2018年12月02日


落ち葉がいい具合にタイルの間に入り込んできました
玄関アプローチには落葉樹が多種あるので、その落ち葉の掃除がどれほどなものかと思っていましたけど、いまのところほぼゼロです

だってタイルから落ち葉を除けるくらいですからね
基本、落ち葉拾いません

FullSizeRender
落ちたら落ちっぱなし〜


さすがに敷地をはみ出て飛ばされた分は回収しときます
隣近所で落葉樹を入れてるのは我が家だけなので落ち葉があったらそれは確実に我が家の木達のせいってバレバレ…(^^;)


落ち葉をなんでそのままにしとくかというと、
今年6月に造園のK師が木とタイルの間に仕込んでくれたのは、砂利でもウッドチップでもなく腐葉土だったからです

腐葉土なんだか、落ち葉の処理もそのまま〜でいいのです
なんて楽!!
ありがとうK師!


もしあの時タイル脇を全て黒那智にしていたら、今頃私は石洗いに頭を悩まされてたかもしれないです

個人的に本当は黒那智の敷き詰めが好きですが、庭園でも美術館で寺院でもなく個人宅での落ち葉と汚れと石との闘いは、幼な子2人いる共働きの今の私にとっては時間制約的に難しいと判断しました

時間とれるならいくらでもやってしまう性質だけど、それをしてしまうと家内の事が疎かになってしまいますからね…(-_-;)

IMG_1812
ああ、でもやっぱり素敵だわ
根はド級の和好き


多分、こういった石がいつもいつも綺麗にツヤツヤしてるのは、日々の細やかなメンテナンスの効果なんでしょう
木の皮一枚落ちてないですもん

木というと落ち葉だけかと思われがちですが、新緑の頃は木の皮の破片が結構飛ぶそうなので、要は通年汚れるもんだ、そんな意識で木と暮らすのがいいそうです

さて、秋の庭木を観察していたら気になる箇所を見つけました

2018-12-01-12-34-32
あら?ヤマボウシの葉っぱが白いわ・・・

2018-12-01-12-34-58
ヒサカキの枝がブツブツしてるけど?


2018-12-01-12-34-02
ギボウシ・・・か、枯れた!?


2018-12-01-12-35-51
イヌシデの根元に気になる木屑が・・・こ、これはまさか!?



まずい!
と思い早速造園師のK師に連絡(LINE)

我が家の造園師様は同世代なので気軽にLINEで何でも聞いて下さいね〜のスタイルのお方

気になった時に気軽に写真付きで聞けるのでこのスタイルは非常にありがたいです
(とはいえK師とは毎年のメンテナンス契約をしているので質問に躊躇しなくていいというのもあるかも)

ものの数分で回答がきました

ヤマボウシの葉が白いのは『うどん粉病』
→ この樹木がかかりがちのものなのでそこまで気にする必要はないとのこと

ヒサカキの枝はもともとこんな風
→ 完全なる私の勘違い^^;

ギボウシはこの時期枯れ、春に新芽を出す
→ このままで問題なし

イヌシデの木屑近くの幹に穴があるかどうか?
→ テッポウムシの疑いあり!!

イヌシデが一番危なげな様子ですが、
私の調査では穴はどこにも見つけられず…
木屑を散らしてまた積もるかどうか後日再調査することになりました

K師も穴が無ければ問題ないですよとのこと


ああ・・・どうかテッポウムシいませんように・・・


木達も冬支度です

FullSizeRender

木達にとって初めての冬
どうかこの地に馴染んで元気に越冬できますように・・・


うーん
来年は蜜柑の木とか欲しいなぁ


この時期庭に蜜柑がなってるお宅がうらやましくてしょうがないです(笑)

食べられる庭

やっぱりこれ最強ですね


(06:57)

コメントする

名前
 
  絵文字