2019年07月06日


梅雨ですね〜 ☔️

毎日続く雨降りの中でほんの少し晴れ間を見せた先日、
ここぞとばかりにささっとシーツ等リネン類を洗いまして、干すことにしました

FullSizeRender
玄関と階段ホールには天窓があるので、
暗くなりがちな玄関も程よく明るく
大好きな空間です^ ^


でもこの時期は、晴れ間だと思ってたのがあっという間に雨降りになるのは良くあること

その度に外に干した洗濯物を取り込んだりするのは、正直面倒ですし、M氏も私も通常は日中仕事に出ているので、新築計画時から

室内干しは必須にて!

と工務店のT社長と設計士のI氏に伝えておりました

そうして出てきた図面がとっても面白くて!

少し変更しながらも我が家の室内干し空間が実現されました

我が家の室内干し空間はこちら
FullSizeRender

二階に上がったところにあるホールです

室内干し空間、と聞くと
・お風呂場隣のランドリールーム
・ファミリークローゼットや隣空間
だったりして、
その次によく聞く場所として
・二階のホール
がありますね

理想は特別な室内干し空間ですが、そんな空間を用意できない我が家にとって、何かと何かを共存させるのは必然事項

でも風呂場隣の洗面室に
室内干しポールや紐を配置する事は私的に絶対にNO!

なぜなら洗面室空間には、その空間のために選んだタイルや窓の位置や洗面ボールに鏡や照明があって、只でさえタオル掛けを付ける事を拒んだのに、ましてそこに洗濯物を干すなんて事は絶対にできない・・・
(そもそも、大量の洗濯物を干すだけのスペースは洗面室にはない)

ということで、
白羽の矢を立てられたのがこの二階のホール

注目する場所はその高さです

二階のホールは吹き抜けになってまして、天井がかなり高いのです
そこに物干しポールをつけています

FullSizeRender


天井埋め込みでスッキリなホシ姫様です(^ ^)

当初金額面などもあり、ピット等にするか悩んだのですが、
工務店のK監督から、紐で突っ張る系よりはやっぱり電動で降りてくる方が楽だし弛まない、何より使わない時スッキリしますよ
との助言もあってこちらを採用

結果、使い終わったらしまってスッキリさせるのが好きな私にとっては1番良い選択でした

クローゼットとか以外で洗濯物が掛けっぱなしっていうのが非常にストレスなんです・・・洗濯物って目の高さにかかりますから・・・

大きくて折りたたむと乾きにくいシーツもこのとおり

1番上までポールを上げると
FullSizeRender

若干折り返して洗濯バサミで挟んでますが、
床に届きません 


上まで洗濯物をあげてしまえば廊下を通る時も洗濯物を避ける必要がないので、視界の邪魔にもならずgood  d(^_^o)


FullSizeRender

そして廊下の左上にはfix窓とベランダへ続くドアもあるので、ガラス越しに日光もあたるというベストな配置


本来ならお天気が良くて日に当てたくなる花粉症のシーズンも含めて、室内干しで事足りるようになりました


まぁ、さらに理想を一点いうならば、
もう一本物干しが欲しい
くらいでしょうか

うーん、二本だと大容量でいいですね
我が家の廊下は狭くて二本入れられませんでしたが・・・

子ども達の着替えが多い日の洗濯物は少し溢れてしまうので、ドアの出っ張り部分に引っ掛けたりしてます…苦笑

二階の廊下が吹き抜け

狭い空間が少しでも広く感じますし、そこに洗濯物を干せるとなるとなかなか効率的で
スペースが無いけど洗面室にはつけたく無い方
おススメです 


へぇ〜、結構いいかもね〜
と思って頂けたらポチっと下のボタンを押していただけると嬉しいです!(*^o^*)



(15:23)

コメントする

名前
 
  絵文字