2018年12月09日


先日楽天SALEなどで買った物が続々と配達され一時的に我が家の玄関に段ボールの山ができてます…

なかなかの山具合に自分でも引いてしまってるんですが、その山を見ながらあまり一度に沢山買わない人間なので、もちろん計画済みの金額範囲ではあるけど少し支出が気になるのでした


支出というと、近々家自体に対しての更なる支出が発生しそうです

先日久しぶりに工務店の設計士Iさんに連絡をしました

要件は2つ
・一階リビング収納への稼働棚の設置検討
・小屋根裏への稼働棚含む作業台の設置検討


我が家は、洗面エリア収納とキッチン収納に対しては、事前に稼働棚や固定棚の割り振りをきっちり検討し、取り付けを依頼していました

でもリビング収納と小屋根裏に対しては、その時考えられる範囲での最低限の棚しか設けていません

リビング横の収納棚はこんな感じで、まさに突っ張り棒で試してみたりしてます
FullSizeRender
美しさのかけらも無い画で申し訳ないですが、実は今はこれの10倍くらい酷い有様をしています・・・
突っ張り棒の耐久性と引っ掛け物重量が合ってなく良く落ちるというのが原因の1つでもあります


なぜ初めから固定棚にしなかったのか

というと、結論を言うと『単純にその時考える余裕が無かった』という事なんではあるんですが

家屋の設計段階で収納物を確定できてる場所なら決めやすいです

でもその時に応じて変化する可能性がある場所への取り入れは『自由度を奪うかもしれない!』としかその当時考えられず、稼働棚なんだから使わなかったら棚を取り外せばいいじゃないというのすら(棚代が)勿体無い気がしてどうしても不安が拭えず
だったらあえて何もつけずにとりあえず放り込んで暮らしてみよう!
とそんなモノでした
ちなみにそう言うとM氏は『いいんじゃない?』と言ってた気がします


そして入居し生活し始めてもうすぐ1年
そろそろ使い方も決まってきたので、棚新設というわけです


ざっと考えてるイメージを図におこした後、
さて、これをどうやって実現するのがいいか?

と考えた時よぎったのが工務店の存在


我が家がお世話になってる工務店は、(まぁどの工務店もそうだと思いますが)家を造ったら終わりではなく、その後も気兼ねなく追加の工事依頼ができる関係です
実は今回よりも前に2、3箇所追加工事を依頼した経験あり

学生時代より自部屋を塗ったり貼ったり改装したりしていたので、『自分で企画して資材揃えて作る』要はDYIの事はどんなに楽しいかは体感しているのですが、でも家造りを通して知ったのはやはりプロの存在とその仕事の精度と速さです

当たり前ですが、プロは違いました
圧倒的なその仕上がりにもう自分の拙さといったら…

そしてもう一つ大切なのは、今の自分には意外に時間が割けないということ
出来ない事もないが、いざとなると非常にこだわるのでかなり先の完成になってしまいそうですしね

これは人それぞれ考えが異なることだと思いますが、ただ

家が出来上がっても、
ほんのちょっとの事でも相談
なんなら工事を依頼

そんな事をかなりフランクにできるので、工務店の魅力というのはアフターフォローという箇所にも非常に安心感高いものがあると、
工務店と家造りをして自分達は本当に良かった、
と感じています


もちろん建築家と建てるのも、ハウスメーカーでも建売を買うでもその奥に施工してくれた工務店がいるのでそちら通して依頼するのも良しですが、私としては直に同じ作り手に聞けるというのが非常に魅力的です


…と私は一方的に思っているのですが、果たして工務店としても同じであるかは若干不明ではあります

実際のところ、お世話になってる工務店さん、今に限らないと思いますがお忙しいらしく、終わった我が家の検討や見積もりにお時間をかけて頂くのも非常に心苦しいところもあるのですが…^^;

でも頼りたくなる、話をしてみたくなる、打診しても良さそうな雰囲気を出してくれてる、そんな有難い工務店だとしみじみ思います


ということで、工務店、非常に素敵です


FullSizeRender

まぁ見積もりを見て諦めるかもしれませんが、
まずはプロの意見を聞くところから始めてみようと思います





追加追加なんて書くと、改めて設計当時の自分の考えが足りなかったただそれだけ、って風にも見えますね・・・^^;

まぁ個人的には昨年の大工工事後に工事ロスになるくらいプロの工事を見るのは楽しみの1つでしたので、『あの時考えが足りなかったー!』『失敗だー!』とは思わないかなりポジティブ思考で



(07:08)

2018年12月06日


クリスマス?いや年末かな、が近づくと色々キャンペーンが増えますね

先日は人生初めて万全の準備をしての楽天SALEへの参画をしてきました・・・ふぅ、これで年越し前に買うものはもう無いはず・・・


楽天SALEとは関係ないですが、
先日悩んでいた寝具・布団カバーの事
もっと悩むかと思っていたらあれよあれよと決まる結果となりました

結果としては、お告げ(?)のとおりACTUSにて

IMG_1826

来年になると消費税上がるんだし、贅沢は今年のうちね!といっそ清々しいくらいコーディネートしてみようと思って検討していたんですが、欲しかったカバーが在庫切れ

再入荷メール依頼をしてしばし待とうかな〜と思っていたらACTUSから次はSALEのメールが到来!

むむ?
SALE?!
もしや寝具もその対象か?!

と急ぎページを確認してみると、欲しかったカバーでは無いですが単純に価格的にスルーしていたカバー達が40〜50%OFFになっていましたから
これはのんびり選んでる場合ではないっ!!

凄く悩む割にいざとなると超絶速度の決断力がこんな時活きます

ザザッと残り少ない在庫をカートにイン
さっさと会計済ませて(もちろん先日のクーポンも併用して更に10%OFF( ^∀^))、任務完了

コーディネートが出来ない人間が選ぶ物ですから、グレーにグレーにグレーというてんでセンス無しの結果ですけど、まぁひとえに値段的に大満足な結果となりました


これでじっとりするポリ入りカバーとおさらばできると思うと嬉しい限り!

なお、ポリ入りがダメというのではなく、我が家は2枚の羽毛布団と敷布団に汗かきの幼児2人に大人2人で寝てるから、単純に生地の吸排出量を超えてしまい、布団が無駄に暑くなったりじっとりしたりするのだと思います

要は布団を増やせって話でもあるんですが、布団増やしても六畳部屋に3組の布団はギューギュー過ぎなので・・・そのうち長男も1人で寝始めると思いますし(⌒-⌒; )


IMG_1827
ACTUS

こんなコーディネートされたお部屋だったらどんなに朝が素敵だろうか・・・
とりあえず気持ちいいから即二度寝ですね





しかし、グレーにグレーにグレーなんて、流石にやり過ぎ感・・・
興味ないと思いますが、届いたらどんだけのセンス無しかを披露したいと思います…



(15:41)

2018年12月03日


今年1月に新居に引っ越すにあたり、布団やもうふなどは新調することなくそのまま使うことにしたのですが、気持ちの面でも手持ちの数の面でもカバー類は新しくしようと思いました

新築ですものね

新しいお部屋では新しい寝具で休みたいな
と思い、長男の鼻炎の件もあるのでできるだけ糸くずやホコリの出ない、それで手頃なカバーは無いか?と探した結果辿り着いたのは

無印良品
インド綿高密度サテン織ホテル仕様
でした

触り心地はサラっとしていて、体感温度はどちらかというもヒヤっ

始めはそのヒヤヒヤ具合が気になったものなんですが、次第にそのヒヤ〜が気持ち良くなって、朝までスッポリ布団を被っていても以前のポリエステルが混ざった布団カバーの時に感じたジメっと具合や途中で暑くなるのがなくて、ずっと快適!

これがオール綿の力なのねー!
(多分産まれてこのかた常にポリエステル入りの布団カバーを使ってきたから殊更驚きましたよ!)
とずっと感心してましたから、

洗い替えでもう1セット欲しいなぁ、と
久し振りに無印のサイトで寝具を検索してみるとあら??

インド綿、無い??!?
(゚o゚;;

FullSizeRender
いつのまにか、商品無くなったようです…

ざ、残念過ぎる・・・

後継として出たのか?前からあるのかは分からないですが、現在のラインナップはオーガニックコットンや麻平織のようでインド綿よりも若干高い気がします


うーん。。。

あのサラっと感が良かったのよね〜

色んな意見はありますがオーガニックコットンは物により結構糸くずが出たりするので、鼻炎気味の長男への影響が気になります

麻は麻で注意が必要だし、
さてどうしたものか・・・

布団カバーなんて何でもいいわ〜なんて思ってたけど、実際気持ちのいい物に出会うと今更昔には戻りたくないのが本音です


そんな時にACTUSから割引クーポン付きのメールが到来


むむ
高いからといつも見るだけをしているACTUS

いっそACTUSで探してみようかしら・・・


なんて考えてたら空には虹が!!
IMG_1819
これはACTUS行きのお告げか?!(笑)





(16:11)

2018年12月02日


落ち葉がいい具合にタイルの間に入り込んできました
玄関アプローチには落葉樹が多種あるので、その落ち葉の掃除がどれほどなものかと思っていましたけど、いまのところほぼゼロです

だってタイルから落ち葉を除けるくらいですからね
基本、落ち葉拾いません

FullSizeRender
落ちたら落ちっぱなし〜


さすがに敷地をはみ出て飛ばされた分は回収しときます
隣近所で落葉樹を入れてるのは我が家だけなので落ち葉があったらそれは確実に我が家の木達のせいってバレバレ…(^^;)


落ち葉をなんでそのままにしとくかというと、
今年6月に造園のK師が木とタイルの間に仕込んでくれたのは、砂利でもウッドチップでもなく腐葉土だったからです

腐葉土なんだか、落ち葉の処理もそのまま〜でいいのです
なんて楽!!
ありがとうK師!


もしあの時タイル脇を全て黒那智にしていたら、今頃私は石洗いに頭を悩まされてたかもしれないです

個人的に本当は黒那智の敷き詰めが好きですが、庭園でも美術館で寺院でもなく個人宅での落ち葉と汚れと石との闘いは、幼な子2人いる共働きの今の私にとっては時間制約的に難しいと判断しました

時間とれるならいくらでもやってしまう性質だけど、それをしてしまうと家内の事が疎かになってしまいますからね…(-_-;)

IMG_1812
ああ、でもやっぱり素敵だわ
根はド級の和好き


多分、こういった石がいつもいつも綺麗にツヤツヤしてるのは、日々の細やかなメンテナンスの効果なんでしょう
木の皮一枚落ちてないですもん

木というと落ち葉だけかと思われがちですが、新緑の頃は木の皮の破片が結構飛ぶそうなので、要は通年汚れるもんだ、そんな意識で木と暮らすのがいいそうです

さて、秋の庭木を観察していたら気になる箇所を見つけました

2018-12-01-12-34-32
あら?ヤマボウシの葉っぱが白いわ・・・

2018-12-01-12-34-58
ヒサカキの枝がブツブツしてるけど?


2018-12-01-12-34-02
ギボウシ・・・か、枯れた!?


2018-12-01-12-35-51
イヌシデの根元に気になる木屑が・・・こ、これはまさか!?



まずい!
と思い早速造園師のK師に連絡(LINE)

我が家の造園師様は同世代なので気軽にLINEで何でも聞いて下さいね〜のスタイルのお方

気になった時に気軽に写真付きで聞けるのでこのスタイルは非常にありがたいです
(とはいえK師とは毎年のメンテナンス契約をしているので質問に躊躇しなくていいというのもあるかも)

ものの数分で回答がきました

ヤマボウシの葉が白いのは『うどん粉病』
→ この樹木がかかりがちのものなのでそこまで気にする必要はないとのこと

ヒサカキの枝はもともとこんな風
→ 完全なる私の勘違い^^;

ギボウシはこの時期枯れ、春に新芽を出す
→ このままで問題なし

イヌシデの木屑近くの幹に穴があるかどうか?
→ テッポウムシの疑いあり!!

イヌシデが一番危なげな様子ですが、
私の調査では穴はどこにも見つけられず…
木屑を散らしてまた積もるかどうか後日再調査することになりました

K師も穴が無ければ問題ないですよとのこと


ああ・・・どうかテッポウムシいませんように・・・


木達も冬支度です

FullSizeRender

木達にとって初めての冬
どうかこの地に馴染んで元気に越冬できますように・・・


うーん
来年は蜜柑の木とか欲しいなぁ


この時期庭に蜜柑がなってるお宅がうらやましくてしょうがないです(笑)

食べられる庭

やっぱりこれ最強ですね


(06:57)

2018年11月30日


だいぶ落ち葉が散るようになってきました

気になった頃に箒で掃いています


さて、この玄関ポーチ

FullSizeRender

再施工の事を検討しておりましたが、
モールテックス に決めました



   過去記事:
《外構》モールテックスを考える
《外構》モールテックス 見積もり

墨モルだったんですよ
ええ、黒かったんです

こんな風に
FullSizeRender
ああ…素敵な色

それが比較的早い段階でムラムラっとなりまして
FullSizeRender

今ではこのとおり白でございます
FullSizeRender

色落ちに加え白華現象もあると思います


決して墨モル自体が悪いわけではありません

ただ、墨モルには施工時の気温や湿度、直射日光の当たり具合やそれによる乾き具合などが強く影響すること、そしてどうしても白華現象などが起きやすくなったり、表面のコーティング状況などにより墨が抜けやすくなったり、と私が調べた限りでは少し施工が難しい印象です

我が家の玄関ポーチは東に向いています
そしてサイドにはブロック塀もあるので、日光の当たり具合が均等とはいえません

かつ、施工を行ったのは今年の5月の中頃でした
珍しくその日は寒く、そして翌日には残念な事に非常に冷たい雨が降り注いでしまいました
この気温の変化と雨のせいで白華現象を増加させ、墨の定着を阻んだと考えられます

まぁ、これはこれで雪化粧してるみたい〜と経年劣化だと捉えるのもアリですが、やはり経年劣化って4、5年なイメージです
施工2、3ヶ月では、正直・・・キツイです


『なんだか新築って感じがしない』
『玄関は我が家なりに力を入れたところだからこれは流石に納得はできない』というM氏の意見を聞き、
確かにねと再施工を希望となったわけですが
さて、じゃあ何で再施工するのか?

墨モルでの再施工が本来の形だと思いますが、
私の考えでは、環境に左右されやすい墨モルでは我が家の玄関ポーチには再施工でも定着しにくいのではないか?
想像している濃いグレー色を出すのは難しいのではないか??
そんな疑問が拭えないので、ここは私が提案したモールテックス、これにチャレンジしてみるのはどうか
といった結論となりました


ちなみに工務店側のご配慮もあり当初の見積もりからは少し変化が付きましたので、それも後押しとなりました


実は工務店としてもモールテックス施工を取り入れた事は過去無いとのことで

しかし、
施工依頼経験が無いからといって単なる私の案を跳ね除ける事なく真剣に検討してくださり、モールテックスの左官屋さんとコネクトし、もちろん本人が施工するわけではないですが研修等を受けその素材感を学び工務店として検討し見積もりを出してくれた

その行為だけで私にとってはもう涙が出るほど嬉しくて、チャレンジしたい!という最大の後押しになったことは確かです

竣工してそろそろ1年も経とうというのに工務店側にはいつまでも余計な仕事を増やして申し訳ない気持ちもありますが、それ以上にやはり新しい物へのチャレンジというところにはワクワクがつきませんね

私も自身の仕事柄、新しい技術に敏感にいなければならないので、今回のような工務店の行動に触れるにつき自身の仕事への姿勢を改めさせられます

いい工務店(人)と出会えたなぁ
やはりこのひと言につきます



さて、あとはどうやってこの施工代金を工面するか・・・マイお小遣いをもう一度さらってみようと思います。。。









(19:51)

2018年11月28日



住宅には関係ない話なんですが


昨日、職場への移動までに時間があったのでちょいと昼御飯でも食べてから向かおうかなと近場のカフェやパン屋を覗くも何か気持ちがのらず、最終的に目に入ったフレッシュネスバーガーに入店しました


悩んだらとりまお店の名前が冠してる商品かクラシックを狙え、という持論を思い出しクラシックバーガー+ポテトセットに決定
FullSizeRender

実は生玉ねぎが苦手なので(お子様…)、ハンバーガーの玉ねぎのロースト具合がいつも気になるんですが、今回焼いていた女性はそこんとこ上手だったみたいで全くの苦味無しの歯ごたえは有り
安心してハンバーガーを食べることに集中できました

少し汁を出してしまったのが悔しいな〜と食べ終わった紙を見ながら思いました
IMG_1782
キャスの紙が可愛かったです
何かコラボでもしてるのかな?


そういえばハンバーガーってかなり久しぶりね〜
と、そう思ったのも実はかなりハンバーガー屋さんに通ってた時期がありまして、数は少ないけど名店と言われるお店にもワクワクと休日に出かけたりしてました


そもそも私よりもM氏がハンバーガーが好きで、M氏と出かけるとランチがハンバーガーというのはしょっ中

特に我々が好きだったのは外苑前のGoro’s Dinnerで惜しくも数年前に閉店してしまいましたが、当時の職場が近かったこともあり平日の昼に良く通いました
『M氏は週5でいける』と若さ溢れるタフぷりな発言をしてましたけど、さすがに私はお腹がたっぷりたまるので週1くらいで


ゴローに初めて行くまでは、過去にマクドナルドかロッテリアか良くて(?)ウェンディーズのバーガーしか食べた事がなくそれも高校生時代に、という具合でしたから、ハンバーガーに1500円?!と始めは数歩下がる程の衝撃を受けましたけど、食べたら実感!

これまで食べたことのある私のバーガーはいったい何だったのか?!とその経験無さを惜しみつつ、こんなに美味しい物だったんだなぁ、とその魅力にはまったわけです


M氏はことさらハンバーガーを食べるのが上手で、バーガーのタイプにもよりますが食べた後の紙に汁が残ることは少なく、まして手が肉汁で汚れるなんてこともなく、綺麗に折り畳まれた紙が皿の上に置かれるその食べ跡は、店内どこを見回してもなかなか同じように食べてる人は見かけた事がありません

子どもが産まれたこともあり、そしてゴローが閉店したことからハンバーガーからは遠ざかっている我が家ですが
いつか子ども達もハンバーガーを食べ楽しむ日がくるのかなぁ・・・その時はこんなに美味しい物なんだよ〜という気持ちを共感したいなぁと思いを馳せていましたら・・・


バッグの中で携帯が揺れ、
次男の保育園からお迎えコールが…

おお・・・!!


ただ今保育園では絶賛手足口病が流行してるそうです
長男の幼稚園ではリンゴ病が流行っているというし・・・

皆さま体調にはお気をつけ下さいませ。。。





(10:34)

2018年11月27日


今朝、
窓から見えた色が綺麗でした


FullSizeRender

賃貸時代には味わうことのできなかった風景にしばしぼーっとしましたが、ここはトイレ

あまり長々いるのもなぁと思い、この色の正体は誰か?と外に出てみますとアカシデの仕業だったようで黄色に色づいてました
FullSizeRender
緑からのグラデーションが美しいです


対して一番期待のイロハモミジの紅葉はまだまだのようでアカシデとの黄色赤色のコンビネーションは今年は見れなさそうです

FullSizeRender

ここ1週間で私が住む東京の田舎(西側)も随分と気温が下がってきました

特別仕様の断熱ではなく非常に普通断熱の我が家

さすがに朝夕に暖房をつけ始めました

M氏が選んだDAIKINのエアコンは高機能であっという間にリビングが暖かくなります


ですが、我が家は『玄関フロアに吹き抜け+スケルトン階段で二階と繋がってる』ので、はっきり言って玄関フロアは冷えます…
(玄関フロアの南側にはオンボロアパートが建ってるので陽射しの恵みは見込めずなおの事)


そんな中でもエアコンをつけるとすぐに半袖になるM氏…上着は要らないという子ども達(男児)…いったい彼ら(なのか?男性というくくりなのか?)はどういった体の構造をしているんでしょうね

女の私は足腰の冷えが酷いので(歳ね…完全に歳ね)

今年は冬支度として、こんな物を家に投入予定です

この時代にまさかの石油ストーブ!

今年の1月に引っ越したばかりの頃は生活を整えることでいっぱいいっぱいで投入できませんでしたが、その時から計画していました

我が家の『玄関フロアに吹き抜け+スケルトン階段で二階と繋がってる』にはぴったりなんではないかと!

暖かい空気は上昇するというので、じんわりじんわりと玄関をあたため、そして自然と二階も温める・・・そんな事を期待しています


石油ストーブというと
  • アラジン
  • トヨトミ
  • コロナ
中でもアラジンの見た目の良さには惹かれますが・・・

憧れのブルーフレーム!
FullSizeRender
レトロさがたまらん
しかもこの写真、懐かしの祖父宅そっくりすぎて涙が出る
どうでも良い私の本当の理想の家は今は亡き秋田の祖父宅だったり

FullSizeRender
もし我が家が買うなら黒もありね

FullSizeRender
炎が美しい…多分ずっと観てるだろう

が!しかし、見た目が良いもの、宣伝に力が入ってるものにはあれがつきもの!

そう!
高い!高いのよ!!

アラジンは5万するが、
コロナはわずか1.7万
その差は私には絶壁のようにあまりに違いすぎます…

まぁ、見方を変えればね、
コロナだって十分レトロですからね…と慰めつつも、
石油ストーブの他にも色々と改造しようと計画している私の懐は寂しいというのが本音です

そもそもこのストーブあったか計画がうまくいかは投入してみないと分からない事で、うまくいかなかったとしたら高いインテリアになってしまうので、ここは自粛しておきたいと思います。。

あ・・・しかし、今記事を書くためにアラジンサイトを見たらやはり心が惹かれてしまったわ…^^; 
うーん…やっぱりアラジンのが素敵だ!
だから見ないようにしていたんですけどねぇ〜
早くコロナをポチらないと!!

ちなみにコロナを買うとしても実際にはコメリ版にしようかと計画中です
コメリ版ってだけで1.5万円になるので非常にお得感
どうせ安く済ませたいならトコトンいかないとね


ついでに女性ならではですが、今年は240デニールとかいうタイツを購入し早速投入中

なんだか衣類が12/3まで15パーセントオフらしいですってね

腹巻付きというのと一枚づつ買ったのですが、これがあまりに個人的にはヒットだったので安いうちにもう少し追加しておこうかな


そんな私の冬支度です


IMG_1775








(12:48)

2018年11月26日


前回、前々回とピアノ搬入について記載してきたのですが、ピアノが入るということはそこにあった物達はどうなったのか?
といいますと

ピアノ搬入により移動された物たち

もともとピアノの為に作ったスペースでしたけど、入居から10ヵ月も何も置かずにいたか?というとそんなことはあらず・・・

人はスペースがあると何かしらそこを埋めたくなる性質なんでしょうね、我が家の場合はていのいい『オモチャ置き場・子どものスペース』として活用しておりました

子どもの好きなタカラトミー製品がわんさか…
茶色い箱にはレールや車両が入ってます
IMG_0564
ちなみに今はこの写真の時点よりさらに増殖


これらをどこかに移動しないとならないわけですが、さすがに全てをリビングに置くわけにもいかず・・・
(だってリビングが崩壊しますもの!!)

子どもと相談しつつ(一部母の決断により)
IMG_1768
これらを…

IMG_1769
こんな風にしまして
(本当はテレビの横に物を置きたくないけどそこは致し方なし)


そしてテレビと向かい合った壁面には
IMG_1770
とりあえずこのように配置してます

ちなみにこのオープンラックは結婚前からの私の私物です
オープンなのが子どもには見やすいらしく、雑貨屋で買った安物の割に重宝してます

特にこの段は好評のようです
FullSizeRender
嬉しいついでに片付けもしてくれるとありがたいんだけどなぁ!



今回の粛清整理により二軍落ちしたオモチャ達はすごすごと二階の空き部屋に移動させられました
(主に赤ちゃん用だった積み木やパズルなど)


オモチャをどこに置くか

リビング横に和室空間があったりすると、
そこが子供スペースになったりするのでリビングにオモチャが溢れてくる事はないのでしょうね

我が家にも当初図面にあった一階和室スペース

でも先々数年だけでなく長く見てリビングを広く活用したい、という思いから和室空間は敢えてやめました
(M氏は畳でゴロゴロが好きなので、非常に大きな決断をしてくれたと思います)

それをやめた代償でもある『オモチャをどこに置くか問題』
少なくとも子どもが中学入学までは発生し続けていくだろう課題とは、子どもと話し合いながらお互いの良い落とし所を見つけていこうと思います


あとは二階の部屋をいかに使いやすくするかによって、物の収拾がつくかつかぬか別れ道のように感じます…
しかしそこにはまだ私の本やら漫画やら着ない服やらが・・・・!


年内になんとかしたいと思ってはいたけど、うーむ。。果たしてどうなることやら・・・

構想はあるんだ、構想は
ただ、なかなか形にできないものだから気づけばもう12月が目の前!
ひ〜〜

1年目点検が来ちゃいますよ!







(10:38)

2018年11月25日


ピアノを買うのか、すでにピアノを持っているのか?

それにより配送手配が異なってくると思います

ピアノ購入の場合は、購入した店舗で配送まで受け付けてくれると思いますが、
私の場合は既にピアノはあったので、元場所から今場所へのピアノ配送を自分で手配する必要がありました


ピアノ配送業者の選定

ピアノ配送は、通常の引越し業者さんとは完全に異なっていて別業者になります
ネットでピアノ配送と調べるといくつか近くの配送業者を見つけることができます

私も初めはネットで調べて相場を確認してみたのですが、正直言って違いなんて分からないしどこにお願いすればいいか皆目判断できず…

物が物なので金額が安いところにお願いすればいいってわけでもなさそうなので、
念のためいつも調律を頼んでいる調律師さんにおススメの配送業者がないか?と確認してみることにしました

するとその方がよくお世話になる配送業者があるとのことでそこを紹介してもらうことになりましてね、
やはり経験ない事なので誰かの紹介だと思うと安心できます


そんなこんなでほぼ業者さん確定の上で
  1. 配送願いの電話をかける
  2. 見積もりを聞く
  3. 家内経路の下見依頼
  4. 事前下見
  5. 正式な配送依頼と配送日の確定
  6. 配送(お支払い)

こんな順序で進めていきました

個人的には家の中を事前の下見するというのがとても良かったです


事前の経路下見

ピアノを置く、と決めて家を建てたわけですが、それでも本当にピアノが入るかどうかは若干気になっていました

なぜなら我が家はリビングの前に角があるから

ピアノは大きく重いので曲がるというのがなかなか困難で
過去、実家にピアノを置いた際も角を曲がれないからと想定外の部屋にピアノが置かれることになりました(そしてその後その部屋が私の個室になりました)

なので事前にそれがわかると配送当日入らない!!なんて大事にならないので安心です

ちなみに配送当日に入らないなんてことになった場合はどうするか?というと
私がお願いした業者さんの場合は、
  1. 一旦ピアノを業者側の倉庫持ち帰り
  2. ピアノを分解(!)
  3. 再度配送
  4. 現場で組み立て
となるそうです
もちろん別途料金が嵩むので・・・なかなかのおおごとですね

事前下見は約3200円くらいかかりましたが、最終的にその業者で配送を頼むなら最終金額から下見代は差し引きますとのこと
ま、初めからそれを入れての金額だからあまり差し引き関係ないのかもしれないけれど、安心料だと思えば良いかなと依頼しました

IMG_1605

事前下見ではこんなピアノを形どった段ボールで廊下の角を曲がれるか確認
ちなみに下見の際は事前にピアノの型番を伝えておく必要があります
我が家の場合はヤマハのUX-1
ヤマハの中でも小ぶりなタイプ

でもそのおかげで気になってたリビング前の角もギリギリ曲がれると判明!

もし一つ上のサイズだと曲がれなかったというんだからほんと小ぶりで良かったです

こうして安心して配送日を決めて、当日を待ちました


耐震対策

ピアノと言えば、気になるのはその耐震対策です
正直なところ実家での耐震対策は全くのナシ!

和室にピアノを置いていたんですが、和室用の板にただ乗せていただけなので、動こうと思えば動きたい放題だったと思います

しかし過去起きた東日本大地震の時などもたまたま揺れと同調しなかったためか、ビクともせず。。
そのピアノの前で何十年も私は布団を敷いて寝ていたんだから、今思えば恐ろしいもんです。。。


我が家ではピアノをリビングに置くこともあり、耐震対策はしっかりしたいところ

ピアノの耐震器材というと結構色々あるんですけど、
私は数ある耐震対策のうち『フトーゴム 』というこちらにしてみました

前も後ろも強力なゴム素材で前輪には紐によるストッパーがついているので、地震の揺れでインシュレーターから脚が飛び出る可能性を低くしてくれるという商品です


取り付け後はこんな様子
IMG_1745

車輪もすっぽり隠れていい感じです

このフトーゴム、難点をいうなら
強力なゴムなので、若干臭う点とフローリングなどに直接置くとフローリングを変色させる点でしょうか

付属して厚紙がついてきたので、それに乗せて配置して下さい、と説明書に明記されていたのですが、それってせっかくのゴムが厚紙を挟むことにより揺れるとフローリングの上を滑るんじゃないだろうか?(^^;)

変色覚悟で厚紙無しにするか、説明書どおり厚紙入りにするか、直前までどうしようどうしようと悩んでいた私

しかしピアノ配送の方々は、このインシュレーターを見ると『あ、はい、これですね』とこなれた様子でささっと厚紙入りでセットし、ピアノをグイっと所定箇所に押し込んで終了

あ、当たり前に厚紙入りなのですね^^;

『紙がないと床変色しますから』

ですよね〜
なんだか悩んでいたのがおかしいくらいですわ

ピアノ配送の方がグイっとピアノを押し込んでくれてましたけど、かなりの力で押して動いていたので、私などの力ではビクともしません
そりゃ200キロありますものね…


こうして予定通りの場所にピアノが入りました


IMG_1749

背後も空間を開けて下さり耐震対策もしっかり
(ピアノは地震の揺れで背後の壁にぶつかり正面に転倒する事が多いそうで、通常背後は10センチくらい開けるそうです)

家の中に傷がつくこともなく、
綺麗に納めて下さり、
お値段約31,000円

(実家がマンションかつエレベーター移動のためプラス料金がかかりました)

配送業者さんはたった2人できてまして、
あの化け物の様なピアノをわずか2,30分程で運び入れてましたのでもう感激の他なく
逆にこんな価格でいいのか申し訳ないような気持ちになりました

圧倒的な力を見た我が子は何を思ったか、
『おとうさん…!』と呼んでました(苦笑)
しかも何度も!


『これこれ!アナタのお父さんは今お出かけ中でしょ?配送業者さんはお父さんじゃないのよ』
ととりつくろう私^^;

いやはや焦りました




ともあれ、入居後の外構工事のこともあり延期になってたピアノ配送も終わり、やっと私の気持ちもスッキリしました

年内にできて本当に良かったわ・・・



ちなみに、ピアノが無くなった実家はどうなったかというと、
部屋が広くなって気持ちよくなってるかと思いきや、
ピアノが無くなった場所の前で母はしばしボーっと虚無感に包まれてしまったそうです

決して母がピアノを弾くことは無かったのですが、それでも子育てという怒涛のような毎日の中で子供のためにピアノを買ったというイベントは父母の中で心の片隅を占めていたようで、『ああ、、本当に終わったのね』ともう二度とピアノが鳴らない部屋でそう思ったそうです(後日母談)


私もいつかそう思うのか?どうなのか?

いずれにせよ、このピアノは子供たちがいくら使っても構わないし触ってくれたらその分嬉しいけれど、やはり『私が買ってもらったモノ』という気持ちが強く、子供にあげようなんて気持ちはさらさらないのでした


プロになれるわけでもなく、
即興でステキな曲が弾けるわけでもなく、
耳コピができるわけでもなく、
空で弾ける曲と今となっては1.2曲しかないような、
いわゆる普通の女の子が普通にピアノを習い、ただただ教本を弾き続けてたってだけの『弾けますレベル』でしかないのですが、
それでも子供の歌に簡易伴奏してあげたりできると思うと、やってきて良かったなぁと思ったりします

父母は投資してくれた金額に見合う成果としてはあまりに乏しいものでしょうけどね…

そりゃ色んな意味で虚無感つつまれるってものですね(苦笑)


まだまだこのピアノには現役でいい音鳴らしてもらいたいものです
FullSizeRender
ちなみに、
その音色なんですが、
我が家に来てからというもの、実家よりもいい音色を奏でてくれてます

実家は和室の板起き状態だったせいか、音が若干ビビる音階があり、それが子供の時からずっと気になって嫌だったんですが、
我が家では全くそんな事はなく30年物とは思えない澄んだいい音を響かせてくれるようになりました

話によると、
インシュレーターとして採用した『フトーゴム』は耐振にも優れていて音をクリアにしてくれるとのこと

部屋の構造の他、もしかしたらこのインシュレーターのおかげかもしれないです


部屋に馴染んだ来年頃、調律師さんを呼ぼうと思うので
その時音色について伺ってみようかと思います









(09:27)

2018年11月22日



家を建てるタイミングというものは、人それぞれなので『初めからピアノを入れる』と決めてる人は相当ラッキーなんだろうなと思います


ピアノに縁が無かった人でも、その後もしかしたら子供がピアノを習いたいというかも、その時は電子ピアノではなくピアノを買うかもしれない、そんな風に想像ができそうでしたら是非とも設計段階でその気持ちを設計士にぶつけておくのが初めの一歩です

FullSizeRender

私の場合はピアノの搬入が家の設備として風呂やキッチンがあるのと同じくらい確定事項だったので、一番最初の希望提示の際にラインナップしました

今お世話になっている工務店以外にもいくつかの工務店と話をしたり図面を作ってもらったりしたのですが、会社によってはピアノの置き場が全く考慮されていない図面が上がってきたので、そういった会社には何かこちらの気持ちが伝わってない気がして残念な気持ちになった覚えがあります

だってピアノってギターとかとは次元が違う程簡単に移動できないものなのに、それを置くとわざわざ設定書に書いてあるのに見過ごされるというのは、後々にトラブルの元と言っても過言じゃないと思ったんですよね
もちろんそういった会社とはお付き合いはできないなと判断しました



ともかくも、設計段階でしっかりと話をしておけば、その後基礎を補強しておいてもらえるのでアップライトピアノといえど200キロ前後あるので非常に安心です

2017-10-05-06-51-00

基礎の写真があれば良かったのに、過去フォルダをあさっても出てきたのは床材が貼られた後の写真だけでした…残念

さらに大切になるのは、その搬入経路になると思います

一階か?
二階か?
又は地下なのか?
搬入場所までの経路は狭くないか?
曲がれるか?
ドア幅は狭くないか?
庭から入れられるか?


普通の家電以上にピアノの搬入経路を確保しておくことをお勧めします


意外とあるのが角を曲がれないことらしいのです

その実、当初から計画していた我が家も角を曲がれないかも?とヒヤヒヤする場面がありましたので、事前に計画を練っておくのにこしたことは無さそうです





(17:23)