『家のポイントはどこですか?』

と聞かれたら、
必ずあげるだろうモノ

それは天窓です

トップライトやルーフ・ウィンドウとも言うらしいですが、我が家では天窓で呼び合ってます
IMG_0706

一階南面テラス側の天井にポコっとあいた空間
その先には切り抜かれた空が


なぜ我が家に天窓があるのか?

オシャレでも何でもなく、
それは、ひとえに『光』の為です
(と私は理解してます)

FullSizeRender


一階の掃き出し窓のほど近いところに天窓がついてます
なんか中途半端な位置だなぁと思ったらそれは後の文にて理由がわかります
このネルソンクロックの裏側は南面なので、本来日差しが期待できるはずなんですけど、残念ながらそこにはオンボロアパートが建ってまして・・・
しかも昔の建築基準で建てられてるから屋根の形状が悪く北側斜線とか皆無!

暗いの必至!
でもリビングは一階にしたい!

そんな我が家の希望をもとにT社長とIさんが取り入れてくれたのがこの天窓

当初この天窓はもっと大きく、かつ今より右寄り(部屋幅に対して真ん中)に位置してまして

そのまま建築されていたら、工務店のホームページには『天窓と住まう家』とか名前で紹介されたんじゃないかなと思います
あ、ちなみに現状紹介はされてません
我が家のT工務店では、入居1年後に記念写真を撮って下さるそうで、その後に物件紹介するそうです


その後、この上階にあるベランダの奥行き出したいという私達の希望が発生
ベランダの広さを取る為に一時は天窓を諦めていたのですが、T社長のおかげで今もこう残っています

このおかげで
日照時間が少ない今年の1月2月でも朝方に電気をつける必要は全く無し!

我が家にとっては本当にありがたい存在です


しかし『天窓』があるよ、というとだいたい一言目に言われるのは

え?暑くない?

ですね


暑くないか?

暑いか暑く無いか?そう聞かれたら
正直暑いです(笑)

この時期、我が家の環境だと朝の10時頃から直射日光入ります
FullSizeRender
机の上に光が落ちてますね〜〜

こうなると暑いので、蓋をします

え?!蓋?!

IMG_0709
ここに

IMG_0710
こう!


布団です

(※天窓あたりはクイックルワイパーで軽く掃除済み)

決して中から見てはいけません
IMG_0751
全力で情けないのでね。。


かなり脱力だけど、でもこれがなかなか良くて
外で熱を遮断しつつ、布団はフカフカ♪

部屋は暗くなりますけどね

FullSizeRender
布団で蓋をした状態

Beforeと比べると明るさが如実
FullSizeRender
天窓に蓋なし

ネルソンクロックが良く見える〜


天窓が無かったら常にこの暗さだと思うと、やっぱり天窓があってよかったと思います

天窓、ありがたや〜〜

別に布団である必要性はないので、布でも簾でもいいですし、電動のシャッターも付けられるのでそういった物で遮熱するのもOKです

我が家も念のため電気配線だけはしてもらってます
電動シャッターを付けるかどうかは暮らしてみて考えることにしました

そして今のところ我が家は布団で問題なし(笑)


明るさが欲しい!でも目の前に建物がある!!
そんな方には天窓おススメします

もちろん暑さ対策は事前に検討しておいてね


いつもポチっとありがとうございます!
励みに更新続けます!


↑施主拘りの家々ばかり!
とても参考になります。