハンバーガーが好きで、M氏と出かけるとランチがハンバーガーというのはしょっ中

特に我々が好きだったのは外苑前のGoro’s Dinnerで惜しくも数年前に閉店してしまいましたが、当時の職場が近かったこともあり平日の昼に良く通いました
『M氏は週5でいける』と若さ溢れるタフぷりな発言をしてましたけど、さすがに私はお腹がたっぷりたまるので週1くらいで


ゴローに初めて行くまでは、過去にマクドナルドかロッテリアか良くて(?)ウェンディーズのバーガーしか食べた事がなくそれも高校生時代に、という具合でしたから、ハンバーガーに1500円?!と始めは数歩下がる程の衝撃を受けましたけど、食べたら実感!

これまで食べたことのある私のバーガーはいったい何だったのか?!とその経験無さを惜しみつつ、こんなに美味しい物だったんだなぁ、とその魅力にはまったわけです


M氏はことさらハンバーガーを食べるのが上手で、バーガーのタイプにもよりますが食べた後の紙に汁が残ることは少なく、まして手が肉汁で汚れるなんてこともなく、綺麗に折り畳まれた紙が皿の上に置かれるその食べ跡は、店内どこを見回してもなかなか同じように食べてる人は見かけた事がありません

子どもが産まれたこともあり、そしてゴローが閉店したことからハンバーガーからは遠ざかっている我が家ですが
いつか子ども達もハンバーガーを食べ楽しむ日がくるのかなぁ・・・その時はこんなに美味しい物なんだよ〜という気持ちを共感したいなぁと思いを馳せていましたら・・・


バッグの中で携帯が揺れ、
次男の保育園からお迎えコールが…

おお・・・!!


ただ今保育園では絶賛手足口病が流行してるそうです
長男の幼稚園ではリンゴ病が流行っているというし・・・

皆さま体調にはお気をつけ下さいませ。。。





(10:34)

2018年11月27日


今朝、
窓から見えた色が綺麗でした


FullSizeRender

賃貸時代には味わうことのできなかった風景にしばしぼーっとしましたが、ここはトイレ

あまり長々いるのもなぁと思い、この色の正体は誰か?と外に出てみますとアカシデの仕業だったようで黄色に色づいてました
FullSizeRender
緑からのグラデーションが美しいです


対して一番期待のイロハモミジの紅葉はまだまだのようでアカシデとの黄色赤色のコンビネーションは今年は見れなさそうです

FullSizeRender

ここ1週間で私が住む東京の田舎(西側)も随分と気温が下がってきました

特別仕様の断熱ではなく非常に普通断熱の我が家

さすがに朝夕に暖房をつけ始めました

M氏が選んだDAIKINのエアコンは高機能であっという間にリビングが暖かくなります


ですが、我が家は『玄関フロアに吹き抜け+スケルトン階段で二階と繋がってる』ので、はっきり言って玄関フロアは冷えます…
(玄関フロアの南側にはオンボロアパートが建ってるので陽射しの恵みは見込めずなおの事)


そんな中でもエアコンをつけるとすぐに半袖になるM氏…上着は要らないという子ども達(男児)…いったい彼ら(なのか?男性というくくりなのか?)はどういった体の構造をしているんでしょうね

女の私は足腰の冷えが酷いので(歳ね…完全に歳ね)

今年は冬支度として、こんな物を家に投入予定です

この時代にまさかの石油ストーブ!

今年の1月に引っ越したばかりの頃は生活を整えることでいっぱいいっぱいで投入できませんでしたが、その時から計画していました

我が家の『玄関フロアに吹き抜け+スケルトン階段で二階と繋がってる』にはぴったりなんではないかと!

暖かい空気は上昇するというので、じんわりじんわりと玄関をあたため、そして自然と二階も温める・・・そんな事を期待しています


石油ストーブというと
  • アラジン
  • トヨトミ
  • コロナ
中でもアラジンの見た目の良さには惹かれますが・・・

憧れのブルーフレーム!
FullSizeRender
レトロさがたまらん
しかもこの写真、懐かしの祖父宅そっくりすぎて涙が出る
どうでも良い私の本当の理想の家は今は亡き秋田の祖父宅だったり

FullSizeRender
もし我が家が買うなら黒もありね

FullSizeRender
炎が美しい…多分ずっと観てるだろう

が!しかし、見た目が良いもの、宣伝に力が入ってるものにはあれがつきもの!

そう!
高い!高いのよ!!

アラジンは5万するが、
コロナはわずか1.7万
その差は私には絶壁のようにあまりに違いすぎます…

まぁ、見方を変えればね、
コロナだって十分レトロですからね…と慰めつつも、
石油ストーブの他にも色々と改造しようと計画している私の懐は寂しいというのが本音です

そもそもこのストーブあったか計画がうまくいかは投入してみないと分からない事で、うまくいかなかったとしたら高いインテリアになってしまうので、ここは自粛しておきたいと思います。。

あ・・・しかし、今記事を書くためにアラジンサイトを見たらやはり心が惹かれてしまったわ…^^; 
うーん…やっぱりアラジンのが素敵だ!
だから見ないようにしていたんですけどねぇ〜
早くコロナをポチらないと!!

ちなみにコロナを買うとしても実際にはコメリ版にしようかと計画中です
コメリ版ってだけで1.5万円になるので非常にお得感
どうせ安く済ませたいならトコトンいかないとね


ついでに女性ならではですが、今年は240デニールとかいうタイツを購入し早速投入中

なんだか衣類が12/3まで15パーセントオフらしいですってね

腹巻付きというのと一枚づつ買ったのですが、これがあまりに個人的にはヒットだったので安いうちにもう少し追加しておこうかな


そんな私の冬支度です


IMG_1775








(12:48)

2018年11月26日


前回、前々回とピアノ搬入について記載してきたのですが、ピアノが入るということはそこにあった物達はどうなったのか?
といいますと

ピアノ搬入により移動された物たち

もともとピアノの為に作ったスペースでしたけど、入居から10ヵ月も何も置かずにいたか?というとそんなことはあらず・・・

人はスペースがあると何かしらそこを埋めたくなる性質なんでしょうね、我が家の場合はていのいい『オモチャ置き場・子どものスペース』として活用しておりました

子どもの好きなタカラトミー製品がわんさか…
茶色い箱にはレールや車両が入ってます
IMG_0564
ちなみに今はこの写真の時点よりさらに増殖


これらをどこかに移動しないとならないわけですが、さすがに全てをリビングに置くわけにもいかず・・・
(だってリビングが崩壊しますもの!!)

子どもと相談しつつ(一部母の決断により)
IMG_1768
これらを…

IMG_1769
こんな風にしまして
(本当はテレビの横に物を置きたくないけどそこは致し方なし)


そしてテレビと向かい合った壁面には
IMG_1770
とりあえずこのように配置してます

ちなみにこのオープンラックは結婚前からの私の私物です
オープンなのが子どもには見やすいらしく、雑貨屋で買った安物の割に重宝してます

特にこの段は好評のようです
FullSizeRender
嬉しいついでに片付けもしてくれるとありがたいんだけどなぁ!



今回の粛清整理により二軍落ちしたオモチャ達はすごすごと二階の空き部屋に移動させられました
(主に赤ちゃん用だった積み木やパズルなど)


オモチャをどこに置くか

リビング横に和室空間があったりすると、
そこが子供スペースになったりするのでリビングにオモチャが溢れてくる事はないのでしょうね

我が家にも当初図面にあった一階和室スペース

でも先々数年だけでなく長く見てリビングを広く活用したい、という思いから和室空間は敢えてやめました
(M氏は畳でゴロゴロが好きなので、非常に大きな決断をしてくれたと思います)

それをやめた代償でもある『オモチャをどこに置くか問題』
少なくとも子どもが中学入学までは発生し続けていくだろう課題とは、子どもと話し合いながらお互いの良い落とし所を見つけていこうと思います


あとは二階の部屋をいかに使いやすくするかによって、物の収拾がつくかつかぬか別れ道のように感じます…
しかしそこにはまだ私の本やら漫画やら着ない服やらが・・・・!


年内になんとかしたいと思ってはいたけど、うーむ。。果たしてどうなることやら・・・

構想はあるんだ、構想は
ただ、なかなか形にできないものだから気づけばもう12月が目の前!
ひ〜〜

1年目点検が来ちゃいますよ!







(10:38)

2018年11月25日


ピアノを買うのか、すでにピアノを持っているのか?

それにより配送手配が異なってくると思います

ピアノ購入の場合は、購入した店舗で配送まで受け付けてくれると思いますが、
私の場合は既にピアノはあったので、元場所から今場所へのピアノ配送を自分で手配する必要がありました


ピアノ配送業者の選定

ピアノ配送は、通常の引越し業者さんとは完全に異なっていて別業者になります
ネットでピアノ配送と調べるといくつか近くの配送業者を見つけることができます

私も初めはネットで調べて相場を確認してみたのですが、正直言って違いなんて分からないしどこにお願いすればいいか皆目判断できず…

物が物なので金額が安いところにお願いすればいいってわけでもなさそうなので、
念のためいつも調律を頼んでいる調律師さんにおススメの配送業者がないか?と確認してみることにしました

するとその方がよくお世話になる配送業者があるとのことでそこを紹介してもらうことになりましてね、
やはり経験ない事なので誰かの紹介だと思うと安心できます


そんなこんなでほぼ業者さん確定の上で
  1. 配送願いの電話をかける
  2. 見積もりを聞く
  3. 家内経路の下見依頼
  4. 事前下見
  5. 正式な配送依頼と配送日の確定
  6. 配送(お支払い)

こんな順序で進めていきました

個人的には家の中を事前の下見するというのがとても良かったです


事前の経路下見

ピアノを置く、と決めて家を建てたわけですが、それでも本当にピアノが入るかどうかは若干気になっていました

なぜなら我が家はリビングの前に角があるから

ピアノは大きく重いので曲がるというのがなかなか困難で
過去、実家にピアノを置いた際も角を曲がれないからと想定外の部屋にピアノが置かれることになりました(そしてその後その部屋が私の個室になりました)

なので事前にそれがわかると配送当日入らない!!なんて大事にならないので安心です

ちなみに配送当日に入らないなんてことになった場合はどうするか?というと
私がお願いした業者さんの場合は、
  1. 一旦ピアノを業者側の倉庫持ち帰り
  2. ピアノを分解(!)
  3. 再度配送
  4. 現場で組み立て
となるそうです
もちろん別途料金が嵩むので・・・なかなかのおおごとですね

事前下見は約3200円くらいかかりましたが、最終的にその業者で配送を頼むなら最終金額から下見代は差し引きますとのこと
ま、初めからそれを入れての金額だからあまり差し引き関係ないのかもしれないけれど、安心料だと思えば良いかなと依頼しました

IMG_1605

事前下見ではこんなピアノを形どった段ボールで廊下の角を曲がれるか確認
ちなみに下見の際は事前にピアノの型番を伝えておく必要があります
我が家の場合はヤマハのUX-1
ヤマハの中でも小ぶりなタイプ

でもそのおかげで気になってたリビング前の角もギリギリ曲がれると判明!

もし一つ上のサイズだと曲がれなかったというんだからほんと小ぶりで良かったです

こうして安心して配送日を決めて、当日を待ちました


耐震対策

ピアノと言えば、気になるのはその耐震対策です
正直なところ実家での耐震対策は全くのナシ!

和室にピアノを置いていたんですが、和室用の板にただ乗せていただけなので、動こうと思えば動きたい放題だったと思います

しかし過去起きた東日本大地震の時などもたまたま揺れと同調しなかったためか、ビクともせず。。
そのピアノの前で何十年も私は布団を敷いて寝ていたんだから、今思えば恐ろしいもんです。。。


我が家ではピアノをリビングに置くこともあり、耐震対策はしっかりしたいところ

ピアノの耐震器材というと結構色々あるんですけど、
私は数ある耐震対策のうち『フトーゴム 』というこちらにしてみました

前も後ろも強力なゴム素材で前輪には紐によるストッパーがついているので、地震の揺れでインシュレーターから脚が飛び出る可能性を低くしてくれるという商品です


取り付け後はこんな様子
IMG_1745

車輪もすっぽり隠れていい感じです

このフトーゴム、難点をいうなら
強力なゴムなので、若干臭う点とフローリングなどに直接置くとフローリングを変色させる点でしょうか

付属して厚紙がついてきたので、それに乗せて配置して下さい、と説明書に明記されていたのですが、それってせっかくのゴムが厚紙を挟むことにより揺れるとフローリングの上を滑るんじゃないだろうか?(^^;)

変色覚悟で厚紙無しにするか、説明書どおり厚紙入りにするか、直前までどうしようどうしようと悩んでいた私

しかしピアノ配送の方々は、このインシュレーターを見ると『あ、はい、これですね』とこなれた様子でささっと厚紙入りでセットし、ピアノをグイっと所定箇所に押し込んで終了

あ、当たり前に厚紙入りなのですね^^;

『紙がないと床変色しますから』

ですよね〜
なんだか悩んでいたのがおかしいくらいですわ

ピアノ配送の方がグイっとピアノを押し込んでくれてましたけど、かなりの力で押して動いていたので、私などの力ではビクともしません
そりゃ200キロありますものね…


こうして予定通りの場所にピアノが入りました


IMG_1749

背後も空間を開けて下さり耐震対策もしっかり
(ピアノは地震の揺れで背後の壁にぶつかり正面に転倒する事が多いそうで、通常背後は10センチくらい開けるそうです)

家の中に傷がつくこともなく、
綺麗に納めて下さり、
お値段約31,000円

(実家がマンションかつエレベーター移動のためプラス料金がかかりました)

配送業者さんはたった2人できてまして、
あの化け物の様なピアノをわずか2,30分程で運び入れてましたのでもう感激の他なく
逆にこんな価格でいいのか申し訳ないような気持ちになりました

圧倒的な力を見た我が子は何を思ったか、
『おとうさん…!』と呼んでました(苦笑)
しかも何度も!


『これこれ!アナタのお父さんは今お出かけ中でしょ?配送業者さんはお父さんじゃないのよ』
ととりつくろう私^^;

いやはや焦りました




ともあれ、入居後の外構工事のこともあり延期になってたピアノ配送も終わり、やっと私の気持ちもスッキリしました

年内にできて本当に良かったわ・・・



ちなみに、ピアノが無くなった実家はどうなったかというと、
部屋が広くなって気持ちよくなってるかと思いきや、
ピアノが無くなった場所の前で母はしばしボーっと虚無感に包まれてしまったそうです

決して母がピアノを弾くことは無かったのですが、それでも子育てという怒涛のような毎日の中で子供のためにピアノを買ったというイベントは父母の中で心の片隅を占めていたようで、『ああ、、本当に終わったのね』ともう二度とピアノが鳴らない部屋でそう思ったそうです(後日母談)


私もいつかそう思うのか?どうなのか?

いずれにせよ、このピアノは子供たちがいくら使っても構わないし触ってくれたらその分嬉しいけれど、やはり『私が買ってもらったモノ』という気持ちが強く、子供にあげようなんて気持ちはさらさらないのでした


プロになれるわけでもなく、
即興でステキな曲が弾けるわけでもなく、
耳コピができるわけでもなく、
空で弾ける曲と今となっては1.2曲しかないような、
いわゆる普通の女の子が普通にピアノを習い、ただただ教本を弾き続けてたってだけの『弾けますレベル』でしかないのですが、
それでも子供の歌に簡易伴奏してあげたりできると思うと、やってきて良かったなぁと思ったりします

父母は投資してくれた金額に見合う成果としてはあまりに乏しいものでしょうけどね…

そりゃ色んな意味で虚無感つつまれるってものですね(苦笑)


まだまだこのピアノには現役でいい音鳴らしてもらいたいものです
FullSizeRender
ちなみに、
その音色なんですが、
我が家に来てからというもの、実家よりもいい音色を奏でてくれてます

実家は和室の板起き状態だったせいか、音が若干ビビる音階があり、それが子供の時からずっと気になって嫌だったんですが、
我が家では全くそんな事はなく30年物とは思えない澄んだいい音を響かせてくれるようになりました

話によると、
インシュレーターとして採用した『フトーゴム』は耐振にも優れていて音をクリアにしてくれるとのこと

部屋の構造の他、もしかしたらこのインシュレーターのおかげかもしれないです


部屋に馴染んだ来年頃、調律師さんを呼ぼうと思うので
その時音色について伺ってみようかと思います









(09:27)

2018年11月22日



家を建てるタイミングというものは、人それぞれなので『初めからピアノを入れる』と決めてる人は相当ラッキーなんだろうなと思います


ピアノに縁が無かった人でも、その後もしかしたら子供がピアノを習いたいというかも、その時は電子ピアノではなくピアノを買うかもしれない、そんな風に想像ができそうでしたら是非とも設計段階でその気持ちを設計士にぶつけておくのが初めの一歩です

FullSizeRender

私の場合はピアノの搬入が家の設備として風呂やキッチンがあるのと同じくらい確定事項だったので、一番最初の希望提示の際にラインナップしました

今お世話になっている工務店以外にもいくつかの工務店と話をしたり図面を作ってもらったりしたのですが、会社によってはピアノの置き場が全く考慮されていない図面が上がってきたので、そういった会社には何かこちらの気持ちが伝わってない気がして残念な気持ちになった覚えがあります

だってピアノってギターとかとは次元が違う程簡単に移動できないものなのに、それを置くとわざわざ設定書に書いてあるのに見過ごされるというのは、後々にトラブルの元と言っても過言じゃないと思ったんですよね
もちろんそういった会社とはお付き合いはできないなと判断しました



ともかくも、設計段階でしっかりと話をしておけば、その後基礎を補強しておいてもらえるのでアップライトピアノといえど200キロ前後あるので非常に安心です

2017-10-05-06-51-00

基礎の写真があれば良かったのに、過去フォルダをあさっても出てきたのは床材が貼られた後の写真だけでした…残念

さらに大切になるのは、その搬入経路になると思います

一階か?
二階か?
又は地下なのか?
搬入場所までの経路は狭くないか?
曲がれるか?
ドア幅は狭くないか?
庭から入れられるか?


普通の家電以上にピアノの搬入経路を確保しておくことをお勧めします


意外とあるのが角を曲がれないことらしいのです

その実、当初から計画していた我が家も角を曲がれないかも?とヒヤヒヤする場面がありましたので、事前に計画を練っておくのにこしたことは無さそうです





(17:23)

2018年11月20日


入居してから早いことでもうすぐ10ヵ月です

先週末の日曜、
ついにピアノが入りました


FullSizeRender


このピアノのために作ったリビングの片隅に、
予定通りすっぽりとぴったりとおさまりました



このピアノは私が6歳のピアノを習い始めた時に父母が買ってくれたもので、
家で楽器を演奏する人間は私しかいなかったので、100パーセント私のためだけにあったこのピアノ

6歳から18歳までピアノを習っていた間も、それ以降もずっと毎年かかさず調律を続けて大切に管理してきました

そして、家を建てるという幸運に恵まれたことにより、このピアノにとっても初めての引越しを経験することになりました

四月から音楽教室に習い始めた長男の為でもあるけど、それ以上に私自身がまたピアノの近くにいれる事が嬉しくてたまりません
昨日は僅かな10分を使って、1人ピアノとの触れ合いを楽しんでしまいました・・・ああ、自由に、誰に何も言われずに(←ここ大事)弾けるってなんて最高〜!


次回、ピアノを自宅に置くまでに注意したことなどを記録しておこうと思います







(16:46)

2018年11月17日


秋っていったら、
旅に食欲に物欲?

FullSizeRender
我が家の木々も色づいてきました

以前(多分子供を産む前とか結婚前とかそんな大昔の話ですけど)だったら、この時期なんて食欲に物欲が半端なく押し寄せてきて、衣服や鞄や靴とか主に身につけるような物が欲しい〜!とお気に入りのお店やらをわくわく徘徊してたような気がするんですけど・・・
まぁ普通の女子ですね

なんだか随分とそんな気分は消え失せちゃってます( ̄∇ ̄)

ファッションのトレンドを気にしなくなってきたような感じで少し自分の今後に嫌な予感もしますが(ババ化? ーー;)、代わりにやってきてるのはホームアイテムへの想いです

これは新居を手に入れると誰でも入り込む道なんでしょうね
照明を探し、机を探し、そして椅子を探し…

悩む時間も楽しみの一つです

我が家において10月頃机が届いてからの悩みの筆頭といえば
椅子が欲しいが気に入る椅子がない
これです

現在のダイニング椅子は
M氏→usedのセブンチェア(ppモブラーがそろそろ届くはず?)
子供達→トリップトラップ
私→usedのアルミチェア

なんですけど、
実はアルミチェアは座り心地はいいんですけどダイニング椅子用の予定じゃなかったので(何てったってアルミだから秋冬は座面が冷たいのですよ…腰の冷えは女の大敵!)

アルミチェアを買ったお店の人からは冬場はシープスキンをかけて使うと非常にいいですよ、とおススメしてもらったんだけど、なまじキッチン近くに置いてるから火の近くに毛ってちょっと怖いのですよね (しょうがないから今は座布団置いて座ってます…チェア台無し)

何かいい椅子はないかしらぁ…と暇があればもっぱらの椅子探しをしているんですが、
時間的制約もあり店舗で見て回るようなことは限られてるので、ひとまずネット徘徊し自分がいいなぁ〜と少しでも気にいる方向性を探ってました


以前、来客用の椅子を検討してた時、第1候補に上がってたのがartekのstool60で
IMG_1384
artek
Stool60

やっぱりこのフォルム、いいんだなぁ〜
じわ〜っと空間に馴染む気がして、M氏と気に入ってるんですが・・・

ただ、お客様分これ沢山買う程の余剰資金なんてそもそも無いわけですし、
じゃあ自分のダイニング椅子にしては?と考えるとM氏のモブラーとストッケオークとのバランスがなんか違う気がするし、
なんだか我が家のダイニング机とのバランスも気になりこれを置くイメージが掴めず、二階の子供部屋ならイメージ持てるんだけどなぁ・・・うーん、、でもスツール60自体のあの脚は可愛いのよねぇ・・・、とぐるぐる悩みつつ、artekの椅子を扱う日本の代理店サイトを見まくってました

image
左から、Chair66、Stool60、Hight Chair K65 

日本で扱ってる商品はだいたいこんな感じで
たまに子供サイズのStool NE60なんてのがあったりします

Stool60の脚が好きならダイニングにはChair66かと考えるも・・・

可愛いんだけど、何か私の目的とは少し違うような気がして悩みます


と、ふと、artekの本国サイトのプロダクト一覧を眺めていたら、見たことないフォルムのタイプを見つけました

IMG_1727
artek
Chair 65

あら??

これ・・・

いいじゃない


インテリアセンスや椅子知識も無い単なる人間の言ってることだから、あてにも何にもならない話ですが、

私的にはこのフォルムはかなりドツボのドツボ
背もたれ部分がChair66より短いのがまた可愛さをアップさせてると思います

新居でキッチンに立ってて思うんですが、
小さな子供と食事してますと、やれこぼしたから布巾が必要だの、牛乳が欲しいだ、箸を落としただの、まぁのんびり座ってるってことがほぼありません

座ったり立ったりを繰り返すので、
長い背もたれや肘掛けは今の私には不都合になってしまいます

それでいてじゃあハイチェアならキッチンでのちょい座りに適してていいんじゃないか?とも思いますけど、そこはやはり子供と同じ目線でいたいし、いざ家族で食卓って時に自分だけバースツールみたいなのは簡易感が出てなんか寂しい・・

要は椅子とハイスツール、そんな合いの子のような存在が私にはうってつけだわ!


ということで、
早速日本国内の販売店で探すも何故にかChair65はラインナップされて無い・・・
子供用サイズのChair N65というのは見つかるんですが欲しいのは大人用なのよ〜!

ちなみに子供用というのはこれで
FullSizeRender

やはり子供用のstool NE60との組み合わせが超絶可愛いです
しかし、価格は全く可愛くなくて子供用といえどChair N65はよんまんえん!
いいのはわかるけど、かわいくない!!



はて?Chair 65が無いのはどういうことか?と思ってartek商品を販売している何店かに直接問い合わせメールをしてみると
『Chair 65はartek社としては定番商品だけども、定番として扱っているショップがないので、メーカー側でも受注発注商品として扱っているとのこと
なので国内で取り扱ってる店はほぼ無く、発注はできるがいずれにしても本国から取り寄せることになる
その期間に6ヶ月かかる』

な、なるほど!!

私にとっては丁度良いと思った形が、
定番からは外れるような商品だったわけねー!

問い合わせメールに熱くChair 65への想いを書いたためか、皆さま丁寧に返信して下さいました

何はともあれ受注はできるというので、次に気になるのはその金額

出てきたお見積もりは定価52,920円

およそ覚悟はしてましたけど、た、高いわね・・・(^◇^;)

念のためM氏にお願いして海外店からの取り寄せを確認してもらうと、物自体の価格があまり変わらず結構する、さらにネックになるのが送料で日本でお願いする価格とどっこいどっこいか高くつくとのこと

それなら個人輸入するよりもしっかりと日本の店舗通して発注した方が安心ね〜とぐっと心に決め、依頼しました

欲しい物が見つかり、それが我が家にも来てくれそうな価格で出ているならば有難いものではないか

ええ!待ちますわ、6ヶ月!
入荷は来年5月ですって

ああ、
ここに黒ラッカーのChair65が並ぶ日が楽しみです
新品の椅子って子供椅子以外我が家に今までなかったから、それはそれでワクワクです
FullSizeRender


ん?
でも5月になってたらアルミチェアの座面が冷たい問題は解決済ですね ^^;




あら〜

ま、お客様にも使えるしね
って、5月までにお客様何度もくるわ…


あら〜・・・ ^^; 


(08:00)

2018年11月14日


先日、5歳の幼稚園児長男が
『アドベントクランツの歌、今日から歌い始めたんだよ〜♪』
と言いまして、あー幼稚園でクリスマスの準備を始めたのね〜、と気づきました



長男の通う幼稚園はキリスト系なので、クリスマスが近くなると登園終了日の都合本来の週よりは一週早くキリストの生誕をお祈りしてアドベントクランツに一つづつ灯を点けていくそうです

幼稚園の理念で、クリスマスはイベントではなくあくまでお祈り
そんな静かなクリスマスへの1ヶ月もいいものね〜とやはりイベントに乗り切れない私(ハロウィンも何もなーく通り過ぎましたわ 汗)にはある意味ありがたく思います

個人的にはクリスマスの前に紅葉とか残り少ない秋をしみじみ見ていたいので、最近朝のニュースで特集してくれる京都のお寺の紅葉状況とかを見ると心が落ち着きます〜


とはいえ、やっぱり子供はキラキラしたのが好きなようで、先週あたりからご近所さんの庭先にイルミネーションが点けられたのを見ては、
『ねぇ〜、うちの木にもそろそろピカピカつけない〜?』
と聞いてきます

うう〜ん・・・

いやぁ〜〜、これから紅葉で見ものって時になぜに光らせにゃならんのよ〜

てのは内心のみに留めておき…

『そうだね〜、でもうちの木達はピカピカ点けられると重くて苦しくなっちゃう子達だからね〜、お隣さんの木達とはタイプが違うんだぁ〜』
と言ってそれとなく回避

まぁ、工事現場で赤く光るサインやコーンを見て喜ぶ男児達なので、そりゃピカピカ気になってしょうがないわよね・・・^_^;


しかし、クリスマスにイルミネーションてのは必要なもんなんでしょうかね

個人的には
『点滅』=『注意サイン』のイメージなので(やっぱ工事現場?)、個人宅(※特に屋外)で楽しむにはチカチカ点滅するよりはまだ常時点灯タイプの方が目と頭にも優しいのではないかなぁと思います
特に自宅のシャッター降ろしてるのに庭先のライトつけ続けてるのは理解しがたい・・・

たしかに自分も子供の時はクリスマスツリーのライトをチカチカ点けて喜んでたけど、親はしばらくすると消して〜と言ってたような・・・
これも年のせいなんでしょうかね^_^;

イルミネーションを楽しめない年齢だと思うと、急に老けた気分になるのはなぜでしょ。。


しかし、不思議とイルミネーションは一軒始めるとその近くの一軒も始め、気づくと増えていくように思います
昨日からさらにお向かいさんも植木に電飾つけてましたし


近所のカルディもハロウィン終わったら翌日はクリスマス商品にガラッと変わってたから世の中そういうものなんだろうなぁ〜と思いつつも、もう少しイベントの無い『ただの秋の日』ってのを過ごしたいなぁと思うこの頃です


息子には悪いけど、母はクリスマスの飾り付けは12月になってからにするわ〜

それまで紅葉をのんびり楽しみつつ、クリスマスの飾り付けのテーマでも考えておこうと思います

とりあえず、キャンドルホルダーでも買ってみようかな
と、
scopeさんでセール案内きたから早速見に行ったら、ブラウンがすでに完売してました。。

IMG_1723
Kivi キャンドルホルダー

うーん、皆さん速いなぁ・・・




ネット通販、おそるべし・・・!

あ、でもオリーブはまだあるようです





(13:25)

2018年11月13日


なんだか随分と前の気持ちになってますが、台風24号(による近隣住宅飛散屋根による打撃)のため、穴の空いた我が家の屋根の件です


 FullSizeRender
工務店K監督による一時補修された屋根


その後、保険会社からの保険金審査結果の連絡がきました

工務店が見積もりしてくれた屋根補修代金は
63,000円

それに対し保険金はというと
69,300円


ん??
なんだか多いぞ?と思ったらプラス分はお見舞金だそうです


保険にお世話になることがこれまでなかったので通常どういうものかわかりませんが、とにかくもこれで安心して屋根補修をお願いできることになりました


しかし、屋根屋さんはただいま忙しいらしくすぐ補修というわけにはいかないそうです

今回の被害は相当だったのでしょうね
我が家はK監督による補修もすでにしてあるので、急がず焦らず屋根屋さんの都合の良い時にでも来てもらえればと思います


何かあったらほっとかずに早めの手当てと各所連絡は大切だなぁ〜と感じました






(16:08)

2018年11月12日


カラッとした良い週末でしたね

我が家は長男の五歳の詣でをしておりました

昨今七五三というと、写真スタジオで衣装を借りたりプロによるフォト撮影やその後の詣でと祖父母交えてのお祝い会

そんなイメージだったのですが
自分の時はただ早く着物を脱ぎたかったというM氏に
祖父母がほぼ他界の上、残る祖母1人も遠方なので非常にシンプルに家族でした私

そんな流れに乗れることもなく、
自分達で子に似合うだろうと思った着物を購入し、私による肩上げ腰上げでの着付け、そして家族での地元の小さな神社への詣で、私による写真撮影、夜にお祝い晩餐、と非常にシンプルな七五三となりました

地元神社があまりに小さかったからか、受付するとその時間我が家族のみの完全に貸切状態
神主様も我が子だけの名を呼び、シンプルながらも一番有難い詣でとなりました

神主様の祝詞奏上の時、静かに頭を垂れる長男を見ましたが、彼が家族となりもう五年も経ったのねぇ〜と感慨深いです

そしてこちら、もうすぐ一年を迎える我が家ですが、玄関ポーチの再施工・モールテックスの見積もりがあがってきました


FullSizeRender
再墨モルかモールテックスか?


見積額  モールテックス施工 16万(税込)


一方、再墨モルの場合、コストゼロ


決して墨モルタルが悪いわけでは全くなく、
ただ我が家の施工タイミングと墨モルとが相性が悪かった事が原因だろうという検証なのですが、クラックと墨の抜け具合が工務店としても過去例にないほど『早い』ということから、工務店と左官屋さん側の対応により、コストゼロ、ということになるそうです


しかし、それをモールテックスにすると16万

我が家は7平米に対する施工なので、1平米約2万(税&諸費抜き)という換算になります



う、うーん。。。

過去家を建築された方々の話どおり、施工前に見る金額と施工後に見るのでは、同金額といえど負担感が違いますね

何千万という中の16万なら出来なくはない気もするが、後からの16万円は非常に高いです


さて、これを持ってどうするか?

再墨モルのメリット・デメリット、
モールテックスのメリット・デメリットを
よく検討してみようと思います











(14:01)

2018年11月08日


以前もタイルの保管について少し書いたことがあったのですが、
実は今もまだタイルの保管に悩んでいます


住居に使われたタイル、その余りというか何かあった時用の保管タイルは一般的にどうしてるんでしょう

我が家の場合、
  • キッチン
  • 洗面室
  • 玄関(二種)
  • 南面テラス
  • 玄関アプローチ
の計6種類のタイルを使っているので、それらの真物(割れの無い一枚状態)が数枚づつ、工務店から家の引き渡しとともに渡されています

もしタイルが破損した時の交換品として(交換時にタイルが生産終了しているリスク回避のため)使うので、個人で大切に保管しないとなりません

小さなモザイクタイルなら良かったんですが、私が選んだタイルが少なくとも40センチオーバー、600×600の大盤なのでとりあえず大きく、そして重い!!


一枚持って移動するだけでフーフー
絶対に落とせない(万が一足の指にでも落としたら骨折は必至)ので余計に神経使ってヒーヒー

以前そうして少し移動したんですけどね
実はまだあるんです・・・



我が家の壁に寄り添われたままのタイル達・・・
雨風で腐ったりしないのをいいことに体良く置きっ放しにされております。。

どうしてこのままにしているかというと、仕舞う予定の場所にはすでにタイルが山積みになっているためで

その山積みタイルを少し横に移動してからでないとタイルを入れられないためです
このタイルの移動がかなりの労力を要すると思い、ついつい後回しに。。


その収納場所とは、『床下』です

工務店さん曰く、
『タイルは腐らないのでどこでも大丈夫なんですが、大物だと重くて場所も取るのでオススメは床下ですよ』
とのこと


さらに

『キャスターのついた荷台とかに乗せ、紐で縛っておけば簡単に床下を移動できるので、床下点検の時も邪魔になりませんよ』
とのこと


この『キャスター付きの台』を買わずに床下収納庫直下に置き続けたため、これ以上はタイルが置けない状況に・・・
工務店さんの話はちゃんと守らないとダメですね


ということで、探してみた台車がこちら
150キロのせてもキャスター移動が可能ということなんでしょうね
これは凄い!

タイルにもうってつけ!

ただしこちらはサイズが60×50なので
この四面が我が家の床下収納の口に入るかどうか?
それだけは要確認したから購入しようと思います

FullSizeRender


本格的な冬が来る前に、
そして引き渡し後一年を過ぎてしまう前に、
お片付け系は終わらせておきたいです・・・




しかしまだ我が家には片付けが終わってない
洋室の段ボール(漫画&本)
洋室の段ボール(建材・タイル資料)
子屋根裏の段ボール(洋裁道具)
が、わんさかありますよ。。

先は長いです。




(16:36)